仕事をサボる人ほど優秀と言われる真実!効率的に動ける人間になる方法

仕事サボってスマホを見ている男性の画像仕事

「仕事をサボる人ほど優秀!」なんて言われることもあります。

もちろん、頑張っている人からしたら納得したくないような内容ですよね。

 

でも、実際にいるんですよね。

自分よりも頑張ってもいないし、サボってる場面もあるのに評価される人って…。

 

この差は何なのか気になりますよね。

そこで今回は、そんな仕事をサボる人ほど優秀と言える理由を解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

仕事を頑張れば頑張るほど、なぜか報われない真実

意外にも、仕事を頑張れば頑張るほど報われないタイプもいますよね。

こんなに頑張っているのに誰からも評価されない、ミスや失敗してばかりいる。

 

そんな人ほど報われない理由は、頑張りすぎが原因だったりするんです。

 

頑張れば頑張るほど、

  • 心に余裕がなくなりミスや失敗に繋がってしまう。
  • 自分よりも他の誰かが得してしまう。

そんなこともあるんです。

 

だから、仕事って頑張った分だけ結果に繋がるとは言い切れないんですよね。

結局は、仕事で結果を出すには効率的に動けているのかが重要だったりします。

 

仕事をサボる人ほど優秀と言われる真実

なぜ仕事をサボっているように見えるのに、周りからは優秀なんて言われるのか…。

これには、ある真実が隠されています。

 

もしかしたら、仕事をサボっても優秀と言われる人には、以下のような特徴があるのかもしれません。

 

やりたいこととやりたくないことが明確している

仕事をサボっているように見える人ほど、やりたいこととやりたくないことを明確にしていることもあります。

 

もちろん、「仕事なんだからやりたくないこともやれよ!」なんて言いたくなる人もいるでしょうが…。

 

でも、自分がやるたくないことをやることで仕事のパフォーマンスが落ちることもある。

返って、やらないほうがミスや失敗も防げることもあるんですよね。

 

結果、効率よく仕事ができるようになったりするんです。

 

こうした自分のやりたくないことよりもやりたいことを徹底している人ほど、仕事でも結果を出すこともあるんです。

 

時間配分しやすい環境にいる

仕事をサボっても優秀と認められる人は、やりたくないこととやりたくないことを明確にしていると話しました。

 

そのため、自分のやりたいことに集中できるため、時間配分もしやすい環境にいるんですよね。

仕事に追われることがなくなるので、いらないミスや失敗も減るんです。

 

仕事量をこなすけどミスや失敗が目立つ人より、仕事量は少ないけどミスや失敗が目立たない人のほうが優秀に見られやすかったりするんです。

 

人に頼ることができる

一人でなんでも仕事をこなせる人も優秀ですが、誰もがそう簡単にはできませんよね。

当然、人を頼らなければいけないときもあります。

 

それでも、一人でどうにかしようと頑張り過ぎてしまう人もいるんですよね。

人に頼ることを悪いことだと思いすぎている人も多いんです。

 

そんな人からしたら、人に頼りすぎている人を見るとサボってるようにも見えますよね。

 

でも、人を頼ることで仕事効率が上がることもあります。

だから、結果に繋がり優秀な人間と評価されることもあるんです。

 

一人でやるより誰かに頼ったほうが効率良いと判断できる人ほど、優秀と言われることもあるんです。

 

ストレス管理ができている

仕事を上手くサボる人ほど、ストレス管理ができている証でもあるんですよね。

無理をするほうがリスクが大きいことをよく分かっているからです。

 

もちろん、仕事をサボらずに一生懸命することは良いことです。

でも、無理してしまって体調を崩してしまえば意味ないですよね。

 

その辺の仕事でのストレスを上手くコントロールできている人ほど、優秀と言われます。

仕事を頑張り過ぎている人から見たら、どうしてもサボってるだけに見えてしまいますけど…。

 

周りに影響されない

仕事をサボれるということは、周りに影響されない人間ということです。

周りになんて思われても、自分の考えを行動に移せるタイプなんです。

 

周りの評価や目線を気にして過ごしている人は、上手く自分を表現できない人も多いですよね。

そのため、自分の意思を貫ける人間のほうが行動的で、大きな成果を果たすこともあります。

 

意外にも、仕事をサボれるぐらい自分らしく生きれる人ってのは、成功を掴み取ることも多いんです。

 

もちろん、そんな人をサボってばかりの自分勝手な人間に見えてしまう人もいるでしょうけどね。

でも、優秀な人材ほど自分を貫くタイプが多いんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

仕事しない人を放置し続けるメリットとデメリット!正しい関わり方まで伝授
絶対に、どんな職場にも仕事しない人っていますよね。 「もうほっといて放置しておけばいいかな…。」なんて呆れて諦めてしまう人も多いはずです。 でも、その考えは辞めるべきです。 実はそれ、自分にまでしわ寄せが来る行動か...

仕事を効率的に動ける人間になる方法

サボってでも仕事を効率的に動ける人間ほど、周りからは優秀に見られやすいことは分かったかと思います。

 

そんな仕事を効率的に動ける人間になりたいなら、以下3つのことを意識して過ごすと良いかもしれません。

 

上司に可愛がられる

上司に可愛がられることほど、最小限の力で仕事で評価される方法は他にありません。

簡単に言うと、上司を味方に付けるようなイメージですね。

 

上司に可愛がられている人ほど、仕事で何かあったときでも助けてもらえる環境にいます。

 

上司に可愛がられる方法としては、

  • なんでも上司に相談して話す機会を増やす。
  • 普段からヨイショする。

これだけでも、結構気に入られる存在になりますよ。

 

少しでも、上司から可愛がられる機会を増やせば増やすほど、仕事もしやすい環境になります。

そうすることで、効率よく仕事ができるようになり結果も出しやすくなります。

 

優先順位を決めて仕事する

仕事できる優秀な人間ほど、仕事に優先順位を決めます。

何を頑張り、何を頑張らないかを優先順位を決めるんです。

 

手を抜くところを手を抜き、その分頑張るところに全集中して取り組むような感じですかね。

 

どうして良いか分からない人は、自分の得意なことを頑張り、苦手なものは頑張らないスタイルが良いかもしれませんね。

 

人間には、得意不得意があります。

 

不得意なことを克服することも良いことですが、得意なことを磨いていくほうがすぐに結果は付いてきます。

 

何か一つでも良いので、得意なことを磨き続けてみましょう。

これは、いつしか自分の高いスキル(強味)となり、周りから優秀に見られることも増えますよ。

 

人に頼ることも大事にする

なんでも一人で頑張ろうとしている人ほど、仕事でも上手く結果を出せません。

だから、優秀な人と差が生まれてしまうんです。

 

そのため、人に頼ることを大切にすることが重要だったりします。

人間は助け合いも大切ですので、自分のできないところは人に助けてもらうようにしましょう。

 

効率的に動ける優秀な人間ほど、無駄な努力をしません。

できないことは、できる人に任せるほうが効率的に結果も出せます。

 

これをよく理解しているんです。

一人で頑張り過ぎて失敗してしまう人ほど、まずは人に頼ることもしてみましょう。

 

人に頼っても仕事の結果に繋がるなら、優秀に見られるチャンスも増えますよ。

 

まとめ

このように、仕事をサボる人ほど優秀と言われるのは、効率が良い人間に多いからです。

決して、何もせずに評価されたり優秀になれるわけではありません。

 

優秀と言われるような人間には、何かしらのからくりがあるわけです。

 

もしも、仕事で頑張り過ぎて報われないようなタイプの人は、少し効率を考えたサボり方を知るのも良いかもしれません。

 

もしかしたら、自分のパフォーマンスが最大限に発揮しやすくなり、仕事での結果も出るようになるかもしれませんよ。

仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!