仕事を休みたいほど精神的に追い込まれる人!休職or退職?

仕事で使うパソコン3つの画像心の話

「仕事休みたい」

 

仕事をしている人の半数以上が普段思うことでしょうが、なんだかんだで我慢して通っている方が多いですよね。

しかし中には、今にも体調を崩してしまいそうなぐらい精神的に追い込まれている人もいると思います。

 

今回は、どんな人が仕事で精神的に追い込まれやすいのか、休職や退職どっちを選択するのがベストなのか?について、お話していきます。

 

スポンサーリンク

仕事を休みたいほど精神的に追い込まれる人の特徴!

パソコンで仕事中の女性の画像

仕事って大変ですよね。

毎朝起きるたびに、「仕事休みたい…」なんて思ってしまうほど、精神的に追い込まれている人もいると思います。

このような環境に追い込まれやすい人の特徴を、いくつかご紹介します。

 

なんでも一人で頑張り屋

人に遠慮して頼ることが出来ずに、自分一人ですべて頑張ってしまっていませんか?

このような、なんでも一人で抱え込んで頑張ってしまう人ほど、精神的にも追い込まれやすい傾向にあります。

 

責任感が強すぎる方

仕事なので、当然責任を持って行うことは素晴らしいことです。

しかしあまり責任ばかり考えてしまえば、それはプレッシャーとなり精神的に追い込まれてしまいやすく、返って失敗を招いてしまうこともあります。

 

失敗は許せない完璧主義

失敗はないに越したことはありません。

しかし、「絶対に失敗できない」というスタンスで完璧に仕事をこなそうとすればするほど、精神的には苦痛になりやすい。

 

完璧主義の方は、細かいところにまで意識がいくのがすごいところですが、その分ちょっとしたミスも見逃せず精神的に疲れてしまいやすいのも特徴です。

 

言いたいことを言えない

仕事になると、どの立場にいるのかで変わりますが、少なからず自分の意見を言えない人もいますよね。

あまり言いたいことが言えない環境にいることは、仕事が嫌になるきっかけ、精神的苦痛を感じたりすることが増えて追い込まれてしまいます。

 

仕事中心に生きてしまいやすい

仕事が好きなら構いませんが、仕事ばかりの生活になってしまってプライベートまでも楽しめなくなってしまっている方もいますよね。

出来れば最低限、仕事50対プライベート50ぐらいの環境は保つべきですが、この仕事に傾けば傾いている人ほど仕事を休みたいと思いやすく、精神的にも追い込まれてしまいやすいのです。

 

仕事休みたい…精神的に追い込まれる人!休職or退職どっちがベスト?

旅に出て自由を感じる女性2人の後ろ姿の画像

本当に限界が来ると、体調を崩したり、気持ちが追い付いていけなくなりますよね。

ここまでくると、今の精神的に追い込まれている仕事も、休職しようか退職しようか悩んでいる方もいると思います。

 

これは、一度よく考えてみて自分の気持ちに素直になることをオススメします。

 

今の仕事をこの先も長く続けられるようなものでなければ、退職するのが正解かもしれませんし、一度休職して今の仕事がやりがいあるものなのかを自分の気持ちを確認するのも良いかもしれません。

 

どうしても一人で決断できないときは、家族、友人、同僚、カウンセリングなど相談できる人がいれば相談してみましょう。

しかし最後に決めるのは、自分です。

 

私が言えることは、どっちの道に進んで、どんな結末が待っていても、自分で決めた道であれば自信を持って次に進んでいいと思いますよ。

 

仕事を休みたい!辞めたい!ハッキリ言えないときは

仕事休みたいとスマホで連絡しようとしている女性の画像

どんなに精神的に追い込まれても、「仕事を休みたい、辞めたい」の一言が言えずにいる人もいますよね。

でも今の時代、退職代行してもらえるようなサービスもあります。

名前の通り、退職による手続きを自分の代わりにしてくれるサービスです。

 

休みたい、辞めたいの一言が言えずに悩んでいる人にとっては、本当にありがたいサービスですよね。

 

自分で決断できそうな方は、色々と自分で行動に移すほうが良いでしょうが、勇気が出せずに言えない人は、本当に必要になったときは、遠慮せずにこういった退職代行などのサービスを使ってみるのも一つの手ですよ。

 

今後は、自分ファーストでも生きてみる練習をしよう

山頂に立つ男性の画像

どんな仕事や環境かでも変わってしまいますが、もしも仕事で精神的に追い込まれるほどの環境になってしまうときは、自分ファーストな生き方も意識していきましょう。

 

仕事も大事ですが、何より自分の体が一番大切です。

 

仕事を本気で休みたいと思ってしまうほど精神的に追い込まれているってことは、少なからず自分の限界以上に頑張りすぎてしまっている部分がある証拠です。

 

もしも今後も、今の仕事を続けていくしかないのであれば、少しずつでも良いので自分が過ごしやすい環境を作っていけるようにしてみましょう。

毎日残業で疲れてしまっている人は、一週間に1回だけでも定時に帰るようにしてみたり、帰りにご褒美にリラクゼーションを受けに行ったり、休みの日は温泉に行ったりと、ちょっとの行動からでもいいです。

 

何かしら事情があって変えられない環境もあるかもしれませんが、何か一つでも行動しなければ、何一つ環境も変わらないのも当たり前で、体調を崩してしまうことだってあります。

自分の限界を超える前に、自分ファーストで生きていけそうな部分があれば、取り入れてみましょう。

 

まとめ

このように、今すぐにでも仕事を休みたいほど精神的に追い込まれている人は、休職なのか退職したほうが良いのか、一度考える時間や誰かに相談する時間を作りましょう。

 

もしも自分で職場に辞めたいと言い出せない人は、体の健康や体調のためにも代行サービスなどを利用するのもオススメです。

 

そして出来れば、今後また精神的に追い込まれるほど仕事しないようにするために、自分ファーストで生きられる部分を1つでも多く増やすことも考えてみましょうね。

心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント