孤立しやすい性格あるある!孤独を知る者が強い理由と明るい生き方とは

孤立しやすいぼっちの女性が音楽を聴きながらパソコンを見ているイラスト画像人間関係

仕事場や友達関係だけでなく、人間関係において孤立しやすい性格の人っているんですよね。

 

「いつの間にか周りに誰もいない…。一人になってしまうことが多い…。」なんてことを経験したことがある人もいるでしょう。

 

これは、生きていく中で、どうしても人付き合いにはスキルの差が出るのが問題だからです。

とはいえ、孤立してしまうことが悪いわけでもありません。

 

いつだって、行動次第で孤独な環境から抜け出せる方法だってあります。

 

そこで今回は、孤立しやすい性格あるあるや、孤独を知る者が強い理由と明るい生き方についてまでを解説していきます。

 

スポンサーリンク

孤立しやすい性格あるある

孤立しやすい人って、性格が原因のことも多いんですね。

 

故意的に孤立しようとする人はともかく、自分の意思とは反して孤立な環境になっているなら性格が関係していることもあるでしょう。

 

どんな性格の人が孤立しやすいのか、これは5つの特徴を持っている人に多いんです。

自分に当てはまっているものがないかチェックしてみましょう。

 

人見知り

人見知りの人って多いですよね。

自分から話しかける勇気が出ない人もいますよね。

 

自分も根が人見知りなところもあるので、その気持ちは分かります。

人が大勢いるところなんて、まず緊張してしまって話かけたくても話かけられません。

 

こうした人見知りが強い人ほど、人と関われるチャンスを逃しやすいんですね。

そのため、孤立してしまいやすい人でもあるんです。

 

話下手

人間関係を築いていくためには、コミュニケーションによる会話のキャッチボールが重要です。

話が盛り上がなければ、お互いの距離も縮まらないことは多いですからね。

 

そのため、話下手な人ほど、なかなかお互いの関係性が築きにくいこともあります。

 

会話が続かなかったり、相手に気を遣わせてしまうことも多ければ、人間関係が上手くいかないのも当たり前ですよね。

 

話下手な人ほど、相手が気を遣って話題を考えなければならないために疲れてしまうこともある。

結果、誰も話しかけてくれにくくなってしまって孤立しまうこともあるんです。

 

真面目過ぎる人

人付き合いにおいて、心を開きやすいタイプかどうかって大事ですよね。

少しぐらいユーモアのある人や気を遣わない気楽さのある人ほど、人も寄ってきます。

 

でも、それとは打って変わって真面目過ぎる人もいますよね。

例えば、冗談が通じないとかね…。

 

真面目なことは良いことですが、人間関係においてはデメリットになることもあります。

あまり考えが固く真面目過ぎると、めんどくさいと思ってしまう人も多いんです。

 

これでは、人も寄り付きにくくなる原因の一つにもなってしまいやすいんです。

 

メンタルが弱い人

メンタルが弱い人ほど、人付き合いが苦手だったりしますよね。

 

例えば、

「話しかけても、嫌な顔されたらどうしよう…。」

「今声をかけても、邪魔だったらどうしよう…。」

「ちょっと顔が怖そうだけど、話しかけて怒られたらどうしよう…。」

メンタルが弱い人ほど、こうした不安要素ばかり出てきて考えてしまうことが多いんです。

 

メンタル面は、自分に自信がない現れでもあります。

 

なんでもかんでもマイナスに考える人ほど、人付き合いするのが億劫になります。

自ら孤立しやすい環境を作っていきやすくなってしまうんです。

 

ちなみに、ネガティブすぎる人も、相手に良い印象を与えないことが多く孤立しやすいタイプの一つでもあります。

 

素直じゃない人

「本当は楽しく話したいのに…。本当は仲良くなりたいのに…。」

こんな風に、素直になれない人っていますよね。

 

人間関係において、自分の意思を貫くことは大切なことです。

そして何より、自分の気持ちを相手に伝えることが大切なんです。

 

自分の気持ちを伝えないと、相手にも分かりません。

 

素直に自分の気持ちを伝えられない人ほど、相手とのすれ違いが起きやすく人間関係が上手くいかないこともあります。

 

結果、孤立してしまうこともあるんです。

 

群れる者よりも孤独を知る者のが強い理由

なんでも人と関わること、群れることが良いとは限りません。

孤立してしまい孤独を知る人ほど、意外に人間としては強かったりもするんです。

 

孤独に慣れていない人は、一人でいることに寂しさを感じたりしやすいですよね。

この寂しさに我慢できない人ほど、誰かれ構わず隣に居てくれる人を探そうとしたりします。

 

要するに、一人になることから避けようとする人は多いんです。

こうした寂しがり屋の人は、誰かが隣にいないと生きていけないんですね。

 

打って変わって、孤独を知る者は違います。

 

孤独だからこそ寂しく感じることだってあるでしょうが、それでも孤独な環境を生き抜いてきた人です。

 

どれだけの精神力を持っているかは考えれば分かりますよね。

一人でも生きていく術を身に付けていることが多いんですね。

 

だから、誰よりも人間として強いとも言えます。

一人になることがあっても、孤独の中でも生きていけるスキルを持っているんです。

 

こうした孤独で生きれるスキルがあるかないかは、普段の生活や人生においても安心感が違いますよね。

 

これが、群れる人と群れない孤独な人の大きな強さの違いではないでしょうかね。

 

一度でも孤立した孤独の環境を経験することは、人間としての強さを身に付けることにも繋がることもあるので悪いことでもないんです。

 

孤独を経験している人ほど成功者が多い件について

なぜか成功者と言われるような人って、孤独そうなイメージありませんか?

桁違いの大金持ちほど、意外に独身だったりしますよね。

 

これって、孤立した孤独の環境が成功するのにはもってこいの環境だからなんです。

 

人間は、誰かのため、誰かの支えがあることで頑張れることもありますよね。

でも、孤独な環境というのはそれがありません。

 

じゃあ、なぜ頑張れるのか?

自分を貫くには、周りの意見に左右されない孤独な環境のが強いからなんです。

 

成功者って、自分の意思や信念を強く持っている人が多いですよね。

 

だから、自分の思ったことを優先して何でも挑戦します。

周りのことなんて見えなくなるぐらいに、目の前のことにだけ集中して努力できるんです。

 

だから、自分の理想の人生を掴みやすくなるんですね。

 

打って変わって、周りに人が集まってくるような人は、色々な人の考え方や価値観に触れることが多くなります。

 

良く言えば、様々な考え方や価値観に振れることで視野が広がりますが…。

悪く言えば、自分の意思や信念がぶれやすくなる環境でもあるんです。

 

例えば、あなたが何かに挑戦したいと思っても、

「辞めたほうがいいよ…。」

「失敗するかもしれないよ…。」

「今さら遅いよ…。」

「こっちのが良いよ…。」

こんな風に自分の意見に対して、周りから色々な意見や価値観を押し付けられることってあるんじゃないですか?

 

他人との関りが多い人ほど、多くの意見が飛び交う環境にいる。

何が正しいのかが分からなくなっていくことがあるんですよね。

 

そして、自分がどうするべきなのかまで分からなくなっていくんです。

 

人に囲まれている人は、人の意見や価値観に左右されることが多くなる。

自分を持てない人ほど、何事も上手くいかない人生になってしまうこともあるってことです。

 

群れるよりも孤独な環境のほうが、自分の意思も信念も貫きやすい環境と言えるでしょう。

 

関連記事

友達いらないは成功者の特徴!自ら孤独を求める人の隠された意味
「友達なんていらない!」 そんな言葉を言えるあなたは、成功者になれる素質があるかもしれません。 それは、なぜか? 実は、何か成功を掴み取っている人ほど、孤独な環境にいる人が多いからです。 もちろん、こ...

孤立することをダメと思わなくていい

よく孤立してしまうことをダメだと思っている人や、落ち込んでしまう人もいますよね。

 

悩むことで、これからは孤立しないように頑張ろうと前向きになれるならいいですが…。

恐らく、ほとんどの人はそのままズルズル気持ちが落ちていくでしょう。

 

いつしか、「自分なんて…。」と自分責めをするようになって前を向けなくなってしまう人もいますよね。

 

こうした今の環境に落ち込んでしまう人ほど、孤立した環境から抜け出したい気持ちがあっても抜け出せなくなってしまう。

 

もしも、環境を前向きに変えていきたいと思うなら…。

一つ勘違いしてはいけないのは、孤立してしまうことは悪くないことを知ることです。

 

世の中には、自ら孤立した孤独な環境を求める人だっていることを知りましょう。

また、孤立しやすい性格でも、いつでも孤独な環境から抜け出すことも可能なことを知ること。

 

環境を変えるために行動できるようになりたいなら、まずは今の孤立してしまった環境をダメだと思うことを辞めましょう。

 

孤立してしまった環境で学べることは、たくさんあります。

どんな環境も、どう活かしていくか次第で環境はいつでも変えられるんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

友達がいない人の末路はまさかのハッピーエンド?噂はあくまで噂な件について
友達がいない人の末路は悲惨や惨めになるに決まっている…。 そんな風に思う人もいますよね。 でも、本当にそうなのか? そんな噂は、あくまで噂ですよ。 友達がいないだけでマイナスに見られすぎ 友達がいないだ...

孤立しない生き方を目指したいときにできる5つの行動

さて、孤立したくないのに孤立してしまうような人なら環境を変えたいですよね。

どうしても、孤独を感じない人が集まるような環境になりたいはずです。

 

そんな孤立しやすい性格の人でも、自分に合った人間関係を築いていける大切なことを5つご紹介していきます。

 

孤独の環境を楽しめるようになること

まずは、今現在の孤立して孤独な環境を楽しめるようになってみましょう。

一人でしかできないことを探して挑戦してみてください。

 

一人焼肉、一人ショッピング、一人カフェでも、何でもOKです。

一人でも楽しめるという実感をすることは大事なことです。

 

ここを理解していないと…。

今後の人間関係を築いていく中で、一人になることが怖くなってしまうことが多くなります。

 

一人になることを恐れていると…。

人間関係を築こうとするとき、相手に嫌われないように生きていくようになってしまいます。

 

いつも相手の顔を伺って話を合わせているような関係になれば、それは自分らしく居られない環境でもあります。

 

一人になりたいくない感情が強いまま、人との繋がりを求めようとしても無理してしまうことが増えてくる。

 

いつしか、人間関係に疲れてしまって嫌気が差してくることもあるんですね。

結果、また一人の世界に戻ってきてしまうんです。

 

自分らしく過ごせる人間関係を築いていくには、一人でも楽しめることも知ること。

この安心感を持っているほうが、人間関係も余裕を持って関われるようになります。

 

もしも、孤立した環境から抜け出したいと思ったときは、まずは今の孤立した環境の中でも楽しめるようになってみましょう。

 

趣味や好きなことが同じ仲間を作る

ここからは、実践的なお話です。

孤立しやすい性格の人は、なるべく自分が話しやすい相手を探して関わることがおすすめです。

 

何も共通点がない人よりも、趣味や好きなことが似ているを人のが話しやすいですよね。

 

話す話題があれば、自然に会話も盛り上がります。

同じ好きなものがあるだけでも、関係性は深くなりやすいんですよね。

 

また、好きなことが似た者同士は、長く良い関係を築いていきやすいんです。

せっかく人と関わるなら、自分にとって楽しくなるような人を選びましょう。

 

同じ目標や夢に向かって頑張れる仲間を作る

同じ夢や目標がある人と出会うこともおすすめです。

夢や目標が一緒の相手というのは、とても良い刺激をもらえます。

 

「自分も頑張ろう!」なんて思えるようにもなりますよね。

 

お互いに励まし合って努力し合える仲間ができるほうが、理想の人生へ導かれやすくなります。

こうした自分の成長も促せる人間関係は、深く長く続きやすい傾向があるんです。

 

自分に合った人と関わることを考える(量より質)

なんでも人間関係において、自分に合った人と関わることは重要です。

なりふり構わず人と関わっていても、トラブルや不満が増えるだけですからね。

 

「自分に合う人間とは?」なんて人もいるでしょうが…。

自分が一緒に過ごしていて落ち着く人を探してみましょう。

 

人と関わっていると、必ずいるはずです。

 

例えば、

「あっ、この人なんか良いな…。」

「あっ、この人といると楽しいな…。」

「あっ、この人といると安心するな…。」

などなど。

 

なんとなくで良いんです。

よく言うフィーリングが合う人とも言いますよね。

 

そういった自分が居心地良いと思える人ほど、長く関わっていくべき存在です。

この辺も意識して、関わる人を探してみましょう。

 

学びのある人や成長できる人と関わる

人と関わる上で、自分にとって学びや成長できる人と接点を作るのもおすすめです。

 

もちろん、バカし合える仲間を作るのも素敵ですが…。

やっぱり、自分の成長が促される学びのある人と関わるほうが、もっと人生は輝いていきます。

 

自分にはない何かを持っている人や自分の理想や憧れに近い人など、そんな人と一緒に居る時間を増やしていきましょう。

 

自分にとって、学びや成長に繋がる存在はかなり貴重です。

長く関われば関わるほど、自分にとってもメリットだらけなのでおすすめですよ。

 

群れる群れないを考えるよりも、自分らしい生き方を考えろ

結論、群れるか群れないかどっちが良いかというと…。

どっちでもありです。

 

今まで話してきたように、自ら孤立した人生を歩むことで成功する人もいますし…。

人と関わりを深くしていくことで、人生が豊かになる人もいます。

 

結局大事なのは、自分がどっちの世界が合っているのかです。

 

孤立したくもないのにも関わらず、自分の性格が邪魔して上手く人付き合いができない人もいますよね。

 

そんな人は、人と上手く関わる方法を考えながら行動していけばいいんです。

 

孤立した環境のほうが、自分には合うかもしれないと思ったら孤立した環境を楽しむ方法を考えて行動していけばいい。

 

自分に合った世界なら、どんな世界を選択しても後悔することはなくなりますよ。

 

まとめ

このように、性格が邪魔をして孤立してしまうような人もいますよね。

でも、そんな孤立した孤独な環境をダメだと落ち込み過ぎる必要もありません。

 

まずは、自分の今の孤立した環境を受け入れて、一人でも楽しめるようになってみましょう。

一人でも楽しめる安心感を知ることは、余裕を持って人間関係を築いていくためにも重要です

 

寂しさを埋めるために、自分が苦しくなるような人付き合いだけはしないようにしましょう。

「一人でも大丈夫!」と安心した環境の中でも、自分に合った存在を見つけていくことがベスト!

 

良い人間関係を築きたいなら、自分らしい人生や生き方を貫ける存在だけを探していきましょう。

 

そのためにも、今回ご紹介した孤立しない生き方を目指したいときにできる5つの行動も参考の一つにしてみてください。

 

この記事が、少しでも今の環境を良い方向に変えるきっかけになれば嬉しいです。

人間関係ぼっち(独りネタ)人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!