仕事やる気が出ない20代の心理状態!正しい人生の歩き方とは

ネクタイを締めるビジネスマンの画像心の話

「仕事にやる気が出ない」

普段こんなことで悩んでいる方いませんか?

 

とくに、仕事に対するモチベーションが上がらない人は、20代に多いようです。

今回は、そんな仕事にやる気が出ない20代の心理状態についてと、どんな人生を歩むのが良いのかをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

仕事やる気が出ない20代の心理的な原因とは!

仕事にやる気がでない20代の社員のイラスト画像

仕事にやる気が出ない20代が多い心理的な原因は、様々です。

特に、20代で仕事で悩みやすく、仕事のやる気さえもなくなってしまう事柄についてご紹介します。

 

失敗ばかりで自信をなくす

新人や若いときは、失敗なんてよくあること。

でも、失敗が増えると周りとの実力差に自信を無くしてしまう方や、次は失敗できないプレッシャーにストレスを感じ、仕事にやる気が出なくなってしまう方も多いです。

 

上司が怖い・嫌い

職場によっては、上司が怖い人、相性が合わず嫌いな人もいるでしょう。

こうした人間関係による不満から、仕事に行くことへのモチベーションが上がらない人は多くいます。

 

信頼できる仲間がいない

職場には、何でも話し合えるような同期・上司・仲間が欲しいもの。

愚痴や悩みを相談し合える人がいると、安心して仕事に取り組めますよね。

 

しかし、どうしても職場によって自分と相性の合う人がいるかどうかは運になります。

意外にもこのような信頼し合える人が1人もいない環境になっている方、仕事への意欲もなくなりやる気も出なくなってしまう人も多いのです。

 

褒められない

人は誰でも褒められたいものですよね。

褒められて伸びるタイプほど、褒められない環境にいることや、上司が厳しい、怒られてばっかりだったりします。

これでは、仕事に対するモチベーションも上がらず仕事にやる気が出ないのも当たり前ですよね。

 

お給料が安い

仕事を頑張る理由の1つに、お金ですよね。

人生お金がなければ生きていけないことも多い。

 

この仕事をすることでもらえるお給料が安ければ安いほど、仕事に対するやる気も出ないものです。

とくに20代なんて、まだ入社して間もないので、お給料が安いことも当たり前なので、自然とやる気が出なくなる原因の1つになるでしょう。

 

そもそも好きな仕事じゃない

今の時代、就職困難とも言われていますよね。

どんな業種やジャンルによっても違うでしょうが、仕事を選べるほどの余裕がないのが現実です。

 

そんな世の中なので、好きな仕事、やりたい仕事に就けずに、やりたくない仕事に仕方なく就職している人もいるでしょう。

当然、やりたくないこと、好きでもない仕事であれば、日々不満も増えて仕事へのやる気も出なくなるのも仕方ありませんよね。

 

番外編:「20代は働き盛り!」なんて時代は古い!

大都市を歩いている男性の後ろ姿の画像

昔は、「20代はバリバリ働くべきだ!」なんて、若い世代ほど働き盛りのイメージを持っている人は多いですよね。

しかし今の時代、20代などの若い世代ほど、「働かないで生きていきたい」なんて気持ちや憧れを持っている方は増えているんです。

 

理由として、ネットでお金を稼いだり、パソコン1つで好きな場所で仕事をするノマドワーカー、必要最低限の物だけで過ごすミニマリストなど、自由な生活スタイルで伸び伸び生きる若者(20代)が増えているからです。

 

当然、バリバリ働いて頑張る生活よりも、伸び伸び生きていける自由な生活の方が魅力的ですよね。

このような自由な暮らしに憧れを持つ若者が増えているからこそ、真面目に働いている今の自分がバカバカしく思ってしまいやすく、仕事にやる気が出なくなってしまう方も多いのです。

 

そう。20代は働き盛りという考えは、今の時代ではもう古いのです。

きっとあなたが普段、仕事がやる気が出ないのも、こういった自由な暮らしを望んでいる、憧れを持っている気持ちが心のどこかにあるからなのではないでしょうか。

 

自由な暮らしが欲しいと、仕事でやる気が出ないのであれば、自分を責める必要もありません。

あなたと同じような考えで、20代にも関わらず今の仕事にやる気が出ない若者は、世の中には大勢います。

そういう時代なのです。

 

正直に生きたら仕事辞めてた!素直になると自分の可能性が広がる話!
自分に正直に生きられている方っていますか? きっと自分のことなんか後回しで、相手のことを優先して生きている人の方が...

正しい人生の歩き方とは!自分の本音・覚悟を確認!

線路と花の画像

今している仕事にやる気が出ない以上は、仕事に対して何か悩みや不満があるからだと思いますので、それは仕方ないことかもしれません。

本来、無理してやる気を出す必要もないでしょうし、やる気のない自分を責める必要もないと思います。

 

人生というのには、正解がありません。

 

当然20代といえど大人は大人、「悩みや不満があろうが我慢し無理してでも、責任を持って仕事をバリバリこなして生きていくべきだ!」なんて考えの方も多いと思います。

でもそれは本来、強制ではありません。

 

よく20代の若いころには周りから

「嫌でも仕事は最低3年は続けろ」

「資格は持っとけ」

「貯金はしておけ」

「安定職に就け」

などなど。

 

周りから人生のノウハウを色々と言われてきたでしょうが、世の中で言われているこういった常識やルールも、本来は強制ではないことを忘れてはいけません。

 

当然このような言葉には、人生を失敗しないため、成功するため、安定するため、将来のため、自分のためと様々な意味が込められた優しい言葉であり、愛のムチでもあります。

 

しかし、こういった言葉・常識・ルールに縛られすぎてしまえば、自分の気持ちを抑え込んで生きていくのが当たり前になってしまうことや、生きていること自体が苦しくなってしまう方もいます。

 

ここで、あなたに質問です。

今の仕事は、本当に好きですか?

これからも誇りをもって今の仕事を続けていける自信がありますか?

本当は、他にやりたいことがあるのではないですか?

 

人生は、失敗しないように生きていくこと、成功するために生きていくことも大切ですが、自分の本当のやりたいこと、本当はどうして生きていきたいかなどの自分の本音に気づいていくことも大切だと思うんですよね。

行動するかどうかは、自分で決めることですけど…。

 

自分の中で、「こんな風に生きていきたい」と何か夢や目標があるのであれば、それを目指すのも良いでしょう。

そこに、自由があるか、成功するかは保証はありませんが。

 

自分の気持ちを貫くということは、何かしらのリスクを負う覚悟も必要になるということです。

 

今仕事にやる気が出ないでいる方は、世間的な常識やルールを最低限守りながらも、自分の本当はどうして生きたいかの意志(本音)も改めて考えてみること、確認してみることも大切にしてみましょう。

自分の本音に気づくことが出来れば、今自分が仕事にやる気が出ない答えも見つかるかもしれませんよ。

心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体サロンを独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント