妊娠線を作りたくないなら!意外に知らない予防ケアとは

妊娠している女性が木に寄りかかっている画像 お役立ち情報

【執筆者】SHOTA
職業:整体セラピスト、整体サロン代表
地域口コミ1位の整体サロン≫≫ゆらす整体

 

妊娠線を作りたくないなら、予防とケアが一番大切です。

しかし正しい予防法やケアのやり方を知らない人は多いです。

今回は、そんな妊娠線を作りたくない人向けに、正しい方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

妊娠線を作りたくないなら、BMIも重要

お皿と青リンゴの画像

ある学会では、以下のようなことを述べています。

子宮底長25 cm以下,体重50 kg以下,BMI 21以下では妊娠線の発生を認めず,低リスクの指標となり得た 2)妊娠26~33週に腹囲85 cm以上であると,妊娠線の発生頻度が高くなることが判明した.また,妊娠後期の増加率は無関係だった.3)妊娠線予防クリームを使用していた人はそうでない人に比べ,分娩時の表面酸素飽和度の上昇が大きかった(P=.0134)

引用:関東連合産科婦人科学会

 

要するに、もともと太っている方ほど、妊娠線が出来やすい傾向にあると言うことですね。

当然、個人差はあるでしょうが、普段から食べ過ぎには気を付けること、健康的なベストな体重を維持することも妊娠線のリスクを下げるための予防になります。

 

妊娠線用ケアクリームは効果あるのか?

一応学会では、このような効果を述べています。

妊娠線のリスクの指標として最も有用であるのは腹囲であり,妊娠26~33週に85 cm以上が高リスクである.妊娠線予防クリームの使用により皮膚が満遍なく伸展し,表面酸素飽和度が上昇すると考えられ,予防効果の評価に表面酸素飽和度の測定が応用できる可能性があると思われた.

引用:関東連合産科婦人科学会

 

このように、妊娠線予防クリームやケアクリームの必要性はあるようです。

当然、効果には個人差があるでしょうが、このようなケア1つをしているかしていないかで、随分と結果は変わるのではないかと思います。

少しでも実用性があるのであれば、使用することをオススメします。

 

妊娠線用ケアクリームのオススメ商品

妊娠線用のケアクリームの画像

妊娠線は、皮膚が急激に伸びてしまうことで起こる断裂線です。

又、妊娠中のホルモンバランスの乱れによる肌の乾燥も原因になります。

そんな妊娠線の原因に繋がりやすくなる皮膚のゆるみ、乾燥をサポートしてくれるのが、妊娠線用のケアクリームです。

 

妊娠線用のケアクリームも色々とあります。

特に、今人気なのは、【ネンネのママミー】です。

 

ママミーのすごいところは、オートファジー!

このオートファジーは、2016年にノーベル賞を取るほどの大発見です。

これは、人体の古い細胞を新しい細胞に変えるためのリサイクルシステムのことを指します。

ママミーでは、このオートファジーの働きをサポートするような成分が含まれていて、皮膚のリライクルシステムを活動化させます。

 

他にも美容成分もたっぷり含まれているので、肌の潤いを保ってくれるので、妊娠線のきっかけの1つでもある肌の乾燥も防ぎます。

日々の生活の1つに、このような妊娠線用ケアクリームを使用することで、効率的に妊娠線の予防やケアをしてみましょう。

 

公式はコチラ≫≫【ネンネのママミー】



番外編:妊娠線の自宅ケア

自宅でも意識すれば出来る妊娠線の予防やケアは

  1. 適度な食事と運動を心がける。
  2. 皮膚の乾燥を防ぐために、オイルやクリームでマッサージをする。
  3. 肌のために栄養価の高い食事をとる。
  4. 普段使用する石鹸は、低刺激で泡立たない油分を落とさないものを選ぶ
  5. 体を洗う時は、手またはスポンジのような優しい素材のものを使って、優しく洗う
  6. 羊水と近い温度39度ぐらいの湯船でゆっくり浸かる

参考:堀産婦人科

参考:中川産科婦人科

 

このように、日々のケア1つ1つの積み重ねが、妊娠線を最小限に抑えるきっかけになるでしょう。

是非、1つの参考までにしてみてくださいね。

お役立ち情報
スポンサーリンク
linoをフォローする
ハピブロ

コメント