ファスティング中に我慢できず食べちゃったときの対処法!

ドーナツを両手に持っている女性 ファスティングについて

ファスティング中は、どうしても空腹感の戦いですよね。

 

「うわーん!どうしよう!お腹が空いて我慢できずに少しのつもりが食べたら止まらなくてたくさん食べちゃったよー。泣」

 

このように誘惑に負けて食べてしまう人や途中で挫折してしまう人も結構多いようです。

 

うんうん。わかります。
私も昔はちょこちょこ食べてしまった経験ありますから。(笑)

 

では、実際食べても大丈夫なのか?

 

結論から言えば、ファスティングとしてのルールには反するので失敗となります。

 

そしてもう一つ言えるのは、長期間のファスティングを行っているときほど、リスクもあります。

 

ファスティング中に食べてしまうとどうなるの?

ファスティングは、半日一日ぐらいの短期間から行う人もいれば、一週間以上かけて長期間行う人と様々です。

 

当サイトでは、一週間以上の長期のファスティングはリスクも高いので、あまりおすすめはしていませんが、ファスティング期間が長い人ほど、万が一食べてしまったときの胃腸や体への負担は大きくなります。

 

食べてしまった物や量にもよりますが、ファスティング中や後は、胃腸は休眠状態に入るのでうまく働かず、食べ物の吸収も敏感になっています。なので、急に高カロリーなものや味の濃いものを極端に食べてしまうと、血糖値の上昇や胃痛を訴えるような体調不良の原因にもなります。

 

極力どうしても食べたくなってしまったときは、無理してファスティングを続けなくてもいいので、回復食期間へ移行していきましょうね。

 

LINO
LINO

自分が楽に行えるようにプログラムを立てましょう。

食べてしまったあとの対処法は

基本的に、ファスティング中または終わったあとに、我慢が抑えられずに暴飲暴食をしてしまった人は先ほども話しましたが、一旦落ち着いて食事をあらためて回復食へ移行しましょう。

 

食べてしまったものは後悔しても仕方ありません。ストレスにもなってしまうので気持ちを切り替えていきましょう。

 

食べてしまったのであれば、次から口に入れるものは、 回復食におすすめのスープ類やおかゆなどの柔らかいものや酵素を含む食材を中心に少しずつゆっくり食べて胃腸への負担を軽減していきましょうね。 

 

ファスティングを途中で中断してしまったところで、回復食期間をしっかりしておけば、体重もしっかり痩せて健康的にも挽回出来る可能性も十分あります。

 

今回は、食べてしまったあとの対処法ですが、ファスティング後は本来このように回復食という胃腸に優しい食べ物を中心に食べていき、通常食に戻しても胃腸がびっくりしないように準備が必要なので大切にしてやってくださいね。

 

LINO
LINO

つい食べちゃったら、スープや酵素ドリンクで胃の負担を減らしてあげよう。

自身の限界を知れて勉強になる

今回このように、自分の食への我慢できる意志がどれぐらいのものなのか実感できましたよね。

 

ファスティングは、長ければいいわけではありませんが、まずは無理のない半日や一日などの短期から始めるなどして、自身が行える範囲や期間をまずは知ることも大切です。

 

それだけでも十分にダイエット目的の方でも痩せますし、胃腸を休ませることでデトックス効果もしっかり体感できます。

 

もっと長く出来るようになりたい方は、少しずつ回数を重ねて慣れてきてから、期間を延ばしていけばいいのです。

 

途中で我慢できずに失敗したからといって、焦らず回復食へ移行してペースを戻しましょう。基本は経験上ではそれで問題はないことがほとんです。

 

万が一、ファスティング中に暴飲暴食してしまい、体に何かしらのひどい症状が出た場合や体調が回復しない人は、我慢せずにかかりつけの病院に相談することも大切です。

 

我慢できない傾向のある人は「中級編12時間ファスティング」がおすすめかもしれませんね。

コメント