こんなフリーランスは食えない!間違った経営による廃業者の実体

フリーランスで食えない人の特徴は何か話し合っている男女4人の画像フリーランス

「フリーランスは、食えない、食っていけない、生きていけない」

そんなイメージを持っていませんか?

お察しの通り、食っていけずに廃業してしまう人もいます。

しかし当然、成功を収めている人もいるのも事実です。

フリーランスで食っていける人と食っていけない人の違いをご紹介します。

 

スポンサーリンク

フリーランスでは食えないって本当なのか?真実は…

資料を見て会議をしている会社員たちの画像

フリーランスと聞くと、以下のようなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

良いイメージ悪いイメージ
  • 時間が自由
  • 成功すればお金がたくさん稼げる
  • 自分の好きなことを仕事に出来る
  • 食っていけない
  • 稼げない
  • うまくいかない

 

このように、フリーランスに対して良いイメージを持っている方もいれば、悪いイメージを持っている方もいると思います。

きっと今の時代はフリーランスは、「食っていけない、稼げない、うまくいかない」と悪いイメージを持っている人の方が多いかもしれませんよね。

 

では、現実どうなのか?

気になりますよね。

私の答えは、「どっちもあり」です。

 

確かに皆様のイメージ通り、今の時代フリーランスになって成功している人は、恐らく半数も満たないです。

半数以上は、食っていけずに廃業してしまうのは事実です。

でもコレには、きちんと原因があるんですよね。

 

フリーランスで成功している人に共通すること!

高層ビルの街並みの画像

「ライバルが多い…ライバルが強くて勝てなかった…お客が来なかった…運が悪かった」

このような言いわけをする人は多いですが、これらは廃業の直接的な原因にはなりません。

 

またフリーランスで食っていけない人は、「経営の知識がないからだ」と思っている人もいるでしょうが、そんなこともありません。

確かに、基本的な経営の勉強をすることは、事業を安定させるためには最低限は大切です。

 

でも私が実際にフリーランスになって、一番大切だと思ったのは以下3つです。

  1. 行動力
  2. 言い訳しない
  3. 強い意志

この3つがなければ、どれだけ経営やマーケティングの知識があっても、フリーランスでは成功しません。

 

経営の知識や技術があるなら活かすために、➀どんな手を使ってでも成功してやるぐらいの強い意志を持つことや、②言いわけしないで、行動に移すこと!

この➀②を大切にしなければ、フリーランスでは成功なんて出来ないのです。

 

でも、当たり前ですよね。

フリーランスって、自分の行動次第ですべて結果が変わってしまいます。

行動に制限をかけていたり、何をするにも言いわけばかりして妥協していれば、事業に影響が出てしまうのも当たり前なのです。

 

フリーランスになって食えない間違った4つの経営方法

フリーランスとして成功している5人のスーツ姿の男女の画像

私と同じフリーランス仲間で、廃業してしまった人達がやっていた間違った4つの経営方法をご紹介します。

 

広告や宣伝にお金を出さない

フリーランスになったら一番大事なのは、お客やクライアントの確保です。

このお客やクライアントを集客出来なければ、売り上げも収入も発生するわけないですよね。

この集客に必要なのは、自分の事業の宣伝です。

 

でも自分の事業を一回宣伝するのには、だいたい数万~数十万はかかります。

運転資金・費用がない人は、この宣伝費にお金をかけられないことが多いんですよね。

あなたはプロに頼むと、「お金がかかるから」とケチって、自分でホームページやチラシを作ってしまうことありませんか?

 

お金がなくなる不安で、お金を払うことに抵抗があり、費用を浮かせるために自分でやってしまうことが多くなってしまう人、時間をかかって効率が悪くなっている人は多いです。

でもこの宣伝に関しては、事業を安定させるために、一番お金をかけなければいけないところです。

 

ここをケチればケチるほど、お金を節約することはできるかもしれませんが、いつまで経っても自分の事業を大きくアピールすることができません。

なんでも費用を抑えて自分で作ってしまえば、クオリティが下がってしまうことも多く、魅力がお客やクライアントに伝わらずに集客できなくなります。

結果的に廃業コースにまっしぐらです。

売り上げや収入を増やすには、どれだけお金に対する考え方を変えられるかが大切になってきます。

 

人脈を広げようとしない

正直、人脈があるだけで、事業のほとんどのことは成功します。

人脈がある人は、有益なビジネス情報を共有できることや、人からの紹介で仕事をもらえる確率が増えます。

人脈だけで、ビジネスが成り立っている人も、今まで私はたくさん見てきました。

 

せっかくフリーランスになったのであれば、色々な経営セミナーやパーティーなど参加してみて、人との繋がりを増やすことを大切にしてみてください。

自分と似たような環境にいる人たちと関わることで、良い刺激にもなりますよ。

 

相手に悪い印象を与えている

お客やクライアントと直接かかわるような事業をしている方は、印象が大切です。

何より相手に、「安心感」を与えることが上手な人ほど、事業はうまくいきます。

 

ここで、例えば

  • 目を見て話さない
  • 言葉が小さく聞き取りずらい
  • 質問しても答えがあいまい
  • 服がヨレヨレで髭のそり残しがあるなど見た目が悪い

このような当たり前のことかもしれませんが、普段意識してできていますか?

 

意外に、こういう小さなところにまで意識が回っていないことで、お客やクライアントが離れていっている人もいます。

事業を成功させるためには、集客も大切ですが、このように印象による口コミも大切です。

 

印象が悪ければ、口コミも広がらないでしょうし、リピートされることもなくなれば、紹介してもらえるチャンスもなくなります。

悪い印象が目立てば目立つほど、悪い口コミすらも広がってしまい、新規のお客やクライアントが来なくなってしまうこともあるんです。

こうしたお客やクライアントと直接関わるような事業をされているのであれば、相手を安心させるような関わり方を意識して大事にしてみましょう。

 

お客との駆け引きができていない

駆け引きは商売には、絶対必須です。

自ら売るための行動をしなければ、お客やクライアントは商品を購入しないことが多いです。

 

しかし、商品を買わせようと押し出し過ぎてしまうのはダメです。

要するに、押すところは押す、引くところは引くような相手との駆け引きがうまくできていない人ほど、お仕事の依頼が増えないことがあるのです。

基本的には、まずはお客やクライアントの悩みを深く聞くことを大切にしましょう。

 

その中からコチラが背中を押してあげられるような場面があれば、相手が決断しやすいように押していきましょう。

このような駆け引きができる人ほど、スムーズに自身の商品やサービスを買ってもらえるようになったり、仕事の依頼を頼まれるようになったりするのです。

 

集客力ないド素人は、宣伝方法は絶対1つに絞って極めること!
今では、ホームページ、Twitter、Instagram、アメブロ、チラシと様々な方法で、宣伝と集客が出来る世の中です。 しかし色々なものに手は出すものの、すべてが中途半端で集客力も弱く結果が出ていない人って多いんですよね。 ...

まとめ

フリーランスで成功している人たち、食えずに廃業している人たちには、このように考え方や行動が違います。

どれだけ経営やマーケティングの知識があっても、実際に行動に移すことができなければ意味がないんです。

 

行動に移せない理由もあるかもしれませんが、理由を付けて言いわけしていても現状は変わりません。

できない理由を探すよりも、行動に移すためには、どうしたらいいのかを考えられる人ほどフリーランスで成功する可能性もグンと上がります。

是非、今独立して事業がうまくいっていない方や、これから事業を始めようと思っている方は、自身の行動を見つめ直しながら、経営に活かしてみてくださいね。

 

フリーランスで仕事がない人は8割?残り2割の成功者との違いとは
フリーランスにはなったものの、「お客さんがいない!仕事の依頼がこない!」なんて悩んでいる人いませんか? そんなフリーランスになっても仕事がない人の原因と解決策をご紹介します。 フリーランスで仕事がない人は8割!原因は、ライバ...
フリーランス
スポンサーリンク
SHOをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHO

30代突入メンズ。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立。カラダやココロに悩む、約3000人以上をサポート。ぼっち。アニオタ。趣味、映画鑑賞、スノボ、キックボクシング。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中。

SHOをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント