自分は自分なんて言葉は甘え!前へ進めない成長しない人の特徴!

自分は自分の言葉をどう使うのかを指をさして指導しているスーツ姿の男性の画像人生論

「人は人、自分は自分だ!」なんて言葉をよく耳にします。

私も昔は、この言葉に救われた経験がありますので、とても素晴らしい言葉だと思います。

しかしこの、「自分は自分」という言葉は、心の救いになることもあれば、使い方次第で、前へ進めなくなること、自分の成長を止めてしまう人もいるので注意も必要なんです。

 

スポンサーリンク

人と自分を比べて起こる悩みのほとんどは、解決しない

人と自分を比べて、前へ進めないことに悩んでいても、永遠に解決できない問題だったりします。

だって、あなたはあなたなのだから。

この本質こそが、自分は自分の意味にも繋がります。

 

人生において、人と比べることで、自分に何が足りないのかを模索して成長することが重要とは限りません。

あなたが、何かを成し遂げたいこと、手に入れたいもの、変わりたいこと、それを達成するために自分に何が必要なのかを考えることのほうが大切だったりします。

 

人と自分を比べていても、前へ進めず悩んでしまうのなら、視点を変えて現実的にも考えられるようにしましょう。

自分にとって、必要なことだけを考え行動することを大切にするのです。

この他者から自分へ意識を向けることで問題解決に繋げるために、自分は自分という言葉は、本来の力を発揮し役立つのです。

 

なんでもかんでも自分は自分と言う人は、ただの甘え!

ライオンの被り物をした男性が空に指をさしている画像

人と比べることで、「自分なんて…」と落ち込んでしまうこと、前へ進めなくなってしまうことありますよね。

そんな方にとって、「自分は自分」という言葉は、心に響き救われるでしょう。

 

でも、なんでもかんでも自分は自分というスタイルで生きている人ほど

  • 前へ進もうとしない
  • 現状を変えようとしない
  • 成長しようとしない

自分を甘やかせるための都合の良い言葉になってしまうこともあるので、気を付けなければなりません。

 

自分は自分という言葉は、ただサボるため、楽するための言葉ではないことを忘れないようにしましょう。

他人と自分を比べて前へ進めなくなってしまったとき、自分らしく成長していくため、自分と向き合うためにある言葉として捉えると、「自分は自分」という言葉の力も大きく発揮します。

 

甘えるような都合良い生き方は、何も得られるものはない

海岸で自分は自分と立ちすくんでいる女性の画像

「自分は自分」という言葉は、心の救いの言葉になることもあれば、手を抜くための都合のいい魔法の言葉にもなってしまうこともあると話ました。

 

とくに、何か夢や目標を叶えるため、努力が必要なときにでも、なんでもかんでも、「自分は自分のペースで」なんて言っている人ほど、夢や目標が達成できません。

例えば、「月収100万を稼げるようになりたい」なんて言う人は多いですが、当然それなりな努力が必要ですよね。

月収100万を稼いでいる人は、たくさんの努力をしてきた人たちばかりです。

 

でもそんなときに、

「自分には、そんな能力もスキルもない…」

「自分には、そんなに努力はできない…」

「お金がないから…時間がないから…忙しいから…」

「でも自分は自分!自分のペースでゆっくりやればいいや!」

 

このような流れになるタイプは、考えが甘いです。

そんなんじゃ、一生月収100万を稼げるようにはならない。

 

努力しなくて済む言いわけ、楽するための言いわけとして、都合よく、「自分は自分」の言葉を使ってしまえば、現状の問題を変えようとすることができなくなってしまいます。

この言葉は、自身がどのような意味で使うかによって、自分のチャンスも成長も止める最悪な言葉にもなることを意識しておきましょう。

 

甘えるための材料として使ってしまい、何も得られない、成長できない、前へ進めない、そんな環境にならないためにも、自分自身のために必要なときに正しく、「自分は自分」という言葉を使っていきましょう。

 

何かを変えるには、自分が変わらなければならない!

海辺で5人の男女がジャンプしている画像

自分の将来のために、自分の成長のために。

何かを変えたいとき、自分のためになることなのであれば、全力で頑張って努力するべきです!

 

夢や目標なんてそうです。

それを叶えるためには、人並み以上に努力しなければいけないことだって必ずあります。

人は人、自分は自分なんて言ってても、人よりも努力しなくていい理由付けとしてこの言葉を使うのなら、意味がありません。

 

「自分のペースで取り組むもん!」なんて言っていても、本当にそのペースのままで、あなたの夢や目標は達成できることのなのでしょうか?

頑張らなくても成功するようなことならまだしも、努力が必要なことなのに、「自分は自分のやり方でやればいい」なんて考えていたら、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

 

現に今まで都合よく、「自分は自分」という使い方を間違えてる人たちと、たくさん関わってきたことがありますが、ほとんどの方が人生を苦しんでいます。

使い方を間違えると、心すらも救われないのです。

 

何かを変えるためには、自分が変わらなければいけません。

何かを得るためには、自分の欲しいものを手に入れるためには、自分も努力して掴みとらなければなりません。

この当たり前のことを忘れないようにしていきましょう。

 

本来、「自分は自分」という言葉は、人を救えるほどの良い言葉なのに、使い方ひとつでこれだけ自分の人生を狂わしてしまうように使ってしまうのは、正直もったいないです。

自分の成長を止めるような、前へ進むのを止めてしまうような間違った使い方をしないように、この言葉の意味を改めて考えて意識してみてくださいね。

 

人生論
スポンサーリンク
SHOをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHO

30代突入メンズ。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立。カラダやココロに悩む、約3000人以上をサポート。ぼっち。アニオタ。趣味、映画鑑賞、スノボ、キックボクシング。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中。

SHOをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント