落ち込んでる人にかける言葉!人を最も安心させるための行動

落ち込んでる人にかける言葉を探している読書女子の画像人生哲学・心理

落ち込んでいる人にかける言葉って、すごい悩みますよね。

一つ言葉を間違えるだけで、相手を余計に傷つけてしまうことだってありますからね。

 

でも、相手が自分にとって大切な人ほど、少しでも安心させてあげたい気持ちもあるでしょう。

そこで今回は、落ち込んでいる人にかける言葉について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

落ち込んでる人にかける言葉

それでは、落ち込んでいる人にかける言葉の中でも、相手を傷つけずに安心させてあげられるかもしれない言葉になりえるものをご紹介していきます。

 

そのときの落ち込んでいる人の状況に合わせて使い分けてみましょう。

 

よく頑張ったね

自分なりに頑張っているのに結果を出せなかったときは、人は落ち込みますよね。

そんな人には、「よく頑張ったね。」と今までの努力を認めてあげましょう。

 

結果で報われなかったことに落ち込んでいたとしても、今までの自分の努力を分かってくれる人が一人でもいるだけでも報われるもんなんです。

 

もう頑張らなくていいよ

落ち込んでいる人ほど、どうにか這い上がろうと余計に頑張ろうとします。

でも、精神的に限界がきているのに、まだ頑張ろうとしてしまうのが問題なんです。

 

そんな無理に頑張ろうとして苦しそうな姿が見られたときは、「もう頑張らなくてもいいんだよ。」と声をかけてあげるだけでも相手は力が抜けることもあります。

 

そのままでいいよ

自分に自信が持てずに落ち込んでしまう人もいますよね。

そんな人は、普段から無理に自分を変えようと頑張りすぎて疲れてしまう人も多いんです。

 

そのため、「そのままでいいよ。」と言ってあげることで安心する人もいます。

今の自分のままでも受け入れてくれる人がいることに気づけるときほど、人は安心するからです。

 

大丈夫だよ

落ち込んでいるときほど、この先の未来に対して不安がこみ上げてきやすい。

「今のままで大丈夫なのか…。」なんて不安で不安で仕方なくなってしまう人も多いんですね。

 

そのため、「大丈夫だよ。」と言ってあげるだけでも落ち込んで不安になっていた心がパッと晴れる人もいます。

 

自分自身で不安を作り上げやすい人ほど、人からの大丈夫の言葉は何よりも安心するからです。

 

感情をこらえなくていいよ

「いつまでも落ち込んでいるわけにはいかない!」なんて自分の感情を抑え込んででも前を向こうと頑張ってしまう人もいます。

 

それでは、いつまで経っても自分の悲しみや苦しみを出し切ることができません。

中途半端に前を向こうと頑張るほど、落ち込んでいたときの感情をずるずる引きずってしまう。

 

そのため、落ち込んでいるときに出てくる感情を抑え込んでいる姿が見られたときは、「今の感情をこらえなくていいんだよ。」と言ってあげることも大切です。

 

辛かったらたくさん泣けばいい。

苦しかったらたくさん人に助けを求めればいい。

 

落ち込んでいるときに出てくる感情を出し切らせてあげるような言葉をかけるほど、相手は安心して前を向いて歩けるようになるんだと思います。

 

大変だったね

人は、落ち込んでいるときの自分の苦しみや悲しみを誰かに分かってほしい人もいます。

 

そのため、「大変だったね。」なんて気持ちを共感共有するような言葉をかけることで、「分かってくれた!」と安心する人もいるんですよね。

 

きっと、自分の気持ちを理解してくれた瞬間、今まで落ち込んで感じていた苦しみや悲しみから解放される人もいるでしょう。

 

私がいるよ

絶望的な状況やどん底を経験しているときほど、孤独感が強くなる人もいますよね。

落ち込んでいるときも同じで、独りを感じて怖くなってしまう人も多いんです。

 

そのため、「私がいるよ。」と声をかけてあげることも大切です。

 

落ち込みながらも孤独感と戦っている人にとって、独りじゃないことを実感できたときほど心の底から安心する瞬間でもあるんです。

 

こうした誰かが居てくれる安心感によって、前を向くきっかけにもなるでしょう。

 

落ち込んでいる人を最も安心させる行動

落ち込んでいる人を言葉一つで安心させることもできますが、言葉だけが重要ではありません。

 

どう接してあげることが、落ち込んだ心をより安心させてあげることができるのか知ることも大切です。

 

ここからは、そんな落ち込んでいる人を最も安心させることができる行動についてもご紹介していきます。

 

しっかり話を聞く

安心させてあげる言葉をかけるだけでなく、何より落ち込んでいる人の話を聞いてあげることが大切です。

 

人は落ち込んでいるときほど、誰かに安心させてほしい気持ちよりも、まずは話を聞いてほしい人のが多いからです。

 

中でも、

  1. どんなことで悩んでいるのか
  2. 今不安に思っていることはどんなことなのか
  3. どうしてほしいのか

この辺の話は、しっかり聞いてあげるだけでも気持ちが楽になる人も多いですよ。

 

相手の気持ちを聞き出してあげることが、落ち込んでいた心を前に向かせるきっかけを作ることもあるんです。

 

否定しない

中には、落ち込んでいる人に対してアドバイスしようとする人もいますよね。

でも、そんなことは相手は求めていないことも多いんです。

 

相手のことを思ってのアドバイスだったとしても、相手からしたら否定されたかのような気持ちになってしまうこともあるんですね。

 

そのため、落ち込んでいる人の言葉は、なるべく否定しないこと。

どんなに間違っていることを言っていても、まずは受け入れてあげることです。

 

自分を否定しない人と出会ったときほど、人は心を許し安心するためです。

 

落ち込んでいる人を救いたいと思ったときは、どんなことにも否定しないことを意識してみましょう。

 

一緒にいるだけでいい

嫌なことがあったときや不安なときほど、人は寂しさを感じることもあります。

 

そのため、落ち込んで心が弱っているときほど、安心する言葉をかけてもらうよりも、本当は一緒にいてほしい気持ちのほうが強かったりするんですよね。

 

だから、落ち込んでいる人をどうにかしてあげたいと思ったときは、そっと傍に寄り添ってあげるだけでも相手は安心することもあるでしょう。

 

言葉よりも大切なこともあるってことです。

 

言葉よりも大事なこと!自分の想いの強さは相手に届く

大切な人が落ち込んでいるときほど、何かしてあげたいと思うのが優しさでもあり、愛でもあります。

 

どんな言葉をかけてあげることが正解なのか悩んでしまうこともあるでしょう。

もちろん、最善の言葉ってのはあるでしょう。

 

今回ご紹介した落ち込んでいる人にかける言葉が正解のこともあるでしょう。

でも、実際は人によって求めている言葉や行動も違うんですよね。

 

だから、落ち込んでいる人を安心させてあげることで大事なのは、相手に対する想いや愛です。

 

きっと、大切な人を助けたいと思った優しさや愛が強いほど、落ち込んでいる相手にも伝わるはずです。

 

自己満足にならないことも大切ですが、相手のために振り絞って考えた言葉や行動ならば、少なからずその優しさや愛は伝わるでしょう。

 

落ち込んでいる人を助ける方法として大事なのは、言葉や行動だけでなく気持ち(想いや愛)も大切にしようってことですね。

 

ここも忘れないようにもしておきましょう。

 

まとめ

このように、落ち込んでいる人にかける言葉によって安心させてあげることもできれば、返って傷つけてしまうこともある。

 

言葉って、それだけ人の心を動かすほどの力を持っているんです。

 

もしも、大切な人が落ち込んでいるときにどんな言葉をかけてあげればいいか分からないときは、今回ご紹介した落ち込んでいる人にかける言葉を参考の一つにしてみてください。

 

この記事が、少しでも誰かの役立つ情報になっていれば嬉しいです。

人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。整体とレイキヒーリングを通して身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在サロン経営・ブロガー・ライターと幅広く活動中。将来の夢はブログを書きながら世界一周することです。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!