聞き上手になれる!カウンセリング経験者が語る4つのポイント

聞き上手になりたい女性が夕焼けの中笑顔にしている画像心の話

今の時代、話し上手な人よりも聞き上手な人ほど需要があります。

それぐらい、「自分の話を聞いてほしい」という人が世の中には多いのです。

 

  • 駆け出しの心理カウンセラーさん
  • 普段相談されることが多い方
  • 聞き上手になりたいと思っている方など

「どうすれば、聞き上手になれるのか?」気になりますよね。

 

「私には無理無理…」なんて思っていませんか?

でもそんなことはありません。

普段、整体セラピスト兼カウンセリングなどの仕事をしている私が、普段行っている人の話を聴くときに大切にしていることをお教えします。

 

スポンサーリンク

聞き上手になれる!カウンセリング経験者が語る4つのポイント!

聞き上手になれる方法をスマホで調べている女性の画像

聞き上手になるには、ポイントさえ知っていれば、誰でも目指すことは可能です。

正直なところ、世の中には聞き上手と言われるプロのカウンセラーよりも、話を聴くのが上手な一般人の方もいます。

 

今、「私にもなれるかな…」と自分に自信がない方は、安心してください。

誰かの相談や話を聴くとき大切な4つのポイントを意識してみましょう。

 

とにかく話を聴く誠意を持て

これは、最初に言わなければいけないことなので話します。

聞き上手になりたいのであれば、「相手のことを知りたい…」という誠意を持ちましょう。

 

「聞き上手になればモテる…好感度が上がる…」などのような下心だけで、聞き上手になろうとしている人は、残念ながら聞き上手にはなれないことのほうが多いでしょう。

理由は、「相手にその下心や態度は伝わってしまうことが多く、信頼関係を築けなくなってしまうから」です。

 

ちゃんと聴いているよ!という安心を相手に与える

人からの相談を聴くとき気を付けることは、相手はあなたの表情や仕草をよく見ていることを意識しておきましょう。

少なからず相談する側は、相談に乗ってくれる方に対して、迷惑かけていないか罪悪感を持ちやすい傾向にあるからです。

 

万が一に話を聴いている途中に、少しでもめんどくさそうな素振りを見せてしまえば、相手はその細かい変化に気づきます。

それでは、相手も申し訳ない気持ちになって罪悪感を感じてしまって言いたいことを言えなくなってしまいますよね。

 

聞き上手になるには、相手に罪悪感を感じさせてしまう素振りは見せないことが大切です。

聞き上手には、小手先のテクニックなんていらないのです。

 

相手は罪悪感を持ちながらも勇気を出して、「自分を頼ってくれた…相談してくれたんだな…」と相手の気持ちを理解したうえで、お話を聴くこと、誠意を持つことが何より大切なんです。

相手の気持ちを知って寄り添うだけでも、自然と聴き方・接し方も変わって、相手に安心を与えることが出来るようになりますよ。

 

アドバイスすることが正解ではありません

聞き上手と言うと、「相談にも乗れて、良いアドバイスなんかも出来ちゃう人」なんて思っていませんか?

でも、全然そんなことはありませんよ。

 

理由は、人が悩みや相談をするときのほとんどは、「アドバイスがほしい訳じゃないから」です。

だからといって、ただ話を聴いてほしいだけでもないんです。

実は、人が誰かに相談するときの心境のほとんどは、「私、間違っていないよね?」という確認がしたい人が多いのです。

なので、そもそもアドバイスなんていらないことが多いのです。

 

良かれと思って、アドバイスをしてしまえば、「否定された」と相手は受け取ってしまうことで怒らせてしまうことや不満を思わせてしまうこともあります。

本当の聞き上手な方は、相手の気持ちに寄り添うことに集中し、否定せず、受け入れ、理解することが出来る人のことだと私は思っています。

 

話を聴いて、間違ってても指摘や否定する必要はない

「聞き上手な人ほど、アドバイスなんてしない」と言いましたが、話を聴いていると中には本人がダメな方向に進んでしまっているような、ほっとけない人もいますよね。

そんなときにも、「相手のために…将来のために…」と良かれと思って、間違っているところを指摘なんてすることも、基本的にやめておきましょう。

 

時と場合によっては指摘してほしい人もいるでしょうが、引き留めようとすればするほど、余計に自分の気持ちを理解してくれないあなたに対して相手は不信感を抱くかもしれません。

あくまで、今回はカウンセリングと言う仕事としては違って聞き上手という視点からのお話です。

相手の気持ちに寄り添って、気持ちを受け入れてあげることが、私たち聴き手側に出来る最高のサポートだと思ってください。

 

心が壊れそうな人の5つの特徴と心の言葉を贈ります!
私は、普段は整体セラピスト兼カウンセリングなどの活動しています。 そのため、たくさんの心の悩みを持つ人や病気の人た...

まとめ【初めから完璧に出来なくても良い】

一凛の華を眺めている女性の画像

人の話を聴く力は、いくら話を聴くだけだとしても初めからうまくいかないことだってあります。

聞き上手になるには、相手に寄り添える意志が必要だからです。

これは相手によっても変わるかもしれませんし、経験もある程度は必要です。

 

ひとつ言えるのは最初のころは、「相手をどうにかしてあげたい」という気持ちが強すぎると、プレッシャーになり失敗することも多いので避けましょう。

 

「本当に相手のことを知りたい。理解したい。」という気持ちを持つことを大切にしてみてくださいね。

この記事をきっかけに、たくさんの人を笑顔にさせるような聞き上手になれる人が増えれば嬉しいです。

心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント