おとなしい人ほど突然辞める!心の限界ゲージが超える瞬間とは

普段おとなしい社員の一人の男性が会社でパソコン作業をしている画像人間関係

「え?あんなにおとなしい人だったのに…。」

そんな人ほど、突然と仕事を辞める人っていますよね。

 

一体、本人に何があったのか?

ポカーンとしてしまう人のが多いかもしれません。

 

でも当たり前の話ですが、おとなしく見えているだけで、本当は違かったのかもしれませんよね。

単純に、相手のことを自分がよく理解しきれていなかっただけなのかもしれないんです。

 

スポンサーリンク

そう見えるだけ!おとなしく見える人は、まやかし

あんまり話さない。

笑わない。

声が小さい。

目が合わない。

 

そんなことから、「おとなしい人だな」なんて思ってしまう人もいるでしょう。

でもそれ、ただの雰囲気だけで相手を判断しているだけかもしれませんよ。

 

世の中には、仕事とプライベートでは、まったく雰囲気が違う人っていますよね。

それぐらい環境によって、自分を表現できなくなる人っているもんなんです。

 

特に仕事場なんて、プライベートとは違って年齢層もバラバラですし…。

お給料をもらっている以上は、真面目に働かなければならないプレッシャーのある環境ですよね。

そんな環境の中で、本当の自分を表現できなくなる人がいるのも当たり前なんです。

 

一番の問題は、本当の自分を表現できていないだけなのに、おとなしく見られてしまうこと。

本当の自分じゃない姿を、周りからはおとなしい人だと勘違いされてしまうこと。

 

一度印象付いてしまったものは、そのイメージをそう簡単には払いきれなくなるもんですよね。

そうなると、今更もう本当の自分をみんなには出しずらい…。

おとなしい仮の自分を演じ続けてしまうような人って、意外にも多いんです。

 

おとなしい人ほど突然辞める理由!仕事で積み重なる限界ゲージ

人間には、ストレスによる限界ゲージがあります。

誰だって限界が来ると、どうでもよくなってしまうことってありますよね。

 

本当におとなしい人も、おとなしいと勘違いされてしまうような人も、この限界ゲージが溜まりやすいことがあるんです。

なぜなのか?

色々と溜め込みやすい理由を、ご紹介していきます。

 

他人軸で生きすぎている

おとなしく見えてしまう人というのは、自分のことをあまり表現しない。

これは、自分よりも相手を優先して考えやすいとも言える。

 

こうした自分よりも相手という他人軸が強い人ほど、相手のことばかり考えて、自分の中にあるストレスを解放しにくい。

相手のことを考えて自分のことをないがしろにしてしまうから、ストレスを溜め込みやすいんです。

 

頼まれると断れない

頼まれると断れない人って多いですよね。

「本当は自分の仕事がまだ溜まってるけど、断ったら嫌な空気になるかも…」

 

そんな感じに、素直に断れないことで、自分の首を自分で縛ってしまうような仕事の環境にしてしまう人もいるんです。

 

思い込みや勘違いが多い

「こんなことを言ったら嫌われるかもしれない…」

「ダメな奴と思われていないだろうか…」

 

そんな風に、いつでもマイナスな思い込みをしてしまい、心を塞ぎ込んでしまうような人は多く、ストレスも溜まりやすい。

おとなしい人の中にも、こうした思い込みや勘違いから、あまり自分を表現して見せない人もいるんです。

 

なんでも我慢しがち

「まぁ仕方ないよね…」なんて、なんでも我慢してしまう人は、ストレスの限界ゲージが上がりやすい。

普段から、おとなしくて良い子と言われてしまう人ほど、ストレスがあっても印象悪くならないように、表情に出しずらくなってしまう。

 

こういう人ほど、我慢していることを隠すのが上手くなってしまい、周りも気づきにくくなる。

そうして、積りに積もったストレスがいつかは爆発して、突然辞めるような人も多いんです。

 

何もストレスを解消できるものがない

普段から何も趣味もない、寝ているだけ…。

そんな人は、日常に刺激も少なくなり、ストレス解消できる場面が減ってしまいます。

 

人間は刺激のない同じ日々の繰り返しをすればするほど、感情もあんまり乏しくなるので、おとなしく見えるようにもなってしまいやすい。

 

こうしたいくつかの特徴のある人ほど、周りからもおとなしい人と見られやすく、勘違いもされやすい。

自分らしく過ごせていないことが多くなり、ストレス限界ゲージが溜まりやすく、突発的に感情が爆発して仕事を辞めてしまうこともあるんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

仕事辞めて正解だったわと思った瞬間!思い切って環境を変えるべき理由
給料も少ない…。 いつも上司に理不尽なことで怒られる日々…。 我慢の限界を超えて、「そんな仕事を辞めて正解だったわ!」なんて瞬間がありました。 実際に、自分が体験したことに基づいて話していきます。 「仕事...

突然辞めさせないためにできること【職員側】

おとなしいと思っていた人が仕事を突然辞めたりすると、「もう少し早く本人の気持ちに気づいてあげられれば…」なんて罪悪感を感じる人もいますよね。

 

「同じ会社の同僚として、もっとサポートしてあげられる部分があったのではないか…」

そんな風に、後悔しないための人としての寄り添い方をご紹介します。

 

定期的に話を聞く機会を作る(気にかける)

どんな人でも、実際に話してみないと、相手がどんな相手なのか分からないものです。

そのため、同じ仕事の同僚のサポートをするときも、相手の今の気持ちを確認するような話をする機会を定期的に作ると良いでしょう。

 

そうした相手を気に掛けることをできたとき、一人で悩みストレスがかかり続けるような環境をなくすことができるので、突然辞めてしまうような人がでることも減るかもしれません。

 

雰囲気だけで決めつけない

なんでも、相手がおとなしそうだからと言って、人見知りそうだからと言って、雰囲気だけで決めつけてしまうのはよくありません。

やっぱり、それが相手の本当の姿とは限らないからです。

 

もしかしたら、話すことは大好きだけど、自分から話すのが苦手なだけかもしれませんよね。

結構、見た目や雰囲気では分からないことが多いです。

 

意外にも、なんとなくの雰囲気で相手の性格を勝手に判断して関わり方を変えてしまう人もいるでしょうが、もう少し相手のことを知ろうとすることは大切。

そうした心がけが、相手の心を開くきっかけになり、普段の仕事場面でもストレスが少ない環境になるかもしれませんよ。

 

職場内は過ごしやすい雰囲気の環境を保つ

よく仕事が忙しいからと言って、チクチク空気が悪い職場ってありますよね。

そんな場所で仕事したくない人のが多いに決まっています。

 

突然辞める人が悪いのではなく、職場の環境がそうさせているということもよくあります。

もちろん、明るい楽しい職場が正解という訳ではありません。

 

しかし、やはり社員同士が心地よく仕事ができる環境を心がけている企業は人気ですし、離職率も低いですよね。

社員のモチベーションも上げることができ、仕事効率を上げることもできるので一石二鳥のはず。

 

個々の個性を尊重する

やっぱりどんな人でも、その人自身を見ることは大切なこと。

個々の個性を尊重できる職場や人間関係ほど、ストレスのない環境はありません。

 

そうした関わり方が、お互いにストレスのない環境を作り、仕事を辞めたくなるような気持ちにもならなくなっていくでしょう。

 

突然辞めないための限界ゲージを溜めすぎない方法【自分側】

やっぱり、周りの助けを待つだけでなく、自分の身は自分で守ることも大切です。

本当は仕事を辞めたくないのに、突然辞めたくなるほど限界を超えるまで我慢してしまう。

そんな人のために、そんな自分の中にある限界ゲージを溜め込みすぎない方法をご紹介します。

 

悩みがあれば身近な人にでも相談する

  • 上司
  • 先輩
  • 同期
  • 友達
  • 家族
  • 恋人

 

誰でも良いんです。

まずは、一人で悩まないことが大切。

 

一人で悩むから、心は晴れないことは多い。

たったこうした悩みを吐き出せる場所があると、自分のストレス限界ゲージを調整することができます。

 

好きなことをしてストレス解消する

仕事は仕事、プライベートはプライベートと切り替えは大切です。

とはいえ、仕事で負ったストレスは、プライベートで一時的に発散することもできます。

 

好きなことがあるだけでも、仕事が嫌いでも頑張れる人は多いですよね。

何か趣味や気分が晴れることなど、生活の中で見つけてみるのも良いかもしれませんね。

 

やりたくないことはやらない

この世の中、やりたくないことも我慢するのは当たり前と思っている人もいるでしょうが…。

そんなことはありませんよね。

 

もちろん、何か我慢しなければ上手くいかないこと、手に入らないものもあるのも事実です。

しかし、自分が傷つくほど我慢する必要もないことも多いはず。

 

そうした自分の中に、「もう我慢しなくていいかな…もう無理してまで頑張らなくていいかな…」なんて思うものがありましたら、その我慢を捨ててみましょう。

 

変わらない現実があることも受け入れる

どうしても、仕事でも人間関係でも自分の思い通りにならないこともある。

これって、当たり前のことなんですよね。

 

だって、世の中は自分中心で動いている訳ではありませんしね。

だからこそ、変わらない現実があることも受け入れると、心も楽になるんです。

そうした心の気楽さは、自分のストレス限界ゲージを減らしてくれます。

 

【勘違い】おとなしくない人でも誰でも突然辞める説

おとなしくない人だって、誰でも突然に仕事を辞めたくなることありますよね。

 

感情を表に出さないような、おとなしい人ほどストレスを抱えやすいから突然仕事を辞めたりするとイメージを持っている人いますが…。

実は、そうじゃありません。

 

一見明るく感情を表に出しているような人でも、それが実は無理しているサインのことだってあるんです。

いつも、おちゃらけているけど、人一倍に心は繊細なんて人は腐るほどいるんです。

 

だから、見た目や雰囲気がおとなしい人だからって、それとは真逆の明るい人だからって、どちらも偽りの姿の可能性もあるってことです。

何かを抱えているかもしれないんです。

 

誰もそこに気づいてあげれなかったとき、本人は偽りの自分を演じ続けることに疲れてしまい、ストレスの限界ゲージも超えるのかもしれません。

 

それが、結果として突然仕事を辞める手段になるのでしょう。

要するに、これは誰でもありえる話ということです。

 

突然辞めても問題ない!辞めたくても辞めれない方が苦しいんだ

突然仕事を辞めることに対して、罪悪感を感じる人もいれば、良くないことだと批判する人もいるでしょう。

 

でも、突然辞めること自体は問題ではありません。

一番怖いのは、辞めたいのに辞めると言えないことだったりするんです。

 

世の中には、いまだに辞めたいのに仕事を辞めると言えずに悩んでいる人が、たくさんいるでしょう。

それがもしも、おとなしい人と周りからは見られていて、誰も本人の心情に気づいてあげられていなかったら…。

 

そう思うだけで、恐ろしいことですよね。

でも、今の時代は仕事を辞めること自体は、自分の力じゃなくてもできるんです。

 

辞めると言えない、言いにくいのであれば、退職代行なんて手もあります。

詳細:メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】

 

これは、一人では勇気や覚悟が出ない人にとっては、救世主とも言えるようなサービスです。

 

自分の代わりに退職手続きをしてくれるのですからね。

人に頼るべきタイミングってのは、存在します。

こうした一人の力ではどうにもならないとき、人を頼り助けてもらうことも考えることは、人生において大切になってくるでしょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

仕事がいっぱいいっぱいで泣くのは限界の合図!正しい道に切り替える方法
仕事を精一杯に頑張ることは素晴らしいことです。 でも、いっぱいいっぱいになって泣くほどまでに自分を追い詰めるのはおかしな話なんです。 気持ちが我慢の限界を感じたら、正しい道に進めるように軌道修正することが重要です。 ...

まとめ

このように、おとなしい人ほど仕事を突然辞めるという訳でもありません。

どんな人でも、突然辞めることってあるんです。

 

それは、自分の中にあるストレス限界ゲージが超えてしまったときです。

自分自身もストレスが抱え込みやすい状況を把握すること、周りによるサポートによる助け合いも大切。

 

こうしたお互いが気に掛けあえる関係性ができたとき、仕事を突然辞めるなんて決断をしなくなる人も増えるのかもしれませんね。

人間関係
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!