将来に希望が持てない30代の特徴!現状把握とこれからの生き方について

将来の希望を求めて洞窟探検している2人の後ろ姿の画像30代(アラサーネタ)

今の時代、〝将来に希望が持てない30代〟は多いのではないでしょうか?

30代というと、仕事や結婚などの何かしらライフステージの変化が訪れる頃合いでもあります。

 

20代の頃は、「30代になったら人生も変わっているはず」なんて軽く考えている人は多いもの!

でも実際30代になってみると、自分が想像していたよりも〝何も現状が変わってない〟なんて感じて焦っている人もいるでしょう。

そんな将来に希望が持てない30代という状況になっている人は多いのです。

 

スポンサーリンク

将来に希望が持てない30代の特徴

将来に希望が持てない30代なんて腐るほどいますが、どんな特徴の人に多いのがご紹介していきます。

 

20代まで漠然と生きてしまった

20代まで何か特別に打ち込んでいたものがあった訳でもなく、なんとなく流されて生きていて30代になってしまうと、将来への焦燥感を感じてしまい希望が持てなくなってしまいます。

特に、なんとなく周りに合わせて遊んでいた人は、自分の意思で何かをできない傾向があります。

気が付いた時には、自分には何も残っていないなんてことも…。

 

特に30代は、20代に仲良くしていた友達もライフステージが変わるタイミングになります。

一人で時間を過ごす機会が増えれば増えるほど、あまり変わらない自分の人生に将来に希望が持てなくなってしまうんです。

 

自分と周りを比較する癖がある

30代になると、20代から仲良くしていた友達や同僚が出世をしたり、結婚をしたりと人生のターニングポイントを迎える人も多くなります。

変わっていく友人とあまり変わらない自分を比較して、焦ったり自己嫌悪に陥ってしまうタイプは将来に希望が持てなくなる傾向があります。

また友人だけでなく世間一般が思い描く30代と自分を比較して、自己嫌悪に陥ってしまう癖のある人も将来に希望が持てなくなってしまう特徴を持ちます。

 

すぐに現実逃避をしてしまう

やらなくてはいけないことがあっても、「あとでいいや」なんてなんでも後回しにする癖のある人ほど、将来に希望が持てない30代になりやすい傾向があります。

こういう方は、キャリアアップやスキルアップをしようとしても、言い訳をしやすく上手く目の前にある必要な行動をすることができないことがあります。

何でも現実から逃げてしまうことで、気がついた時には30代になってもスキルやキャリアも特に成長しておらず将来に希望が持てなくなってしまいます。

 

関連記事

夢も希望もない30代が続出!ワクワクする生活に導くために大切なこと
30代になっても〝夢も希望もない人〟って多いんじゃないでしょうか。 もちろん、仕事をして適度に好きなことをして生きるのも、結婚して家族を持つのも本人の自由です。 でももしも、「夢や希望もないような30代にはなりたくない!...

将来に希望が持てない30代になった理由

なぜ将来に希望が持てなくなるのか、特に原因になりやすい事柄をご紹介していきます。

 

給与が低く、生活で手一杯・金銭的な不安が強い

一人暮らしをしている場合、会社で正社員として働いていても家賃や食費などでカツカツになってしまい貯金も出来ない人も少なくありません。

奨学金などの返済がある場合の人は、さらにカツカツになってしまうケースも多く、貯金に回せるほどのお金がないこともよくあることです。

貯金さえあれば、将来への漠然とした不安感は確実に軽減できます。

 

さらに、お金に関しては年金などの公的な補助金を将来もらえるのか不安に思っている人も多いはずです。

年金を貰えても年齢が引き上げられる可能性が非常に高いため、年金が出るまでのお金を貯める必要があります。

こうした将来への金銭的な見通しが立たないことが理由で、将来への希望を持てない30代も多いのです。

 

終身雇用制が崩れている

以前は一度会社に入ってしまえば、定年までは同じ会社に勤めることが可能でした。

しかし今は、大企業に正社員として就職しても入社した会社が潰れてしまう事や吸収合併で突然職を失ってしまう可能性だって平気であります。

転職が当たり前になりつつあり、安定した生活を守ることが難しくなっているんです。

正社員として働いていても金銭的な不安感が消えず、将来に希望が持ちにくい社会になっているのも30代の悩みとしては多いでしょう。

 

将来到達するポジションがなんとなく分かってしまう

30代まで社会で働いていると、自分が社会でどれくらい通用するか、自分はどれくらい出世するかなど具体的な未来が分かってきてしまうものです。

嫌でも現状が分かってしまうために、自分があまり出世できない、給料も上がらないとなんとなく感じてしまった時ほど将来に希望が持てなくなってしまいやすいんです。

 

熱中するほど好きなものがない

何か好きなものや熱中できるものがあれば、仕事や生活にメリハリがでます。

これといって好きなものや熱中できるものがないほど、漠然と過ごしてしまいやすいんです。

日々流されてしまうと気がついた時には、時間だけが過ぎていることに気づき不安を感じます。

 

結婚や昇進などで友達や同僚のライフステージが変わって、20代に比べてどうしても一人で過ごす時間も増えてしまいます。

そんな時に自分には何もないと気づいてしまえば、「自分の人生これからどうしよう」なんて希望が持てなくなってしまう人も多いでしょう。

 

将来に希望が持てない30代にならないためには

不満の多いつまらない人生にならないために、これから心がけるべき良いことをお話していきます。

 

人と自分を比較しない

人と自分を比べてしまうと、自分はできないという劣等感を感じやすくなります。

いつしか自分に対する自信を失ってしまうことも少なくありません。

あまり自分と他人を比較せずに、自分が何をしたいかにポイントを絞ると将来への夢が見つかりやすくなります。

その夢を叶えるために努力をする事で、将来への希望が湧いてくるでしょう。

 

打ち込める趣味や好きなものを作る

打ち込めるものや趣味があるだけでも生活にメリハリがついて、仕事にも集中することができます。

趣味などをきっかけに将来への夢ができると、人生が変わることもあるので何かに挑戦したいと思った時は迷わずに挑戦してみると良いでしょう。

 

お金を貯める

お金さえあれば、「何かあっても貯金があるから大丈夫」なんて安心に繋がるため、少しだけでも心に余裕ができます。

急に大きな金額を貯金するのは困難なので、500円玉貯金などから少しでもお金を貯める行動は、これからの将来への不安感を打ち消すことができるきっかけになります。

貯金を持つことは、今が将来に希望がなくても、これから何か夢や希望がでてきた時の準備としても役立ちますのでおすすめです。

 

関連記事

人生詰んだまま30代突入なんて当たり前!何を想い何を目指すのかが大切
人生詰んだような生活のまま30代に突入している人は、どれぐらいいるのか? きっと、口にはしないだけで多いはずです。 私もある意味では、人生詰んだような30代を過ごしている真っ只中です! 人生詰んだまま30代突入なんて当...

まとめ

どれだけ将来に希望がない30代の人生を送っていても、まだまだ間に合います。

まずは自分にできる範囲で、自分の人生を楽しむことで、自分なりの人生を楽しむことが大切にしていきましょう。

30代(アラサーネタ)
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:カメラ、キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント