知っておくべき!フリーランスになるメリット・デメリット

フリーランスのメリット、デメリットについてパソコンで調べている女性の画像フリーランス

誰もが憧れるフリーランス生活。

憧れを持つ人は多いが、実際に行動に移してまで始める人って少ないですよね。

今回は、フリーランス生活の私が、リアルなフリーランスのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

フリーランスになって、初めてわかったメリット

フリーランスのメリットをパソコンでまとめている男性の画像

「フリーランスになるメリットってなに?」なんて、よく聞かれます。

今回は、就職しているころと比べて、フリーランスになって良かったなと感じたメリットをご紹介します。

 

時間とお金に余裕が出来た

一番は、時間とお金です。

就職していた頃よりも、お金や時間に余裕が出来ました。

就職して働いていた時は、残業含め1日10時間近い労働していても、だいたい手取り20万程度でした。

 

詳しくは言えませんが、今はフリーランスになって、就職していたころの1日の労働時間の半分程度しか働いていませんが、就職していたころ以上にお給料をもらえています。

自分の頑張りがしっかりお給料に反映されて、収入が劇的に増える可能性があるのがフリーランスならではのメリットです。

 

好きなことを仕事に出来る充実感

就職でも、好きなことを仕事にすることはできますが、雇われている雇われていないかで、随分と気持ちの余裕も違います。

どうしても就職していると、自分の理想通りに仕事ができないことだってあるはず。

 

フリーランスになれば、自分が事業主になりますので、ルールを決めるのもすべて自分です。

当然何か起これば、すべての責任は自分が背負わなければいけませんが、自分の好きな形で自由に仕事をすることができるのは、フリーランスならではのメリットでしょう。

 

たくさんの人と繋がりが増えた

フリーランスになると、経営を成功させるために、様々な経営術セミナーやパーティーなどに出席する機会も増えました。

色々な経営者の方と関わる機会が増えるのは、フリーランスならではないかと感じます。

 

何か事業を経営している人たちは、違った考え方や価値観を持っていることが多いです。

様々な考え方や価値観を知ることができるのは、人生において学べることも多く、自分の成長に繋がることも多いです。

 

責任を持てるようになった

就職しているときも責任をもつことは大切ですが、フリーランスになるとすべての責任が自分にのしかかってきます。

何か問題が起きれば、当然すべて自分の責任になるので、仕事に対する責任感は、私はフリーランスになってから更に高まった気がします。

就職していたころの会社のトップにいる人たちの責任感やプレッシャーを、今ならよく理解できて、感謝の気持ちも湧くようになりました。

 

強い意志を持てるようになった

フリーランスになると、すべて1から自分で仕事を作っていかなければなりません。

お客さんを集めることから、売り上げを上げて収入を得られるようになるまで、すべて自分の力や努力が試されます。

 

最初の1年間ぐらいは、責任と強い意志と覚悟を持って、死に物狂いで仕事していました。

「失敗したら廃業…」なんてプレッシャーが、毎日頭によぎっていたので、かなり必死でしたね。

でも限界まで追い込まれた環境を経験したことで、「自分はこんなにも頑張れるんだな」という自分の中にある底力みたいなものを感じることができました。

 

周りにいる人へ感謝するようになった。

フリーランスで働くとなると、少なからず一人の力だけでは難しいこともたくさん出てきます。

私の場合は、家族、友人、お客さんとたくさんの方に支えられて今の仕事が成り立っています。

当然、日々感謝して暮らしています。

 

普段では、なかなかこんな気持ちになることはありません。

こうして特別な環境にいることで、「身の回りにいる人たちの支えは大きいな」と感じるようになりました。

 

人から褒められることが増える

フリーランスになってから周りの人たちに、「すごい」と褒められることが増えました。

世の中には、個人事業や会社経営など、独立や起業している人へ憧れを持っている人は多いものです。

 

成功しているしていないは関係なしに、フリーランスになった勇気と覚悟を褒めてくれたり、憧れや尊敬してくれる人って多いのです。

普段なかなか褒められること、憧られること、尊敬されることってないので、これもフリーランスならではの特権な気がします。

 

フリーランスになって感じたデメリット

パソコンの前で落ち込んでいる男性の画像

フリーランスのイメージは、「自由」なんて思っている方が多いですよね。

確かに自由なところもありますし、私も自身もフリーランスになって本当に良かったと思っています。

 

しかし当然、メリットや良いところばかりじゃないのも現実です。

フリーランスになることで、私が感じたデメリットをご紹介します。

 

とにかくお金がかかる

どんな事業かによって、かかる費用は違うでしょうが…。

独立するとなると維持費・運転資金など、とにかくお金が必要です。

何より始めて1年間ぐらいは、仕事を安定させるために余裕をもった資金や貯蓄が必要になるんです。

 

就職しているときとは違って、毎月決まったお給料が入ってくる保証がないので、売り上げがなければ、当然毎月赤字で多額な費用が消えていきます。

お店を出す人なんて、最初に改装費などだけで、500万~1000万ぐらいかかることも当たり前です。

ちなみに私は、初期費用に250万円ぐらい吹っ飛びました。

 

常に不安がつきまとう

好きなことを仕事にしているからと言って、常に幸せを感じているかと言えば、そんなことはありません。

仕事がうまくいって安定すれば、楽しく感じる日々も増えてきますが、当然不安を感じる日だってあります。

 

私も今は、ある程度の余裕をもって仕事ができていますが、当然日々不安もあります。

いつ仕事がなくなるか…

体調を崩したら収入がなくなるプレッシャー…

フリーランスならではの不安って、成功しているしていない関わらず誰にでもあるものなのです。

 

お客さんを集客するのがマジで難しい

どんな事業の方も感じているでしょうが、今はお客を集客することが、難しい時代です。

私は整体サロンを経営していますが、当然地域には似たようなお店は腐るほどあります。

 

実際にチラシやホームページなどを作って宣伝してみましたが、自分が思っていた以上に集客できない現状に、1年間ぐらい苦労しました。

毎日のようにスキルを上げながら、日々集客について学び続け、死に物狂いで取り組んでいったおかげで、少しずつ集客できるようになったんです。

 

しかしこの集客が壁となり、ライバルに負けてしまうことで廃業してしまう人は多いんです。

これはフリーランスになると、誰もが一度はぶつかる壁なのでデメリットになるでしょう。

 

責任はすべて自分

経営者になると、責任のすべては自分にのしかかります。

経営方針を、すべて自分で決めることができるメリットはありますが、何か問題が起こればその責任はすべて自分自身の判断ミスとして責任を負わなければなりません。

 

少しでも手を抜くことで、大きなリスクを抱えることに繋がることもあります。

常に責任感を持ち続けて経営をしなければならないのは、精神的にも大変で、デメリットとも言えます。

フリーランスになるには、それなりな熱い気持ちと覚悟を持っていなければ、難しい世界なんです。

 

フリーランスになりたいなら、それなりな覚悟を持とう!

芝生の上を歩いている男性の足元の画像

このように、フリーランスになることでメリットもあれば、デメリットもあります。

でもこれは、就職していても同じことが言えますよね。

要するに、どちらも同じなのです。

 

「いつかは独立したい」と思っている方は多いでしょうが、このようなメリットだけでなくデメリットも受け入れること、覚悟した上で行うことを大切にしましょう。

是非、憧れのフリーランスになって、楽しく人生を過ごせるように頑張ってくださいね。

応援しています。

 

フリーランス生活で地獄の日々を経験!乗り越えた先にあるもの
フリーランスの生活って、どんなイメージがありますか? きっと、「好きなことして、好きな時間に働けて、お金もたくさん稼げるキラキラな生活」なんて思っている人も多いんではないでしょうか。 ただ残念ながら、イメージ通りの幸せなフリーラ...
フリーランス
スポンサーリンク
SHOをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHO

30代突入メンズ。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立。カラダやココロに悩む、約3000人以上をサポート。ぼっち。アニオタ。趣味、映画鑑賞、スノボ、キックボクシング。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中。

SHOをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント