ファスティング期間中の空腹感を紛らわすとっておきの方法は

コップを両手で抱える女性 ファスティングについて

今話題のファスティングですが、知らない人もいますよね!

 

簡単に言うと断食です。

 

断食と言うと、一切食わず飲まずの生活というイメージされる方もいるでしょうが、それだけが断食ではありません。

 

今ではプチ断食といって、食事の一食を酵素ドリンクやスムージーで置き換えるものや、18時以降食べ物を口にしないなどの誰でも出来るような簡単な断食もあります。

 

しかし、どんな内容のものでも普段よりも食事やカロリー数は制限されますので、どうしても空腹感が出てきてしまうんですね。

 

この空腹感に勝てるかどうかがファスティング成功への近道になります。

 

空腹感を紛らわす方法とは

指をしている白衣の女性

ファスティング中に起きてしまうこの空腹感を誰もが「どうにかしたい!」と、解決したいものです!

 

そんなあなたに、空腹感を紛らわすとっておきの方法を私なりにまとめてみました♡

 

水分補給でお腹を満たす

ファスティング中に飲む、お水や酵素ドリンク、グリーンスムージーはカロリーが低いため安心して飲めるものです。

 

どうしても空腹感に耐えられないときは、これらの飲料水を摂取するようにしましょう。

 

正し飲みすぎは、カロリーが大幅に多くなってしまう恐れもあるので気をつけましょうね。

 

運動して食欲を抑える

腕立て伏せや腹筋などの軽い筋トレや、30分程度のウォーキングなどで体を動かしてみましょう。

 

運動したら「余計にお腹空くじゃん」と思う方もいるとは思います。

 

でも実は、空腹時に行う軽い運動は、交感神経を刺激し体が活発化することで食欲を抑えてくれるんです。

 

しかし、体の調子が悪いときはやめておきましょう。

 

香りを楽しむ

実は嗅覚には食欲を抑制させてくれる香りというのもあるんですよね。

 

空腹感に効果のある香りの中で有名なものは「グレープフルーツやキンモクセイ」などがよく上げられます。

 

アロマディフューザーなどを使って、部屋の香りを楽しみながら空腹感を紛らわしてストレスなく過ごしてみましょう。

 

歯磨きをする

ものすごく単純に見えますが、人は歯を磨くことで自然と食欲が引いていきます。

 

理由としては、これは心理的なもので人は長年の間、食事のあとに歯磨きをする習慣を当たり前のように経験してきましたよね?

 

あなたもきっと何年何十年とそうしてきたことでしょう。

 

脳はその行動をしっかり記憶しているんですね。

 

脳では、歯磨きは「食後お腹が満たされたあとに行うもの」という認識をしているため、歯磨きをすることで、実際に食べてはいなくとも、脳は食べた後だと誤認してしまうため食欲が自然と引くという原理です。

 

例え、空腹感が満たされなかったとしても「さっきせっかく歯磨きしちゃったからな」と、罪悪感から食べる行為に抵抗を感じることにも繋がるので一石二鳥です。

 

ファスティングはストレスを減らして行いましょう

ハンモックで手を広げている女性

ファスティングは、健康や美容、ダイエットに良いと言われていますが、生活の中で制限や我慢することも多く慣れていない方にとっては、ストレスを感じることも多いと思います。

 

ストレスを感じることが多ければ、精神的にも肉体的にも負担がかかって、途中で諦めてしまう人も出てきますよね。

 

そんな今までやってきたせっかくのあなたの努力を、少しでも無駄にさせないためにもストレスの対処法は、実施する前にしっかり知っておきましょうね。

 

みなさんのストレスのないファスティング生活を応援しています♡

 

 

コメント

  1. […] はじめのころは空腹感がつらい […]