ファスティングでダイエットをするなら目的を明確にしよう。

たくさんの英単語の文字に指をさしている手ファスティング

ファスティングは、食事制限による体重の減少が見込めるため、とてもダイエットに向いてると人気ですよね。

しかしファスティングは、「すぐ痩せたい!ただ痩せたい!」なんて考えが強い方には、あまりオススメ出来ないかもしれません。

 

理由は、ファスティング本来の目的に理由があります。

そんなファスティングとダイエットの関係性について、ご紹介します!

 

スポンサーリンク

ファスティングの本来の目的・意味とは

人差し指を立てている男性

「早く痩せたい!ただ痩せたい!」

そんな気持ちの人が、ファスティングでダイエットをすると、痩せることが出来ても、リバウンドする可能性が高い傾向にあるからです。

 

本来ファステイングは、食事を抜いて過ごすことで、胃腸を休ませること、腸内の環境をデトックスして綺麗に整えることです。

 

そのためファスティングするにあたって、「何を感じるべきなのか?」というと、「体重が痩せた!」ではなく、普段自分がどれだけ、「必要以上に食べすぎてしまっていたのか…」を実感することなんです。

 

その気持ちが、今後の生活を見直すきっかけに繋がり、これからも痩せた体型を維持し続けるモチベーションに変わり、リバウンドの防止にも繋がるんです。

 

要するに、ファスティングは痩せるためのダイエット法として考えるよりも、ダイエットするために必要な健康への意識を高めることだと、私は思っています。

 

ファスティングに向いている人と向いていない人

プリントの上にマルとバツマーク

ファスティングを向いている人は、痩せたい理由や目的がハッキリしている人です。

痩せた先に、「どんな幸せがあるのか?」をしっかりイメージ出来ている方は、ファスティング後に手に入れた理想の体型や環境を、「これからも大切にしていこう!」と思える人が多いからです。

 

打って変わって、ファスティングに向いていない人は、「ただ痩せたい!一気にすぐに痩せたい!」と数字だけにこだわる人です。

確かに、短期間で体重が減ることに長けてるファスティングは、すぐに痩せる希望を叶えてくれるものでしょう。

 

しかし即効性があるからこそ、「もっともっと痩せたい!」なんて気持ちが強くなる人も多くいます。

 

体重の数字ばかりにこだわる人は、慣れない頃から無理なファスティングを行ってしまう人、体調を崩してしまう人、暴飲暴食をしてしまい返って太ってしまう人も多いんですよね。

 

ファスティングは、正しい情報や自分のペースをしっかり理解し守れる方だけが、健康的に痩せられます。

感情のコントロールが出来ずに焦ってしまうような人は、体に負担がかけてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

まとめ

ファスティングは、誰でも手軽に行えるものでもありますが、やり方次第では、メリットもデメリットもあります。

少しでも安全にファスティングを実施するためにも、正しい情報をたくさん集めてみましょう。

 

当ブログには、初心者向けの記事などもたくさん揃えていますので、自身に合う方法を選んで、まずは無理なく行っていきましょう。

 

そして実施する前には是非、今日から自身の痩せたい理由、その先にある幸せをしっかり明確にしてイメージしてから行ってみてくださいね。

ファスティング
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント