ファスティングで、本当にアレルギーや花粉症は良くなるの?

グリーンスムージーが四つ ファスティングについて

今ネット上によく見かける「ファスティングでアレルギーや花粉症が改善する」という噂がたくさん出回っていますよね。

 

皆さんもどこかで見たこと聞いたことあるのではないでしょうか?

初めに伝えておきます。

 

ファスティングを行うことで、アレルギー反応や花粉症が良くなる医学的根拠はありません。

 

しかし、ファスティングを行ったことで、花粉症やアトピーなどのアレルギー反応の症状が緩和、改善された例は事実たくさんあります。

 

どうしてこのような現象が起きるのか?私なりに考察してみました。

 

アレルギーの原因とは

はてなマークを手に乗せる白衣の男性

あまり難しい話をするのは、苦手なので出来るだけ簡単にお話しますね。

 

アレルギーというのは、アレルゲン物質と言われている異物が体内に入ったときに、体の免疫機能が過剰に反応してしまうことを言います。

 

そして、大人になってから起こるアレルギー症状のほとんどは、腸内環境にある腸内細菌、いわゆる免疫が関係していると言われています。

 

ファスティングは、この腸内環境を綺麗に整える効果があると言われています。

 

腸内環境と腸内細菌とは

お腹にハートのクッションを抱える女性

様々な情報から確認したところ、この腸内環境がアレルギーを改善する一番の理由なのではないかと思いました。

 

アレルギーと深く関係する免疫の話ですが、私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌という健康を保つために必要な菌が、100兆~1000兆個が生息しています。

 

免疫力に不可欠な免疫細胞の70%がこの腸内で作られていると言われているのです。

 

この善玉菌や悪玉菌の比率によって、健康状態は変わり、悪玉菌が多ければ多い人ほど、免疫力の低下に繋がりやすく風邪やウイルスなどに感染をしやすく、その他病気や体調不良などの引き金にもなりやすいと言えます。

 

悪玉菌が増えるのは乱れた食生活

この免疫力を下げる悪玉菌が増えてしまう理由の一つとして最も多いのは、乱れた食生活です。

 

普段から野菜を食べることが少なく、お肉やお菓子などの油っぽいものやケーキなどの甘いものなど、高カロリーなものをよく食べる方は、悪玉菌の餌になりやすく増えるきっかけになります。

 

ファスティングによる腸内環境を整える効果とは

アレルギー症状というのは、免疫反応の一つとして、体内に入った異物から体を守るため体外に排除するために行う防衛反応です。

 

しかし、このように異物への免疫反応が過剰に出てしまうのは、食生活からの栄養のバランスの崩れによって起こります。

 

腸内細菌や免疫のバランスが崩れ、腸内の皮膚や粘膜のバリヤ機能が低下したことが、免疫本来の働きが行えない環境になったのではないかと考えられますよね。

 

このように、ファスティングでは普段の乱れた食生活によって「正常に働かなくなってしまった胃腸や免疫細胞の働きを正常にする効果」が高いとされ、自然治癒力が高めアレルギーの症状改善へ繋げる可能性があるのだと思います。

 

ファスティングは、今では美容やダイエットのために行う方も多い世の中ですが、健康のために行う方は、医療や治療法として捉えるのではなく、健康法の一つとしてアレルギーに悩んでいる方も、一度試してみるのもいいかもしれませんね!

 

ファスティング始めたい方は、【食べるファスティング初級編】又は【12時間ファスティング中級編】を参考にして見てみてくださいね!

 

 

コメント