【ダイエット徹底比較】グルテンフリーとファスティングならオススメはどっち?

酵素ドリンクを持っている女性の画像断食

最近、グルテンフリーダイエットという言葉をよく聞くようになりました。

健康志向の強いセレブやビジネスマンが実践している食事法が「グルテンフリー」です。

 

モデルのミランダー・カーがダイエット法で火をつけ、プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチが体調コントロールとして取り入れたことで爆発的に広まりました。

 

そしてもうひとつ食事に関するダイエット法で人気を出してきているのが、ファスティングダイエットです。

アスリートや芸能人の間で話題になっています。

 

今は、ダイエットだけでなく美容・健康維持のために実践する人が多くいます。

どちらも話題のダイエット法ですが、グルテンフリーとファスティング行うならどちらがおすすめかご紹介します。

 

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットとは?

パウンドケーキの画像

グルテンとは、小麦やライ麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種で、小麦に水をあわせて加工してパンや麺類をつくる過程で生成され、パンをふっくらと膨らませたり、麺をもちもちした食感を与えてくれるのが、このグルテンです。

 

グルテンフリーダイエットとは、「グルテンを摂取しないダイエット方法」で、つまりグルテンを含まない食事のことを指します。

グルテンは、小麦粉に含まれる主要タンパク質、グリジアンとグルテニンから作られるたんぱく質のことです。

 

グルテン(小麦粉を使用した食品)
うどん、ラーメン、ピザ、パスタ、お好み焼き、たこ焼き、パンなど

 

通常、普段口にしているこのような食品にはグルテンが含まれていることが多く、グルテンフリーダイエットを行う上では、食べることはアウトということになります。

しかし、実際は、グルテンを控えることでダイエットが実践できるわけではないようです。

 

つまり、グルテンフリーダイエットは、正しいダイエット方法ではありません。

 

グルテンフリーダイエットなどと言われているため、痩せることを目的とした減量法と誤解している人も多いようですが、そうではないのです。

 

グルテンフリーは、ダイエット目的で行うのは不向き!

パンダの被り物をした人が悩んでいる画像

もともとグルテンフリーは、セリアック病の治療策でした。

セリアック病は、グルテンに対する異常な免疫反応で腸の粘膜が傷つき、十分に栄養を吸収できなくなってしまう病気です。

 

腹痛や下痢、便秘、疲労、気分の不調などの症状を起こします。

そのため、治療はグルテンフリー食にすることが効果的と言われていることだったのです。

 

しかし、今ではグルテンフリーをすることで、逆に糖尿病リスクが上がることも明らかになっているようです。

 

【ポイント】

なので、セリアック病や小麦アレルギーなどない方が容易にダイエットを目的に、グルテンフリーを行うのはオススメしません。

 

ファスティングダイエットとは?

酵素ドリンクを作っている女性の画像

ファスティングとは、英語で、「断食する」「絶食する」という意味です。

「朝食」という意味のbreakfast(ブレックファスト)もここに由来します。

 

やり方は、食事を抜いて酵素ドリンクや水のみで過ごすファスティング期間(断食)や、断食前後には体に負担をかけないように胃にやさしい食事を心がけた準備食や回復食期間という3つの期間を過ごします。

 

目的は、胃腸などの内臓を休ませること。

体内の毒素や老廃物をデトックスする力を高めて、腸内環境を整えることで、健康な体作りを目指すため。

 

ファスティングの健康効果は、科学的にも実証されてきています。

それが、ファスティングによって、「免疫システムが再生する」ことと、2016年にノーベル生理学賞を受賞した「オートファジーの解明」です。

 

ファスティングは大きく以下の効果が期待ができると言われています。
  • ダイエット
  • 腸内環境を整える
  • ホルモンバランスを整える
  • 体のデトックス

 

ここで、ファスティングを実際に行った人のダイエットした人の口コミを見ると、

【ファスティング体験者が感じられた効果や感想】
私の実体験からの感想も含め、効果を感じることの多い感想をまとめてみました。

  • 朝の目覚めが良くなった
  • 便秘気味な私のお通じが良くなった
  • 今までどんなダイエットしても痩せなかった体重が痩せることが出来た
  • 食べ過ぎることが減った
  • ニキビや吹き出物の赤みが消えた
  • イライラや不安が減って集中力が続くようになった

 

その他感想

「半信半疑で始めました。やるぞ!という気合のもと、ファスティングをスタートしたところ、10kg減量に成功しました。まさか…と思いましたが、現実!(笑)ダイエットの起爆剤になったみたいです」

 

運動もしたらリバウンドなしで目標体重たっせい!
「どうしても痩せたかったので、ファスティングと並行してウォーキングもやることに。結果、ほとんどリバウンドせずに目標体重を達成しました!途中途中ストイックに行ったので効果がアップしたのかも?」

 

ファスティングは、短期間で効果を感じやすく最低限のルールを守れれば、健康的な体作りやダイエットにも優れているため行う人が多いのです。

 

まとめ【自身の目的に合わせて実施しよう】

いかがでしたか。

ここまで、グルテンフリーダイエットとファスティングダイエットについてご紹介しました。

 

グルテンフリーは、セリアック病という病気や小麦アレルギーなど、特定の病気の人には効果がありますが、それ以外の人には体に良いという確証はありません。

 

グルテンフリーはダイエットのための食事法ではなく、むしろ栄養バランスを崩す可能性もあります。

 

ファスティングは、さまざまな効果が期待できますが、一番は短期から始められることです。

行う日数によって効果は異なりますが、健康的に痩せることを目指せます。

 

また、食生活をリセットすることで、今後太りにくい体をつくることもできます。

さらに、女性にはうれしい便秘を解消するなどの効果にもたけているようです。

まさに、内側から美しくなれるダイエット方法なのです。

 

ファスティングについてもっと詳しいことを知りたい方は関連記事を合わせてお読みください

これさえ見ればファスティングのすべての方法がわかる!
ファスティングのことを知らない初心者さんから、もっと深くやってみたい上級者さんまで、ファスティングに関する情報をひとつに総集編としてまとめました。この記事ひとつでほとんどの疑問は理解、解決出来るように詳しく書かれていますので情報集めの一つにしてみてください。
断食
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐフリーの整体セラピストとして独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング・護身術。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント