ファスティングでリバウンドしないための絶対条件4つのコツ!

キッチンでサンドイッチと女性が立っている画像 ファスティングについて

ファスティングで、がんばって正しい食生活を学び、断食して腸内環境をデトックスして痩せたのであれば、リバウンドはしたくないものですよね。これから初めて行おうとしている人や、過去にリバウンドしてしまった人もいると思います。

 

正しい知識をつけてファスティングを行うことが、リバウンドしない痩せる体質を作る方法です。

今回は、そんなファスティングでリバウンドしないための絶対条件4つのコツ!をご紹介しますので、参考のひとつにしてみてください。

 

ファスティングでリバウンドする人の特徴って

体重計に乗っている画像

頑張って、ファスティングをして痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人っていますよね。そんなリバウンドしやすい人の特徴で最も多いのは、単純にファスティングの正しいやり方を出来ていないだけの人が多いのです。

 

LINO
LINO

ファスティングは、ただ断食して酵素ドリンクを飲めば痩せる健康法ではありません。

断食前後に行う準備食や回復食期間をどのように過ごしていたか、酵素ドリンクはどんなものを使用していたのか、そんなひとつひとつのポイントがしっかり行えているかが、ファスティング効果を最大限に発揮させて、太りにくい痩せる体質を手に入れるためには重要になってくるのです。

 

リバウンド阻止する正しいファスティングの絶対条件3つのコツとは

両指をさしている女性の画像

リバウンドしない痩せる体質を手に入れるためには、以下のようなファスティングで必要最低限、気を付けなければいけない3つのポイントを、あなたは出来ているか又はこれから行う人も含め確認していきましょう。

 

品質の良い酵素ドリンクを使用すること

ファスティングには、絶対必須の酵素ドリンクですが使用する商品で痩せる効果を半減させてしまいます。痩せる体質作りのために腸内環境をデトックスすることを目的としたファスティングでは、添加物やカロリーが高い酵素ドリンクは絶対厳禁です。

LINO
LINO

完全無添加で低カロリーな品質の良い酵素ドリンクに変えることで、腸内環境でのデトックス効果も上がり痩せる体質に導かれやすくなります。ファスティングで使用されることが多いものは「優光泉check!」です。

 

水分は多く摂ること

基本的に、普段よりも食事の摂取量が極端に減るファスティングは、体内の水分摂取量も減りやすい状態です。水分量が少ないままだと脱水の危険もありますが、代謝が落ちてしまうきっかけにもなるのでしっかり飲みましょう。

LINO
LINO

酵素ドリンクや水などで、一日の水分摂取量を2~2.5ℓ近く飲むことがファスティングでは一般的です。

 

準備食と回復食期間はしっかり行うこと

正しい期間の設定や食事メニューを組めているかが大切です。断食を行うにつれ体に負担をかけないようにするために行う準備食期間は、普段から暴飲暴食気味の方で5日程度行うようにしましょう。回復期間はファスティング期間と同じ日数を最低限行うこと。どちらも、「まごはやさしい食」を心がけた食事を取り、あまり食べ過ぎないようすることも大切です。

LINO
LINO

この準備食期間や回復食期間を正しく行えているかで、ファスティングによるデトックス効果も変わってくるためリバウンドにも繋がってきます。

筋トレを取り入れる

ファスティングでは、食事量を減らす期間や、食事を抜いたりする期間を要するため、一日のカロリー摂取量が普段よりもグンと少なくなるため、体重は痩せていきますが必然と栄養も不足がちになることで筋肉量も減ってしまいます。

 

筋肉量が減れば、代謝が落ちやすくなってしまうため痩せにくい体質にも繋がってしまうので、余裕のある範囲内で「腕立てやスクワットなど筋トレを取り入れておく」ことで、ファスティング後のリバウンド防止に繋がります。

 

まとめ~健康的に痩せる体質を作り出すにはルールを守る

このように、リバウンドしない痩せる体質を作るには、ファスティングでの腸内環境のデトックスをどれだけ効率よく行えるかが大切です。

 

上記の絶対条件4つを意識して行うだけでも、ずいぶんと結果は変わると思います。自身のやり方を見直して、これから行おうとしている方も是非このコツをひとつの参考にして行うようにしてみてくださいね。

 

実際に、プログラムを組んで行ってみたいと思っている方は下記の内容も合わせて見るとおすすめです。

酵素ドリンクで痩せない人の間違った3つの行動!絶対痩せる正しいやり方!
酵素ドリンクで痩せない人痩せなかった人にはある3つの特徴があることに気づきましたのでまとめてみました。そして、正しく酵素ドリンクを使用する方法を、すぐに実践出来るようにプログラム化して記載していますので、ひとつの参考にしてみてください。

コメント