ファスティング回復食は最も太りやすい期間!リバウンドを防ぐ注意点

ファスティング回復食のサラダの画像ファスティング

ファスティングが終わったあとは、休眠状態に入っている胃腸を回復食で戻していく期間です。

実は、準備食・ファスティング・回復食の3つの期間のうち、回復食は最もリバウンドを予防するのに重要と言われています。

 

スポンサーリンク

ファスティングの回復期が太りやすくリバウンドしやすい理由

太っている人がファスティングをすれば、中には5日程度でも5kg以上痩せてしまうことがあるぐらい効果が高いファスティングです。

無事ファスティングを終えて、「痩せた!」と喜ぶ方も多いでしょう。

 

しかしファスティング後は、数日間食事をしていなかった胃腸は、休眠状態に入っていることで正常に働かないことと、吸収率がとても高い状態です。

 

終わったからと言って、油断してすぐに好きなものをバクバク食べてしまうと、せっかく痩せた体重もリバウンドしてしまいます。

 

中には、急激な高カロリーな食べ物を摂取したことで、胃痛や血糖値が上昇して体調を崩してしまう人もいるので、注意が必要です。

 

【ポイント】

ファスティングの回復食は、お粥やスープ類なの胃にやさしいものや、「まごはやしい食」中心に取り入れていきましょう。

 

ファスティング回復食の注意点ポイント【ダイエット効果に左右する】

白衣の女性の画像

ファスティングの回復期には、以下の2点に注意しましょう。

  • ファスティングの回復食は、ファスティング(断食)した期間と同じ日数を行う
  • 胃に優しい食事を心がける

 

休眠状態に入っている体や胃腸を、「回復」させるための回復食の期間の目安は、ファスティングした期間と同じ日数を最低限は行うようにしましょう。

例:断食3日したなら回復食も3日というように。

 

回復食の基本的な食事内容とは

ファスティング回復食の基本は、準備食と同じです。

【まごはやさしい食一覧】

  • 「ま」・・・納豆、豆腐、味噌などの豆類
  • 「ご」・・・ごま、くるみ、銀杏、ナッツなどの種子類
  • 「わ」・・・わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類
  • 「や」・・・緑黄色を中心とした野菜類
  • 「し」・・・椎茸、しいたけ、えのき、なめこなどのキノコ類
  • 「い」・・・じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなどのイモ類

 

ファスティング準備食とほとんど同じとはいえ、ひとつだけ違うところがあります。

まごはやさしい食の【「さ」・・・魚類】は、消化に時間がかかるので、ファスティング回復期のはじめのうちは食べることを控えましょう。

 

回復食で食べてはいけないものは?

ファスティング回復食に適さないのは、以下の食べものです。

【回復食で避けるべき食材】

  • 肉や魚などの動物性たんぱく質
  • 牛乳・チーズやヨーグルトなどの乳製品
  • 小麦(グルテン)
  • ハムやウインナーなどの加工食品
  • ファストフードやコンビニ食・レトルト食品
  • 油分や揚げ物
  • スナック菓子や砂糖
  • 塩分や濃い味付けの食事
  • アルコールやカフェイン

 

私たちの身体に欠かせないアミノ酸が多く含まれている動物性などの食品は、高脂肪の上に消化が悪く、ファスティング回復食には向きません。

肉や魚だけでなく、牛乳やダイエット中には大変いいとされているヨーグルトも同じです。

参考:医師監修Doctors Me

 

加工食品・ファストフード・コンビニ弁当などには、添加物が含まれていることが多く、せっかく胃腸を休めてデトックスさせた体にとっては、負担になって意味がなくなってしまいます。

初めのころは、炭水化物もほどほどにしましょう。

 

血糖値が上昇しやすく、過剰にお腹がすく原因にもなるので、暴飲暴食にも繋がってしまいます。

誘惑に負けると手が止まらなくなりますよね。

 

リバウンドしないためにも、食事管理には気を付けましょう。

 

ファスティング回復食の注意点

リバウンドしないサラダの画像

ファスティング回復食は、よく噛んで食べることがポイントです。

回復食の咀嚼は、胃の中に入る固形物の消化を少しでも助けるため、絶対必要なことです。

 

【咀嚼には、さまざまな効果があります】
  • よく噛むと、唾液の分泌が促進され消化を早める
  • 脳内への作用により、リラックス効果がある
  • 精神を安定させ、ダイエット効果がある
  • 満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐ
  • 血糖値の上昇を抑え、太りにくい身体にする

 

よく噛んで食べるだけで、このような様々な効果があるんです。

その他注意点は、身体を冷やさない・飲酒喫煙をしない・水分をしっかり摂るなど、ファスティング準備食の際と同じだと考えましょう。

 

ファスティングの効果が発揮されるのは、「断食の期間だけ」と思われがちですが、回復期もしっかりとデトックス効果があると言われています。

 

この回復期も、正しく過ごすことで、十分にダイエットとしての効果を発揮してくれるんです。

ファスティングの回復食をしっかり出来ていれば、通常食に戻してからもスタイル維持をしやすくなりますよ。

 

水分摂取量も大切!

優光泉の酵素ドリンクの実物写真

準備期間・ファスティング期間・回復期間すべての期間で大事なのは、「水分」です。

食事を取れる準備や回復食の期間でも、普段よりも体内の水分量は減りやすい期間です。

 

体内の水分量が減れば、代謝が悪くなり、痩せにくい環境になってしまうので、酵素ドリンクやお水でしっかり水分を摂って補いましょう。

 

使用する酵素ドリンクやお水も、なるべく体に負担のない品質の良いものを使用して飲むようにしましょうね。

 

ファスティングの酵素ドリンクは、「優光泉」を使うと栄養がしっかり補給できるので、安全です。

 

酵素ドリンクを購入される方は、「優光泉(ゆうこうせん)口コミから集めたメリット・デメリット」を合わせて読んでおくと、酵素選びの失敗を最小限に抑えることが出来ますよ。

 

まとめ【回復食を制したものがファスティングを成功する】

ここまで話した通り、ファスティングは断食の期間も大切ですが、リバウンドせずに痩せた体型を維持していくためには、終わった後の回復食期間も大切なのです。

 

食事内容をあらため、胃にやさしいものを中心に食べて、水分もしっかり摂ることで、痩せやすい健康な体を手に入れましょう!

 

酵素ドリンクを使用したファスティングやダイエットをしたい方は、「酵素ドリンクで痩せない人の間違った3つの行動!絶対痩せる正しいやり方!」こちらも合わせて読むと、流れや雰囲気もわかると思うので、1つの参考にしてみてください。

ファスティング
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント