ファスティング準備期間で絶対やってはいけないことまとめ【痩せる効果最大化】

白いワンピースを着た女性の画像 ファスティングについて

本来のファスティングは、健やかな身体に導く健康法のようなもの。

 

【健康な身体】=【正常な機能が備えられた美しい身体】公然たる事実です。

私たちは仕事で疲れれば、休日ゆっくりと休みますよね。

 

いわばファスティングは、日頃頑張って働いている身体に「ご褒美をあげている」と考えていいかもしれません。

 

ただし、その休日にも絶対にやってはいけない事があります。休みだからといって、はめをはずしてお酒を飲み過ぎれば、翌日に響くのと同じです。

 

ファスティング準備期間で絶対にやってはいけない事は、どのようなものなのでしょうか。

 

ファスティング準備期間で絶対やってはいけない3つのこと

NOと書かれて手を出している

 ファスティングダイエットをするにあたって、準備食を食べる数日は大変重要な期間。 

 

ファスティングダイエットの効果を、最大限に発揮するためでもあります。

 

「どうせファスティング期間中食べないのだから、痩せるだろう」という安易な考えで、適当に過ごしてはいけません!

 

体調不良を起こしたり、結果が出ない可能性があるからです。

 

摂取してはいけない食べものを食べる

ファスティングダイエットの準備期間や回復期間に最適な食事は、『まごわやさしい食』ですね。

 

ファスティングダイエットの準備期間中、摂取してはいけない食べものを食べると、胃腸の働きを休め準備していることにはなりません。

 

  • カフェイン
  • 乳製品
  • 動物性たんぱく質
  • 炭水化物・糖質
  • 食品添加物が含まれた食べ物
  • 塩分・糖分

 

簡単に言えば、以下のような食べ物はファスティング準備期間に適していません。

 

  • ファストフードやコンビニ弁当
  • 牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの乳製品
  • ハムやウインナーなどの加工食品
  • 白米・パン・ピザ・麺類
  • チョコ・お菓子・ケーキ・スイーツ
  • とんかつソース・ケチャップ・マヨネーズ
  • 炭酸飲料・清涼飲料水
  • 冷凍野菜・冷凍食品

 

どれもこれも、身体に負担がかかるとわかりますね。

 

同じ食べ物の食べ過ぎ

いくら『ファスティング準備期間に食べるべきもの』とはいえ、食べすぎてしまえば、準備の意味を成しません。

 

あくまでも栄養バランス整った食事が基本です。

 

準備期間は、同じものの食べすぎに注意しましょう。

 

  • 血糖値が上昇する【ナッツや魚・イモ類などの糖質】
  • 消化しにくく準備期間の意味をなさない【わかめなどの海藻類】
  • 身体を冷やし血流が悪くなる野菜【大根・レタス・きゅうり・トマト・ごぼう・茄子】
  • 塩分過多でむくみの原因になる【味噌・しょうゆやソースなどの調味料】

 

準備期間は、何も入ってこない状態に慣れさせるための期間です。

 

 準備期間にできるだけ胃腸の働きを軽くしなければ、通常食と全く変わりありません。 

 

そして、身体が冷え血流が悪くなれば、代謝が低下。ダイエットのためファスティングの準備をしているのに、『何をしているやら状態』になってしまいますね。

 

それでなくてもファスティングダイエットを行うと、基礎代謝が低下してしまいます。

 

できるだけ火を通した身体を温める食べ物、胃腸に優しい薄味で、適度な食事を心がけましょう。

 

何も食べない・水分を摂らない

ファスティングダイエットに挑戦する多くの理由は、「すぐに痩せたい!」という思いからでしょう。

 

また「1kgでも多く体重減少したい!」と考えていますよね。

 

誰だって食べたいものを我慢し、キツい運動をするなんて嫌…ダイエットなんて長期間継続したくありません。

 

その思いが強すぎて、ファスティングダイエットの準備期間中、必要な栄養素も摂らず何も食べなければ、いきなりのファスティングダイエットと同じです。

 

ファスティングダイエット準備期間の、本来の目的を忘れてはいけません。

 

  • 炭水化物は完全に抜くのではなく、通常食の半分程度は摂取する
  • 水分をきっちりと摂る
  • 適度に食べストレスを溜めない

 

白米よりも玄米や雑穀米などを、通常の半分くらいに抑え、よく噛んで食べましょう。

何も食べず思ったように体重が減少しても、食事を元に戻したとたんにリバウンド。

 

ストレスからくる異常な食欲に、負けてしまう可能性だって考えられます。

 

「水だけでも太るから…」そう言って、水分を控える方もいらっしゃいますが、それも間違い。

 

 ファスティングダイエットの全ての期間そして終了後も、水分は1日に2〜2.5ℓは絶対に必要です。 

 

ファスティング準備中控えた方がいい2つのこと

パソコンとハート

 ファスティングダイエットの準備中、できるだけ控えた方がいい2つのこと。それは、飲酒と喫煙です。 

 

空きっ腹でお酒を飲めば、酔いがまわりやすくなりますよね。

 

糖質の摂取を抑えているファスティング準備期間は、体内の水分量が減少しています。

その状態で飲酒すると、血中アルコール濃度が高くなり、少量のお酒で酔う可能性が高まります。

つまり、それだけ糖質を吸収しているということですね。

 

また、アルコールを分解する肝臓の働きも低下するため、身体には大変負担になってしまうんです。

 

また、糖質ゼロのお酒を飲めばいいと考えるかもしれませんが、カロリーゼロ・糖質ゼロには落とし穴があります。

 

糖質0:100mlあたりに含まれる糖質の量0.5g未満

糖質オフ:100mlあたりに含まれる糖質の量2.5g以下

カロリーゼロでも同様で、ゼロに近いだけでありゼロというわけではありません。

せっかくファスティングダイエット準備食に注意しても、意味がなくなってしまいますね。

 

どうしても飲酒しなければいけない状況だとすれば、糖質の含まれていないお酒を水やお湯で割り、ほんの少量だけ飲みましょう。

 

ウィスキーやブランデー・ウォッカなどの蒸留酒です。

血流が悪くなるタバコも同じく、血流を悪化させ、肺の組織障害を起こします。

 

健康体になるためのファスティングですから、本当は禁煙した方がいいに違いありません。

 

ファスティング準備期間もっとも重要なストレスフリー

犬と傘をさしている女性が飛んでいる

ダイエットに、ストレスは大敵。

なぜなら、脳が感じているストレスは、身体の健康そのものを阻止してしまうからです。

 

ファスティングダイエット準備期間に『絶対してはいけない』とはいえ、ストレスを感じているのなら、少しくらい緩くしたって効果は出るんです。

 

ファスティングダイエットの口コミでも、準備期間中の飲酒・喫煙をしていても痩せたという方もいます。

 

ただ「本当に健康になり痩せたい!」という思いがあるのなら、その我慢や努力はストレスにはならないはず。

 

ファスティングダイエットによって、3kg痩せればどうでしょうか。

痩せた後の自分の姿を想像すれば、前向きに努力できますよね。

 

ウエストがワンサイズ下のボトムを買って、毎日眺めるのも効果的。我慢ではなく、楽しみの1つとなります。

 

そのような考え方に変えられれば、ファスティングダイエットは大成功となるでしょう。

 

どうしてもツラい方は、初級編ファスティングをおすすめします♡

初級編ファスティングダイエットのやり方はこちら

【初級者編】食べるファスティングで速攻痩せるダイエットのやり方
すぐ痩せられる「食べないファスティング」は人気ですが、断食はちょっと怖いなって方もいますよね。そんな方のために当サイトではオリジナルで「食べるファスティングダイエット」という方法もご紹介してます。食事をしっかり食べれて健康的に安心して痩せたい方におすすめです。

コメント