仕事しない人を放置し続けると起きるメリットとデメリット

一人だけ隠れてパソコンでYouTubeを見て仕事しない人のイラスト画像人間関係

絶対に、どんな会社に就職しても、仕事しない人っているよね。

「マジで、なんなのこの人…。もう放置しておけばいいかな…。」なんて呆れて諦めてしまう人も多いはずです。

 

でも、もう少し考えたほうが良い。

実はそれ、自分にまでしわ寄せが来る行動かもしれないんです。

 

スポンサーリンク

仕事を頑張れない、サボりがちな人の理由

仕事をしない、サボってばかりいる人ほど、頑張りたいほど仕事にやりがいを感じていないこともあるでしょう。

それが、人間関係が原因なのか、仕事内容に問題があるのかは分かりません。

 

自分も会社員の頃にいたとき、仕事しない人はいました。

  • 仕事中なのにYouTube見ている人
  • 喫煙所に何度も何度も休憩しに行く人
  • 自分の仕事を他人に押し付けてばかりいる人
  • 仕事中ずっとぼーっとしている人

とんでもないですよねw

 

でも一つ言えることは、やりがいを感じないものに対して、一生懸命になれないのは普通なことなんです。

ある意味で、仕事しない人って素直なだけかもしれませんよね。

 

そんなことを言ったら、「は?お給料もらってんだから、嫌でも我慢して頑張るのが大人だろ」と言いたくもなる人もいますよね。

もちろん、報酬をいただくのですから、それに見合った仕事をするのも当たり前でしょう。

 

もしも、自分勝手でわがままな仕事しない人が身近にいたとき、あなたならどんな対応をその相手にしていきますか?

 

仕事を真剣に取り組んでもらえるように教育的指導をしていきますか?

それとも、「何言っても無駄だろ」と放置して、相手が変わることを諦めてしまいますか?

一度、よく考えてみてください。

 

仕事しない人を放置は危険!?メリットとデメリットとは

仕事しない人を放置したくなる気持ちも分かります。

「どうせ、何言っても無駄でしょ」なんて諦めている人もいますよね。

 

でもちょっと待って!

そんな仕事を適当にやっているような人を、そのまま放置し続けたらどうなるのか…。

実は、メリットとデメリットがあります。

 

この内容を知っても、あなたは放置し続けようとしますか?

 

メリット

仕事しない、言っても無駄な奴は、そのままほっとけばいい…。

もちろん、そうすることでのメリットもありますよね。

 

気にしなくて済むから気楽

何度も何度も、仕事しない人のことを考えてイライラするのも疲れますよね。

毎日のように、不満も募り、ストレスにもなるはず。

 

でも、もういっか…。

そのまま、放置してほっとけばいいや。

自分には関係ない…。

 

なんて言えるようになれば、きっと気持ちは今までよりは気楽になるでしょう。

自分のメンタル管理としては、良い判断です。

 

自分の仕事に集中できる

自分にとって、嫌な気持ちになる人のことを気にしなくなるだけでも、自分の仕事に集中できるようにもなりますよね。

あんまり、人の悪いところばかり見てイライラするよりも、そんな人のことはほっといて自分のことだけを考えられる環境にするほうが、仕事もはかどるもんです。

 

デメリット

打って変わって、実は仕事しない人を放置し続けることで、以下のようなしわ寄せやデメリットもあります。

 

ミスをすることが増える

やっぱり仕事を適当にしているような人をほっといていても、その人は成長はしないですよね。

なんなら、何も言われないことを良いことに更に調子に乗るかもしれない。

 

そしたら、当然と仕事でのミスも増えるかもしれません。

そうなったら、そのミスが周りへも被弾するかもしれない。

今よりも、もっと最悪な環境になるかもしれないんです。

 

周りにも悪い影響を与える

仕事をしない、サボっている、やる気が見えない…。

このような人をほっといていたら、きっと周りの社員にも悪影響かもしれない。

 

「〇〇さんは、いつも適当そうに仕事しているし、自分も少しぐらいサボってもいいよね」

こんな風に、相手の姿を見て真似てしまうこと、伝染してしまうことってあるんです。

 

仕事が上手く回らない

もしも、チームワークが必要とするような職場なら、一人でもやる気のない人がいるだけで、上手く仕事は回らなくなりますよね。

仕事しない人は、放置し続ければするほど、周りへのチームワークも乱していく可能性はあるので、返って効率が悪くなる恐れもあるんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

仕事できないやつに限って思った15の特徴!不満爆発のリアルをお届け
仕事できないやつに限って〇〇…。 そんな自分のことを棚に上げるような人間性を持っている人っていますよね。 「なんで、お前がそんなこと言えるんだ?立場分かっているのか?何様なんだ?」 そんな風に、「クソやろーーー」な...

仕事しない人との正しい関わり方!対応次第で人間は変わる

「相手のこと、言っても無駄」なんて諦めてしまうぐらいの存在になってしまっているのは分かります…。

でも、人はいつだって変われると言いますよね。

 

そして何より、相手が変わるには、自分の相手に対する行動も重要だったりするんです。

もちろん、「頑張っている自分が、何も頑張っていない相手のためにしなきゃいけないの」なんて言いたくなる気持ちも分かります。

 

でも、「仕事をしない相手を変えるため」というよりも、「自分が気楽に仕事をしていけるようになるために相手を変える」という視点を変えると良いかもしれません。

是非、相手を変えるための一つの参考にしてみてください。

 

ハッキリダメなところは指摘する

正直、ハッキリ言わなきゃ分からない人って言うのは存在します。

仕事しない人なんて、自分のせいでどれだけの人に迷惑をかけているのか気づいていないかもしれません。

 

それなら、ハッキリ相手に伝えてしまったほうが、罪悪感を感じて、仕事を真剣に取り組むようになるかもしれませんよ。

 

ダメなところがあれば、ハッキリ伝える。

これは、仕事を通して人間関係を良好にするためにも重要になってくることもありますよ。

 

良いところも褒めて伸ばす

人は、怒られているだけではやる気はでません。

むしろ、いじけて更に態度が悪くなってしまう人もいるんです。

 

それなら、できている部分もしっかり評価し伝えることで、相手にも自信を持ってもらうようにしましょう。

人から褒められて、悪い気はしないですよね。

 

ダメなところも伝えなければいけないこともあるけど、その分に良いところも伝えること。

これが、相手の仕事へのモチベーションを高めるきっかけになるかもしれないんです。

 

定期的に話し合える時間を作る

なんでも、相手を変えるためには、お互いがお互いを理解することが大事。

相手が仕事をしないのはなぜか本人に話を聞いてみること、何か不満があるのか聞いてみましょう。

 

そして、今度は自分がそんな相手に対して、どうしてほしいのかを伝えること。

お互いの意見や考えを話し合える場を作ることで、相手も仕事への考えも変わるかもしれませんよ。

 

また一から仕事のやり方を整理する

単純に、仕事しない人の環境を見てみることは大切。

何か仕事をやる気のなくしてしまうような効率の悪いことをしていないか、どこか仕事のやり方を間違っていないかを確認してみることも大切でしょう。

 

仕事しない相手をすべて悪者にする前に、相手の環境がどんな環境にあるのかを把握すること。

もしかしたら改善点や、こちらも非があった部分があるかもしれませんよ。

 

まとめ

このように、職場に必ず一人ぐらいは、仕事しない人っていますよね。

そんな相手を、「わがままで自分勝手だから」という人間に解釈するより、「頑張れるほどに仕事に対してやりがい感じていない人なのかも」と考える方が現実的です。

 

そうしたとき、周りにいる人が、そっと関わり方を変えてみるだけでも、今まで仕事しなかった人も何か心が変わるきっかけになるかもしれません。

「なんで、あんな人のために頑張ってる私たちが頑張らないといけないのよ」と言いたくなる気持ちも分かります。

 

でも、相手のためというよりも、「自分が安心して仕事に集中できる環境を手に入れるために、仕事を頑張らない相手の気持ちを変える行動をしよう」と視点を変えてみましょう。

是非、この記事が仕事しない相手の心を変えるきっかけに繋がれば嬉しいです。

人間関係仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!