嫌いな上司を消す方法!がらりと環境を変えるとっておきの戦略を伝授

今にも嫌いな上司にムチで叩きに行きそうな男性の画像人間関係

「はぁ…。嫌いな上司を消す方法ないかなぁ…。」

「許さない…。絶対にピーーーーーーーーーピーーーーーーしてやるからな!」

そんなサイコパスな考えをしている人もいるでしょう。

 

まぁ、気持ちは分かります。

必ず職場には一人ぐらいは、腹立つような嫌な上司っていますよね。

これ、なんなんでしょうね。

運命なんですかね。

 

スポンサーリンク

嫌いな上司にありがちな特徴

やっぱり嫌いな人にも特徴がありますよね。

特に、職場にいると嫌われやすい要注意人物になる人は、以下のようなタイプです。

 

一言が多い

何かあるたびに一言多い人っていますよね。

「そこまで言う必要ある?なんでそんなことまで言われないといけない訳?」

こんな気持ちにさせてくる人ほど、周りからも嫌われているに決まっている。

 

理不尽なことばかりで怒られる

「それ私のせいじゃないじゃん…。」

そんな言葉を言いたくなるほど、理不尽なことで怒られることってありますよね。

これが社会って言うんなら、クソ食らえですよね。

 

話を聞かない

こちらの話を聞こうともしない人います。

いやぁ、無理ですわ。

何言っても、自分の言い分ばかりマシンガンのように言ってくる。

本当に無理…。

こういう人は嫌い。

 

言い方がキツイ

もともとの性格なら仕方ないかもしれませんが、なんか言い方が素っ気なかったり、怒り気味だと不快ですよね。

何も悪いことしてないんだから、もう少し優しく言ってくれないかね。

毎回毎回と話しかけるたびにこれだと、嫌になってくるタイプです。

 

偉そう

いくら上司でも、同じ人間なところは対等でいなければいけない。

上司だからって偉そうにするのは勘違いしすぎなんです。

 

ある程度の上下関係があるのは当たり前ですが、見下すような態度は話が違う。

さすがに、我慢の限界になってくる人もいるでしょう。

 

清潔感がない

性格よりも、清潔感ないのも嫌われやすいタイプです。

いつも、臭い、髪の毛はボサボサ、服もシワクチャなど、近づきたくないですよね。

 

周りを気にかけることぐらい少しはしてほしいもんです。

毎日この不快感を感じさせられると、イライラしてくる人もいるでしょうね。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

性格悪い人ほど自滅しやすい理由!思いやりある人間になる秘訣
性格悪い人って、最後は絶対に自滅するタイプだよね? はい。 まさに、そうでしょうね。 人が嫌な気持ちにさせる人は、必ずそれは自分にも返ってくるんです。 因果応報ってやつですね。 性格悪い人の特徴 ...

嫌いな上司を消す方法!がらりと環境を変える戦略とは

さすがに、嫌いな上司を消す方法なんて聞こえが悪いw

サイコパスな人が増えるのも問題だ。

 

なるべく正当な方法で、消すなんて怖い表現するよりも、嫌いな上司に反省してもらえるようにすることがポイントなんです。

 

本人に嫌なことは本音を伝える

内容によっては、ハッキリ嫌なことは伝えてしまっても良いんです。

勇気や覚悟がある人は、思いっきり自分の我慢してきた思いを嫌いな上司にマシンガンのように伝えましょう。

 

もしかしたら、その嫌いな上司も、そんな怒らせるようなつもりなかったのかもしれません。

言われて初めて気付くようなタイプも、現に存在します。

 

もしも、我慢の限界が来ていて、「今日こそは言ってやる」なんて気持ちがある人は、本音をぶつけてみましょう。

そこから問題が起きれば、さらに上層部に相談すればいいだけです。

 

パワハラやモラハラなら、会社上層部にチクる

ハラスメント系は、ハッキリと社会的にもダメなことです。

もしかしたら、あなたの会社の上層部に相談したら、それなりな処罰や解雇もあるかもしれません。

 

それは、相手の自業自得なのと、正当なやり方での嫌いな上司の消し方ですよね。

解雇されなくても、恐らく二度と自分に嫌なことはしてこないでしょう。

 

自分が不快に思うような悪いことをしてきたら、きとんとその嫌いな上司よりも上の存在にチクれば、すぐに良い環境に変わるはずです。

 

精神的苦痛を与えてくる内容なら訴える

もしも、何かしらの精神的苦痛を与えてくるような内容であれば、訴えてしまうのもありでしょう。

それぐらい嫌なことがあったのなら、当然の行動です。

 

色々と手続きはめんどくさいかもしれませんが、あんまりにもヒドイことを上司にされているなら、相手に反省してもらう意味でも訴えることは正しい判断だと思います。

 

同じ思いをしている同僚を集めて抗議する

もしも、あなたと同じ苦しい思いを嫌いな上司から受けている人がいたら、みんなで集まり抗議しましょう。

相手に自分のしたことを反省してもらうためには、とても効果的でしょう。

 

みんなで言えば怖くないでしょうしね。

直接嫌いな上司に言うのも良いでしょうが、会社の上層部に抗議しにいくのも良いでしょう。

あまりにも理不尽なことをしてきている相手なら、徹底的にどんな手段を用いても正すまでです。

 

いくら嫌いな上司でも、正当な判断で戦うことが大事

このように、嫌いな上司にされてきたことを許せないなら、正当な判断をして戦うようにしましょう。

 

決して、自分が不利になるような戦いは避けるべきです。

やるならとことん、嫌いな上司に反省してもらえるような環境を作るのがコツです。

 

もしも、報復や復讐のような形で、相手に精神的な苦痛をするようなことをすれば、逆に訴えられたときに自分が不利ですよね。

そんな社会としてダメな道に進んでしまっては、嫌いな上司と同じ人間になってしまいます。

 

どちらが正しいかハッキリさせたいなら、今回お教えしたような正当なやり方を取り入れてみましょう。

 

行動に移すのが怖いときは、相手を理解することも大切

まぁ、これだけ嫌いな上司に反省してもらう方法を教えても、どうしても行動に移すまでの勇気も覚悟もないって方もいますよね。

でも、行動しなければ相手も変わらないでしょうし、環境も変わらないでしょう。

 

最終的には、自分が退職して離れるしかなくなる。

でも、それはそれで自分は悪くないのに納得できませんよね。

 

それなら、行動する勇気や覚悟ができるまでは、自分のメンタルコントロールをできるようにすると良いかもしれません。

 

嫌いな上司に対したメンタルコントロールとは何か言うと、相手を理解することです。

 

「は?」なんて言いたくなる人もいるでしょうが…。

人間と言うのは不思議で、相手の気持ちを理解しているのと理解していないので、相手への怒りは変わるんですよ。

 

嫌いな上司が、なぜ自分に嫌な気持ちにさせるようなことをしてくるのか…。

これ考えたことありますか?

 

どんなに理由があっても、許せることでもないでしょうけど、これを知ってる知ってないで心の余裕も変わります。

「そんな事情があったんだ」と、もしかしたら嫌いな上司の見え方も変わるかもしれません。

 

どうやって、相手を理解すればいいのかというと、情報収集が手っ取り早いですかね。

本人と直接と話す機会を増やすのも効果的ですが、嫌いな相手と話したくもない人も多いはず。

 

そんなときは、嫌いな上司と仲良しの人と話す機会を増やしたり、同僚に上司のことに詳しい人がいれば、色々と聞いてみるのも良いでしょう。

 

例えば、

  • 「なんで、〇〇さん(嫌いな上司)は、いつもあんな感じなんですかね…。」
  • 「〇〇さんは、昔からあんな感じなんですか?」
  • 「〇〇さんは、いつも不機嫌なのは何か理由でもあるんですかね?」

こんな風に周りに聞いてみたら、意外な答えが返ってくるかもしれませんよ。

 

どんなに相手が嫌いでも、相手を知り理解できたら、少しは今の環境よりは気持ちも楽になるかもしれない。

とにかく何も考えずに、周りから情報収集してみて、相手のことを知ろうと理解しようとすることもしてみましょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

嫌われてると思ってたら好かれてた!?損する人間関係から脱却する方法
「この人は絶対自分のことが嫌いだな…」なんて、自分から相手との距離をとるようにしていたけど、実は勘違いだった! このようなケースは、意外にも珍しくない。 そんな自分の勘違いは、めっちゃもったいない人間関係を築いてしまう。...

まとめ

このように、嫌いな上司を消すなんて言い方せずに、正当な方法で反省してもらえるようにしていきましょう。

 

もしも、行動に移し戦う勇気や覚悟がでないときは、相手のことを知ろうと理解してみようするところから始めてみましょう。

相手の気持ちを知り理解することで、少しでも怒りの感情を抑えられるようにコントロールすることも人生には大切です。

 

この記事が、少しでも環境を変えるきっかけになれば嬉しいです。

人間関係仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!