カウンセリングするとお互い疲れる理由!相談者とカウンセラーどっちの問題か

カウンセリングをしているカウンセラーとクライアントの画像人間関係

自分は普段の仕事柄で、カウンセリングをする場面が多い。

そんな中で、カウンセリングを受けると相談者だけでなくカウンセラー側も疲れることがあります。

 

あんまりひどいと、相談者も人に相談するのを嫌になったり、カウンセラー側も仕事が嫌になるんですよね。

なぜ、こうしたお互いに疲れるようなカウンセリングが存在するのか、その心理を今回は暴露しようと思います。

 

スポンサーリンク

カウンセリングで疲れる理由(相談者編)

相談者側が、カウンセリングを受けることで疲れる理由は、以下3つ!

 

自分の気持ちを分かってもらえない

カウンセリングでカウンセラーに相談しても、自分の気持ちを理解してもらえないことってありますよね。

自分の気持ちを分かってくれないときほど、精神的に疲れることはありません。

 

はい、これはシンプルにカウンセラーの実力不足です。

正直世の中には、数えきれないほどのカウンセラーが存在します。

 

当然、個々で経験もスキルも違います。

中には、相談者の気持ちに寄り添えない、相談者を安心させることができないカウンセラーも存在するんです。

 

単純に、「このカウンセラーはダメだ!相性が合わない!」と感じたら、すぐにでもカウンセラーを変えるのがベストです。

 

本音で話せていない

自分の本音をカウンセラーに話せていますか?

きっと、自分の本当に伝えたいことを伝えきれていない人もいますよね。

 

当然カウンセラー側が本音を引き出せない実力不足もあるかもしれません。

でも、自分自身の勇気と覚悟がない問題があることもあります。

 

本当に伝えたいことを言えなければ、当然と会話の中でつじつま合わないことも増えます。

それでは、カウンセリングしていても意味ないので疲れてしまうこともあるでしょう。

 

本当に言いたいことを言うって、カウンセリングの効果を引き出すには重要なんです。

 

カウンセラーに気を遣っている

シンプルに人が疲れるときで多いのは、相手に気を遣ってしまうときです。

カウンセリングは、個室でマンツーマンになることが多く、少なからず緊張もする人も多いでしょう。

 

人は、相手に気を遣わなくていいほどの関係になるには、それなりな時間を要することが多い。

カウンセラーとの信頼関係が築けていないころほど、無意識に相手に気を遣ってしまうこともあるんですね。

 

今カウンセリングを受けると疲れるのであれば、それはまだカウンセラーに気を遣ってしまうだけかもしれません。

少しずつでもカウンセラーとの関係が築いてくれば、疲れる感覚もなくなるかもしれませんね。

 

カウンセリングで疲れる理由(カウンセラー編)

カウンセラーも人間です。

実は、カウンセリングすると疲れてしまうこともあるんすw

 

でもこれも、カウンセラーあるあるなんですよね。

カウンセリングをすることで、カウンセラー自身も疲れてしまう理由で多いのは、以下3つです。

 

気を遣っている

実はカウンセラー側が、相談者に必要以上に気を遣っていることってよくあります。

これはサービス業などの仕事としてではなく、経験が浅いためにです。

 

間違った気遣いをしてしまえば、自分も疲れてしまうだけでなく、相談者側も気を遣ってしまい疲れてしまいます。

 

自分に自信がない

これも、カウンセラー側の問題です。

当然カウンセラーも、相談者と同様に人間です。

経験が浅ければ、自分に自信を持つことが難しいこともあります。

 

常に緊張した状態で、カウンセリングをしてしまうようなカウンセラーもいるんですよね。

「もしも、相談者を満足させられなかったらどうしよう…。」なんてプレッシャーに押しつぶされそうなカウンセラーもよくいます。

 

要するに、まだまだ未熟ということです。

 

誠意を込めて対応している

これは、むしろ良いことです。

当然、相談者を安心させたい気持ちのあるカウンセラーほど、いつも全力です。

 

ただし、自分のペースを考えずに突っ走ってしまえば、カウンセリング後に気が抜けたように疲れてしまうこともあるでしょう。

 

これができることは、とても素晴らしいことなんですけどね。

でも、体調不良になってしまえば意味ないので、限度は必要かもしれませんね。

 

もしかしたらカウンセリング後の疲れは、相談者を助けたい想いが強いからかもしれませんね。

 

関連記事

カウンセリング後に落ち込む人が続出?原因と最善の対策はこれしかない
悩みを相談できる相手と言えば、カウンセラーですよね。 でも、「カウンセリング後のほうが、落ち込んでしまうことがある…。」なんて人も結構いるんですよね。 カウンセリング後に落ち込む人たちの特徴と解決策 自分も仕事でカウンセリ...

まとめ

相談者もカウンセラー側もカウンセリングを通して、たくさんの学びを得ることはあるんです。

ある意味、カウンセリングの場はお互いが成長していくところでもあります。

 

当然、相談者が悩みから解放され安心を手に入れていただくことが、何よりもの目的ですけどね。

お金を頂いているカウンセラーは、誠心誠意を持って全力で心の安心に導かれるように相談者をサポートすることを心がけていきましょう。

 

全力で関わることで、カウンセリング後にカウンセラーが疲れてしまうのは、多少なりとも仕方ないことなのかもしれません。

 

なぜ自分が疲れてしまうのかは、人それぞれ原因は違うと思います。

もしも、力を抜ける場面があればよく考えてみましょう。

 

クライアントに関しては、もしもカウンセリングすることで毎回疲れてしまう場合、カウンセラー側の技術不足の可能性もあります。

遠慮なくカウンセラーを変えることも視野に入れましょう。

 

この記事が、少しでもお役に立てば嬉しいです。

人間関係
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!