仕事できない人を無視するのは効率が悪い!最善の育成方法を伝授

仕事ができないだけで無視され見捨てられ困った顔でパソコンの画面を見つめる男性の画像人間関係

よく、新人でもベテランの中にも、仕事ができない人っていますよね。

 

きっと、「何を教えても言っても無駄だし、無視しておこう。」なんて見捨ててしまうような人もいるでしょう。

 

でも、ちょっと待って!

もしかしたら、まだ育成次第ではチャンスはあるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

仕事できるできないは個人差がある

なんでもさ、仕事ができる人もいれば、どれだけ頑張っても上手く仕事ができない人もいますよね。

 

でもこれって、仕事スキルにも個人差が出るのは仕方ないことなんですよね。

 

誰でもトップセールスマンになれるかと言ったら、そんなの無理に決まってるじゃないですか。

 

みんながみんなトップになってしまうほど仕事ができたら、トップの存在価値がなくなってしまいますしね。

 

個人で仕事スキルが違うから、役職になれる人もいるし、目立てる人もいるんです。

 

とはいえ、あまりにも仕事ができない人がいるなら、それは本人の問題もあるかもしれませんが、教える人間の問題もあるかもしれないんです。

 

仕事できない人の特徴

そもそも、一般的に仕事ができない人の特徴には、どんなものがあるのかご紹介していきましょう。

 

覚えが悪い

仕事を覚えられない人っていますよね。

覚えることが多い仕事ほど、記憶力が必要になってきますからね。

 

どうしても、物覚えが悪い人っていうのはいます。

仕事を覚えられない=仕事できない人と認識している人は多いのではないでしょうか。

 

ミスが多い

これも、典型的とも言えますよね。

どうしても、頑張っているのに仕事でミスしてしまう人もいるでしょう。

 

ミスしてしまうことが多いと迷惑をかけてしまう人も多くなります。

きっと、周りからも仕事できない人間に思われやすい事例でしょう。

 

理解力がない

どれだけ説明しても理解ができない人っています。

これは、知識不足だからなのか、単純に理解力がないだけなのか判断に難しいところです。

 

仕事の内容を理解できないことが多ければ多いほど、仕事にならないため問題になりやすい事柄の一つでしょう。

 

やる気がない

もともと、やる気のない子っていますよね。

よく若い新人が仕事できないだけで、一括りにゆとり世代なんて言う人もいますよね。

 

これは本当は、新人やベテラン関係ありません。

仕事やる気ない人は、仕事にもその態度や結果が出てきます。

 

こういう表面上からも、やる気のない人を仕事できない人に認識する人は多いはずです。

 

関連記事

何もできない無能人間なんて存在しない考え方!視野が狭いと苦労する
何かに取り組んでも、思い描くような結果に繋がらないことが続いたり、失敗することが増えると、「自分は何もできない無能人間」なんて思っちゃいません? こうして自分を責めてしまうときほど、視野が狭くなっているんです。 自分が無能と...

仕事できないからって無視しない方が良い理由

よく仕事できないってだけで、ほったらかしにしたり、無視してしまう人もいますよね。

「教えてる時間ももったいない…。」なんて見捨ててしまうような人もいるでしょう。

 

でも、ちょっと待って。

 

仕事できない人を無視してほっとけば、他に時間を割り振ることができるかもしれません。

でも、周りに回ってその代償は自分に返ってくるかもしれないんです。

 

本当に、効率重視に考えられる人なら、仕事できない人間をほったらかしになんかしません。

 

その人に合った最善の育成方法を考えることに時間をかけるほうが、最終的には効率が良い。

仕事全体のパフォーマンスも上がるんです。

 

仕事できない人への最善の育成方法

仕事できない人をほったらかしにして無視してても、その代償は自分に降りかかってきます。

本当に仕事のことを考えているなら、最善の育成方法を考えるべきと話しました。

 

では、具体的にはどんな方法があるのかご紹介します。

 

よく話を聞いてあげる

まずね。

なんでもうそうですが、相手の状況を把握するためによく話を聞いてあげる時間を作りましょう。

 

なんで仕事ができないのか、必ず理由があるはずですからね。

もしかしたら、理由によっては教える側にミスがあるかもしれませんよ。

 

とにかく話を聞く、分からないところがないようにしてあげる。

たったこれだけでも、お互いの関係性も築けるようになります。

 

お互いの関係性が深まることは、お互いにとっても仕事がしやすい環境です。

プレッシャーがなくなることで、本人のパフォーマンスが上がることもあるでしょう。

 

できているところも見てあげる

どうしても人間は、相手のできない部分ばかりを見てしまうことが多いですよね。

でも実は、相手の良いところを見てあげるほど、人は成長し伸びていきます。

 

だって、ダメな部分ばかり言われてもモチベーションなんて上がりませんからね。

良い部分も見てくれて言ってくれたら、「もっと頑張ろう!」と意欲も湧いてくるもんです。

 

もしも、できていないところばかり指摘しているようなら、たまには良いところも伝えてみましょう。

 

どうすればできるようになるのか一緒に考える

なぜ仕事でできない部分があるのか、もっと一緒に考えてみても良いんじゃないでしょうか。

意見を交わし合うことで、今よりも仕事がしやすい環境になるかもしれません。

 

同じ仕事のメンバーとして、仕事ができない人ほどできるように時間を作ってあげる。

一緒に仕事ができるようになるためには、どうしていくべきかプランを立ててみましょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

努力できないだけでクズ呼ばわり!頑張れない人たちの本当の理由
努力できない人間はクズなのか? ハッキリ言って、そんなことはない。 努力できないだけでクズ呼ばわりなんてひど過ぎる! 世の中には、努力できない人なんて腐るほどいるはず! むしろ、努力し続けられる人のが少ないんじゃない...

チームワークによる助け合いが仕事効率を上げてくれる

もしも、仕事のことを思っているなら…。

仕事できない人を邪魔扱いしたり、ほっといたり、無視して見捨てるのは辞めたほうが利口です。

 

仕事できない人を無視なんてし続けていたら、仕事全体のチームワークを乱すきっかけになったり、何か大きな損失に繋がるリスクだってあります。

 

結果として、無視し続けた代償が自分に降りかかる。

何度も言いますが、自分が損する可能性のが高くなるかもしれないんです。

 

まずは、仕事のチームの一員として、しっかり見てあげること。

そして、ちょっとでも気にかけてあげることからでもいいんです。

 

気づいた人や指導者が、どう対応や対処していくかで、今は仕事ができない人でも今後の戦力になるかどうか変わることもあるんです。

 

こうした助け合いが、チームワークを高め仕事効率を上げてくれるんです。

 

まとめ

このように、仕事ができない人に対して、ほったらかしにしたり、無視したりするのはリスクを伴います。

 

必ず、その代償は自分に返ってくる。

 

まずは、相手のことを理解する気持ちを大切にすること。

なぜ仕事ができないのか、じっくり本人と話し合ってみましょう。

 

あまりダメなところばかり責めるのではなく、良いところも伝えてモチベーションを高めてあげることも大切です。

 

こうした優しさのあるサポートが、必ず仕事のチームワークを良くしていきます。

必ず、いつか大きな成果をもたらすことになるはずです。

 

この記事が、一つの参考になれば幸いです。

人間関係仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!