人生一度キリ「死ぬまでにしたい100のこと」書いて気づいた大切なこと!

たくさんのシャボン玉に囲まれている女性の画像心の話

あなたは、死ぬまでにしたいことって、どれぐらいありますか?

人生一度キリだし、やりたいこと100個考えてって言われたら、すぐに書けますか?

今回私が実際に、死ぬまでにしたい100のことを書いてみて実感した大切なことをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

死ぬまでにしたい100のこととは?

たくさんの本が並べられている画像

テーマの通り、自分にとって死ぬまでにしたいことを100個ノートに書きとめることです。

よく、やりたいことリスト/バケットリストとも言われていますよね。

 

今これが、一部の間では流行っているのです。

Twitterでも、こういったやりたいことリスト/バケットリストの文字はよく見かけます。

 

もともと、この死ぬまでにしたい100の方法をノートに記す行為は

「最高の人生の見つけ方(The bucket list)」

 

「死ぬまでにしたい10のこと」

 

この2つの映画が、日本でも話題を呼んだこともあり、人気に火が付いたと言ってもいいのではないでしょうか。

映画内では、棺桶リストとも訳されているそうですね。

棺桶に入るまでにやりたい事という意味なのでしょう。

 

あなたは、「死ぬまでにしたいこと100個書いて」って言ったらすぐに書けますか?

普段そんなこと改めて考えることってないので、きっとすぐには思い浮かびませんよね。

そんな自分が本当にしたいことを改めて考えて書くことで、自分の欲求を可視化することは大切なのです。

 

【死ぬまでにしたい100のことを書くメリット】

自分の本当にやりたいことに気づけるだけでなく、普段どれだけやりたいことが出来ていないか、やりたくないことばかり我慢してやっていることに気づけるところです。

 

本当にやりたいことを書き出すことで、引き寄せ効果がある?

あなたは引き寄せって言葉は、ご存知でしょうか。

何か決められたことをすることで、幸せを引き寄せるというスピリチュアル的な意味で言われています。

 

私はスピリチュアルの話は興味はあっても、実際に信じているかどうかを聞かれると、心の底では信じていないのが本音です。(笑)

 

しかし自分が今回やってみた、死ぬまでにしたいことを実際に文字に記して可視化する行動は、引き寄せに近い効果があると感じています。

理由としては、やりたいことが明確になること、やりたいことを意識することで、行動する意思が芽生えやすくなるからです。

 

要するに、現実的に叶えようとする意欲が湧くので、無意識に夢を叶えるための行動が増えるということ。

とても良いことですよね。

 

死ぬまでにしたい100のことを書くときに大切こと!気を付けること!

バケットリストをノートに書いている女性の画像

死ぬまでにしたい100のことの書き方に関しては、あまり深くは考えないで、あなたが本当にやりたいことなら、どんなジャンルでも書いてOKですし、100個以上書いてもOKです。

 

しかし!

 

一番気を付けてほしいのは、

➀本音じゃないことは書かない

➁妥協したことを書かない

③自分のキャパシティを考えない

この3つです。

 

【死ぬまでにしたい100のことを書くポイント】

出来る・出来ない、現実的・非現実的など考えて書くのではなく、どんなに小さなことから大きなことでも、自分にとって本当にやりたいこと、したいこと、そんな自分の本音を100個書き出していくようにしましょう。

 

死ぬまでにしたい100のことを実際に書いてみた!

バケットリスト死ぬまでにしたい100のことを書いている年配の男性の画像

では早速ですが、実際に死ぬまでにしたい100のこと(やりたいことリスト)を考えてノートに書いていきましょう。

 

バケットリスト・やりたいことリスト専用ノートも販売されていますよ。

 

今回は、私はブログのここに、死ぬまでにしたい100のことをみなさんと一緒に書いていきます。

 

私のやりたいことリスト

⇩死ぬまでにしたい100のことコチラ⇩

1.ブロ友さんを作る

2.ブログで月間10万PV突破

3.ブログだけで月10万円稼ぐ

4.ブロガーとしてメディア・雑誌に取り上げられる

5.テレビに出る

6.本を出版する

7.街で声をかけられるぐらいの人になる

8.英会話を習う

9.TOEICに挑戦する

10.アメリカに旅行する

11.アメリカに語学留学する

12.アメリカにホームステイする

13.アメリカに移住する

14.ハワイに行く

15.海外の広大な道でハーレーで走る

16.仕事を自営から法人化する

17.キックボクシングのアマチュアの試合に出る

18.憧れの武尊選手とツーショット写真を撮る

19.体重65キロまで痩せる

20.ピアスを開ける(3つ)

21.京都で寺巡り

22.島に行く

23.マングローブを見に行く

24.海外の雪山でスノボーする

25.家族・身内揃えて、高級ディナーに招待する

26.タワーマンションに住む

27.外車を買う

28.高級時計を買う

29.アニオタ仲間を作る

30.好きなアニメグッズを集めた部屋を作る

31.可愛くて優しい彼女を作る

32.Twitterのフォロワー1万人にする

33.ツイートをバズらせる

34.ロードバイクを買う

35.陶芸を経験する

36.サーフィンを経験する

37.ダイビングを経験する

38.レンタルで一度フェラーリを乗ってみる

39.三重県の伊勢神宮にお参り

40.和歌山県の熊野古道を歩く

41.鹿児島県の屋久島に行く

42.北海道の知床に行く

43.青森・秋田県の白神山地に行く

44.東京小笠原諸島に行く

45.ボリビアのウユニ塩湖に行く

46.ペルーのマチュピチュに行く

47.オーストラリアのエアーズロックに行く

48.フランスのルルドの泉に行く

49.アメリカアリゾナ州のセドナに行く

50.イギリスのグラストンベリーに行く

 

やっと50…。(笑)

最初はスラスラ書けるものですが、だんだん何がしたいのかわからなくなってくる。

ある意味この考えている時間は、これはこれで面白いな!( ゚Д゚)

 

新しく、「これもやってみたい!あれもやってみたい!」と頭に浮かんでくると、脳がスカってする。

よし、では続きをGO!

 

51.ブログで1000記事達成

52.新しく特化型ブログを作る

53.一眼レフカメラを買う

54.ノートのMacbookを買う

55.デスクトップ型のMacbookを買う

56.ユニバーサルスタジオジャパンに行く

57.海外のディズニーに行く

58.ソロキャンプする

59.髪色をシルバーアッシュにする

60.土地の購入

61.駐車場経営する

62.初心者ブロガーのセミナー講師をする

63.カジノで豪遊する

64.プール付きの高級ホテルに泊まる

65.銀座九兵衛のお寿司を食べる

66.ウルフギャングでステーキを食らう

67.ブログにスポンサーを手に入れる

68.優しい人間になる

69.人を想える人間になる

70.器の大きい人間になる

71.1日1日を全力で生きる

72.コミケに行く

73.ブラジリアン柔術を習う

74.リムジンに乗る

75.豪華客船に乗る

76.海外で本物の銃を撃ってみる

77.投資を始める

78.生きている間に資産1億にする

79.ライン@100人達成する

80.ライン@1000人達成する

81.定期的に親孝行をする

82.ピアノを始める

83.外国の友達を作る

84.プログラミングを勉強する

85.芸能人と友達(知り合い)になる

86.なんでもいいから日本一の称号をとる

87.ラノベを書く

88.自分の星を買う

89.お互い支え合える人と結婚

90.定期的にボランティアに参加する

91.老いないようにスキンケアを始める

92.海外ノマドワーカーになる

93.おしゃれカフェの常連客になる

94.都内のコワーキングスペースを制覇する

95.広瀬すずと会う

96.子供を作る(男の子1人・女の子1人)

97.大自然なところで、ヨガまたは瞑想をしてみる

98.旅行仲間を作りたい

99.ビジネス仲間を作りたい

100.「悔いのない人生だった」と笑って死ぬ。

 

ふぅーーーー。

やっと全部書き終えたおー(; ・`д・´)

 

こう見ると、

「めっちゃやりたいことあるじゃん!」

「全然まだまだ人生楽しみきれてないじゃん!」

なんて感じますな。

 

みなさんも是非書いてみてくださいね。

改めて自分のやりたいことを考えて書き出してみると、「へぇーー」って、自分の普段気づかない知らない気持ちに気づけるかもしれませんよ。

 

今回私は、やりたいこと思いついたものを、バぁーーーーーと書きなぐっただけですが、わかりやすく旅行・生活・スキルなど、ジャンルごとに分けて書いたりするのもオススメです!

 

人生、後悔するように最低100回は行動して生きている?
人生生きている中で、後悔することなんて恐らく100回は起こると考えて良いでしょう。 しかしそれは、自分で無意識に後...

「人生の時間は有限」です。あなたはどう生きていきますか?

海に枠を当てはめている女性の手元の画像

最初のほうでも言いましたが、死ぬまでにしたい100のことを書きだしてみると、まだまだ自分がやりたいことがたくさんあることに気づかされます。

 

まだ自分の知らないこと、経験、人生がたくさんあること。

これを実感出来ることって、これからの生きる希望や楽しみにも変わりますよね。

 

でも同時に、今好きなことが出来ていないこと、やりたいことはやらずに、やりたくないことばかり我慢してやっていることが多いことにも気づきませんでしたか?

私は、この死ぬまでにしたいことを考えて書いているとき、そう感じました。

 

今まで自分なりに、色々と意識して好きなように人生送っていたつもりでしたが、まだまだやりたいことは出来ていないんだなと…。

まだまだ我慢していること、言い訳してやっていないことは多いことにも、この死ぬまでにしたいことを書いてみて気づかされました。

 

時間と言うのは、有限です。

人生には、人それぞれで限られた時間があります。

「あとでいいや…」なんて、普段後回しにしていることって多いかもしれませんが、「本当にあとでなら出来るのか?」保証なんてないんですよね。

 

なので!

 

死ぬまでにしたい100のことを書いてみた人は、この限られた時間・残された自分の時間を大切に使って、1つ1つ楽しんで、これから叶えていってみましょう。

 

私も改めて、今よりもより人生を楽しんで悔いのないように、この今回書いた100のやりたいことを制覇して、2週目に突入するぐらいの気持ちで生きていきたいと思います。

 

人生の限られた【時間】を有効に使える3つの暮らし方
あなたは人生で与えられたこの限られた時間を、有効的に使って暮らすことが出来ていますか? きっと、日々不満ばかり言っ...
心の話お役立ち情報
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント