上司を信頼できなくなったらするべき行動10選!悪い現状を変える最善の手段

信頼できる人に囲まれながらパソコン仕事をしている画像仕事

職場にいる上司を信頼できなくなったりするときってありませんか?

きっと、人それぞれできっかけは違うでしょうがありますよね。

 

仕事をしている中で、「この人は、なんか無理…。この人には、付いていきたくない…。」なんて感じることもあるはずです。

 

そんな上司を信頼できなくなったらするべき行動についてや、悪い現状を変える最善の手段についても解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

上司を信頼できなくなる瞬間ベスト3

そもそも上司を信頼できなくなる瞬間ってのは、どんなときに起きやすいのか…。

身の周りの意見から、ベスト3を決めてみました。

 

「分かる!」なんて共感できる部分がないかチェックしてみてください。

 

【第3位】話していて矛盾が多い

上司の言葉の中に、矛盾していることが多いと信頼できなくなりますよね。

「え?さっきは○○って言ってたのに…。」なんてことが多いと嫌になっちゃいますよね。

 

「何も考えずに適当に思ったこと言う人なんだろうな…。」と幻滅してしまう人もいるでしょう。

 

やっぱり、言葉に重みを感じるだけでなく学びがあるような上司じゃないと信頼できる存在にはならない人は多いようです。

 

【第2位】仕事をしない無能

仕事しない無能な上司っていますよね。

めんどくさい仕事は、人にばかり任せては自分は楽してたり…。

 

上司という立場を上手く利用している人ほど、信頼できませんよね。

 

下の者のことまで気を遣えるような上司じゃないなら、一生付いていきたい存在にはならないんです。

 

【第1位】理不尽なことを言われる

社会に出ると、理不尽なこともたくさんあります。

そんな中でも、上司から理不尽なことばかり言われると嫌になりますよね。

 

自分の考えや価値観を押し付けてきたり、八つ当たりのように怒ってきたりする人いますよね。

あまりにも、理不尽なことばかり言う上司を信頼できなくなる人は多いようです。

 

上司を信頼できなくなったらするべき行動10選!現状を変える最善の手段

それでは、実際に上司を信頼できなくなったとき、どうするべきか悩む人もいますよね。

「信頼できない存在なら離れるべきか…。それとも何か策があるか…。」などね。

 

そこで、ここからは上司を信頼できなくなったらするべきことについて解説していきます。

一つの参考にしてみてください。

 

嫌なところをハッキリ言う

上司に何も言えなくなってしまう人は多いですよね。

でも、ハッキリ物事を言うことで、自分の間違えに気づける人も多くいるんです。

 

そのため、上司を信頼できなくなるほど不満や文句がある人は、ハッキリ何が不満なのかを相手に伝えることも悪くはありません。

 

上司によっては、しっかり話を聞いてくれる人もいますしね。

その辺は、状況を見ながら判断しましょう。

 

上層部に相談する

上司の言動に問題があって信頼できなくなっているなら、問題点を上層部に相談することもありでしょう。

 

部下から何を言われても、変わろうとしない上司もいますよね。

 

そのため、絶対に逆らえない上層部に相談することで、確実に無視できない環境を作ることも最善の手段とも言えるでしょう。

 

周りの職員に相談する

もしも、周りに相談に乗ってくれそうな職員がいるなら話を聞いてもらいましょう。

 

ただ、不満を思っていても環境というのは変わりません。

自分一人で考えていても、良い案だって思いつかないこともあるでしょうしね。

 

人に相談することで、客観的なアドバイスをもらえることで環境を変えるきっかけになることもあるんです。

 

相手を知る

「信頼できない上司なんて必要ない!」なんて思う人もいるでしょう。

しかしながら、相手を知ることって大切です。

 

信頼できなくなるような言動をする上司の理由を考えたことはありますか?

なぜ、そんな言動をしたのか相手を知ることって大切なんです。

 

もしかしたら、「そんな理由があったのか…。」と気づけることもあるかもしれません。

中には、上司を見る視点が変わりマイナスよりもプラスな考えに変わることもあります。

 

なんでもすぐに何かを決めつけるのではなく、一度は相手のことを知ろうとする気持ちも持ってみましょう。

 

理想を捨てる

どうしても人間というのは、自分の理想を相手にぶつけてしまっていることもありますよね。

 

きっと、「上司には、〇〇であってほしい!」なんて自分の理想があったりもしませんか?

そんな自分の理想と違ったときほど、相手に不満を持ちやすいんです。

 

でも、上司にも上司の人生や生き方がありますよね。

どうしても、自分の理想通りの人間とは限らないんです。

 

人間関係を良好に築くには、自分の理想は理想でしかないことを納得し諦めなければいけないときもあります。

 

信頼できる人がほとんどいない人は、きっと自分の理想が高すぎることもあるかもしれません。

一度自分の理想を捨ててみたら、もしかしたら人を見る目も変わるかもしれませんよ。

 

信頼する相手を変える

近くにいる上司に絞るんじゃなくて、職場の誰でもOKなので信頼できる人を他に探しましょう。

 

人それぞれで、年齢関係なく生きてきた世界も経験も違います。

どんな関係であっても、人には尊敬できる部分が必ずあるんですよね。

 

もしも、近くにいる上司が信頼できない存在だったなら、他に信頼できる人に付いていこう。

極端に言えば、それが後輩だったとしても信頼できる存在なら、それでOKなんです。

 

自分にとって、信頼できて学びある人を優先して大切にしていきましょう。

 

自分が出世する

自分よりも上に立つ者が信頼も尊敬できないなら、もう用がないわけです。

それならいっそ、自分が一番上に立てるレベルまで出世してしまえば良いわけです。

 

信頼できる存在を探すよりも、自分が信頼される存在を目指す人生のほうが成長としてもメリットは高いでしょう。

 

自分が上司を成長させる

上司が信頼できるほどの存在じゃないのは、その上司がまだまだ未熟だからかもしれない。

そのため、自分が上司を成長させることもありかもしれません。

 

人間は、年齢関係なく支え合って生きています。

立場は関係なく、お互い交わることで学ぶこともあり成長していくこともあるんですよね。

 

そのため、もしも近くの上司が未熟なところがあるなら、自分のサポート次第で相手も変わることもあるでしょう。

 

もしかしたら、自分が関わり方を変えるようになったら、上司も信頼できる存在にまで成長し生まれ変わることもあるかもしれませんよ。

 

部署の移動願いをする

あまりにも今いる職場に信頼できるような上司がいないなら、部署の移動願いを出すのもありかもしれません。

 

話をすれば、自分の今の環境を理解してくれることもあるかもしれませんしね。

人を変えることより、自分から環境を変える選択をするほうが良い結果を招くこともあるんです。

 

転職して職場を変える

誰も信頼できないだけでなく部署も移動できないなど、お手上げ状態なら転職して職場を変えることが最後の手段でしょう。

 

もっと、自分にとって良い職場はあるかもしれませんしね。

今の職場に執着する理由がないなら、環境を変えるためにも転職も視野に入れましょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

無能な上司を追い込む禁断の方法!正当な判断が環境を変える理由
あんたの職場に、無能な上司いません? 腹立ちすぎて、「復讐したい!追い込んでやりたい!」なんて思ってしまう人もいるでしょう。 自分も、会社員時代の職場にいましたよ。 仕事もできないだけでなく、周りの人にまで悪影響を...

あくまでも自分の成長だけを求めることが大事

もしも、今の職場に信頼できる上司がいない、尊敬できる人もいないなら…。

自分の成長だけを考えて、これからどうするべきか考えて行動しましょう。

 

自分の成長のために、

  • 今の職場に居続ける。
  • 転職して環境を変える。
  • 自分が変わる。
  • 相手を変えられるように行動する。

こうした色々な選択肢が出てくると思います。

 

しかし、どんな行動を取ろうが、正解も不正解もないことは忘れないでください。

それが自分の成長に繋がることだと思ったなら、それを信じて行動していけばいいんです。

 

もしも、今の環境をどうするべきか行動に迷ったときは、自分の成長に繋がりそうな手段を優先して行動しましょう。

 

まとめ

このように、職場にいる上司が信頼できない人ばかりだと嫌になりますよね。

誰も信じられず尊敬もできないなら、そこで学べることも何もないかもしれませんし…。

 

きっと、今の職場を辞めるべきかどうかを考えている人もいると思います。

 

今後どうするべきか分からなくなったときは、今回ご紹介した上司を信頼できなくなったらするべき行動も参考の一つにしてみてください。

 

あくまでも、自分の成長に繋がりそうな選択を考えて行動してみましょう。

仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!