ボディセラピストの資格を取るなら通信講座で十分な理由!損しない行動と選択

頭部の施術をしているボディセラピストの画像セラピスト

「ボディセラピストの資格を取りたいけど、どうすればいいの?」

スクールに通うべきか、通信講座を利用するか迷う人もいるでしょう。

 

どちらにも、メリットやデメリットがあります。

これについて整体サロン院長の私が、どちらがおすすめか詳しく話していきます!

 

スポンサーリンク

【豆知識】ボディセラピストのほとんどは民間資格です

足のマッサージをしている女性セラピストの画像

セラピストの中には、理学療法士や作業療法士と言われる国から承認された国家資格があります。

 

しかしながら、この記事を読んでいるボディセラピストを目指してる人は、リラクゼーションサロンで働いているような人のことを指していますよね。

 

後者の場合、ボディセラピストの資格は民間資格になることを覚えておきましょう。

 

国家資格と民間資格の違いは、国から認められた資格か、そうでないかの違いです。

 

国家資格の場合、定められた学校に通い単位を取り、難しい国家試験に合格する必要があります。

打って変わって、民間資格は資格があろうがなかろうが、あまり関係ありません。

 

リラクゼーションサロンで働いているようなボディセラピストと言われている人たちは、この民間資格または民間資格すらも持っていない人が多いのが現状です。

 

だいたいリラクゼーションサロンに就職すると、1ヶ月~3ヶ月ほどの研修期間があります。

そこで、基礎的な施術や知識を学び現場に出るのがベターですね。

 

就職でも独立でも、そこまで資格自体に価値はない

肩の施術中の男性ボディセラピストの画像

このリラクゼーション業界にいるボディセラピストは、資格を持っている持っていないで多少の知識や施術スキルは変わるでしょう。

 

しかし、資格の有無で何か価値が変わるわけではありません。

 

ボディセラピストの資格があろうがなかろうが、どの道に国から認められた資格ではないからです。

 

もちろん、民間の資格でも持っていると就職や集客の際、「資格は取りました。基礎的な知識はあります。」というアピールとしては使えるかもしれませんが…。

 

民間資格のため就職先よっては、採用条件が資格の有無より、経験や人柄や熱意を重視するリラクゼーションサロンのが多いです。

 

民間資格が、あまり何かの有利に働くことはないということです。

 

ボディセラピストの資格を取るなら通信講座で十分です

ボディセラピストの通信講座をパソコンで受けている女性二人の画像

結局のところ、ボディセラピストになるにつれて民間資格でも取っといたほうが良いのか?

これについては、資格は取らないよりは取っておいたほうが良いのが答えでしょう。

 

理由としては、資格あるなしの問題というよりも、まずは基礎からでもボディセラピストとしての勉強をすることが大事だからです。

 

ボディセラピストとは、

  • どんな仕事なのか…。
  • どんな知識を必要とするのか…。
  • どんな施術を必要とするのか…。

ここらへんのイメージを付けるためにも、資格を取ることは良いことなんです。

 

よく中には、「ボディセラピスト育成のスクールに通ったほうが良いですか?」なんて聞いてくれる人もいます。

 

個人的な意見としましては、通信講座で十分です。

 

スクールとなると時間をかけて学ぶことはできますが、費用が数十~数百万円と高額になることが多いからです。

 

スクールは、カリキュラムとしては豊富です。

しかし、なんだかんだ学べる内容のほとんどは通信講座と同じだったりもするんですね。

※個人的見解

 

そもそも、民間の資格です。

そこまで時間や費用をかけてまで取る必要があるのか、自分は疑問を感じるんです。

 

もちろん、スクールにはスクールだけの良さがあります。

もしも、どうしてもスクールで習いたいのなら、その選択もありでしょう。

 

資格から就職先までのサポートも付いているスクールもあるので、メリットもありますしね。

 

ただ、私の身の周りのセラピストたちにも、多額なお金や時間をかけてスクールに通っていた人もいますが…。

 

問題なのは、スクール卒業生のほとんどが後悔していることも多いことです。

理由は、現場に出てスクールで習った施術を一切使えないと嘆く人が多いからです。

 

これは、就職した現場により扱える施術に制限があったりしますからね。

スクールで習ったことと、お店の方針が違うなんてことはよくある話なんです。

 

また、経験を積むと分かるようになりますが、スクールで学べる施術レベルでは限界を感じるときもあると言います。

 

そのため、向上心のあるボディセラピストは、一流のボディセラピストが開催する手技セミナーや研究会に参加します。

 

年々進化し続ける知識と技術を学び、スキルアップを目指すことが多いんですよね。

私もそうしています。

 

セラピストの関連記事

セラピストの資格は働きながらでも取れる?忙しいなら通信講座がおすすめ
「セラピストの資格を取ろうか悩んでるけど、働きながらでも取れるもんなの?」 これ、よくある質問です。 今回この辺の事情について、現役の整体セラピストの私がお答えしていきます。 セラピストの資格を取りたい!働きな...

大切なのは、資格よりも勤勉さ

パソコン開いて勉強を熱心にしている女性の画像

このボディセラピスト業界は、資格の有無よりも、勤勉さが重要視されます。

 

実力社会でもあるため、施術スキルだけでなく、身体の仕組みなどの医学的な勉強も頑張っている人ほど結果も残すんです。

 

ボディセラピストとして一流になりたいなら、今に満足をしないことが重要です!

いつでも、最新の知識や技術を学んでいくことを忘れないこと。

 

先ほども言いましたが、定期的に一流のボディセラピストのセミナーや研究会にも参加し、スキルアップを目指していくのがおすすめです。

 

この向上心や勤勉さがあればあるほど、資格なんて持っていなくてもカリスマ的存在のボディセラピストになっていく人はたくさんいます。

 

まずは、資格を取ることで基礎を学ぶことは大切です!

しかし、費用や時間などトータル的に考えた上では、通信講座で学ぶのが良いでしょう。

 

通信であれば、コスパ良く仕事をしながらでも受講して学べます。

それなら気軽に学べて資格が取れるので、安心な人も多いはずです。

 

通信講座もどこで取ろうか悩んでいる人は、ボディセラピストとして役立つ資格なら、整体&セラピースペシャリスト資格取得講座がベストになります。

 

まとめ

このように、あくまでもボディセラピストは民間の資格です。

資格があってもなくても、ボディセラピストとして活躍はできてしまいます。

 

とはいえ、基礎を学び資格を取るのは良いことです。

せっかく取るなら、お金も時間もコスパ良い通信講座がおすすめでしょう。

 

その代わり、一流のボディセラピストを目指すなら、一流のボディセラピストが主催する手技セミナーや研究会などに参加するのがおすすめです。

 

スクールや通信講座では学べない、より実践的な最新の知識や技術を学べますしね。

これが、一番効率的にボディセラピストとしてスキルアップが目指せる方法です。

 

この記事が、少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!