ブログは更新頻度より記事のクオリティが重要!小手先のテクニックや裏技も伝授

パソコンでブログで書いた記事を更新している男性の画像ブログ

ブログをしていると、誰もが一度は気にするのが更新頻度ですよね。

 

「記事の更新頻度が少ないと、GoogleやSEO的に評価されにくい…。」なんて聞いたことある人もいるんじゃないですかね。

 

最初に言っておきますが、ブログに答えなんてありません。

更新頻度を上げてアクセスが増えた人もいるでしょうし、効果がなかった人もいるでしょう。

 

そこでブロガー歴も長い自分が、実際のところどうなのか解説していきます。

 

スポンサーリンク

更新頻度よりも記事のクオリティのほうが大事

更新頻度を気にしている人のほとんどは、本格的にブログ又はサイトを持っている人ですよね。

中でも、アフィリエイトビジネスをやっている人が、ほとんどでしょう。

 

更新頻度を気にする理由の中に、

  1. SEOに影響しないか…。
  2. アクセス数を増やしたい!

こんな疑問や悩みを持っているんじゃないですかね。

 

正直、あまり更新頻度は深く考える必要はないと私は考えています。

理由は、どんなに更新頻度が高くても記事のクオリティが低ければ意味がないからです。

 

Googleが見ているのは、更新頻度よりも記事の内容です。

  • ユーザーにとって満足いく内容になっているのか?
  • ユーザーにとって悩みや問題が解決できるものなのか?

あくまでもユーザー目線から評価しています。

 

確かに、更新頻度が高いことで、自分のブログやサイトにクロールされる頻度が増えます。

これは、SEO的にも良い影響や印象を与えることはできるかもしれません。

 

しかし、記事がユーザー目線に立っていない自己満ブログになっていれば話は別です。

更新頻度が高くても、Googleは容赦なく低評価として記事をジャッジするでしょう。

 

更新頻度ばかりに意識していると、記事を仕上げるクオリティを下げてしまいます。

それでは、永遠にブログやサイトが評価されることはなくなり、一向にアクセスも集まりません。

 

まさに、本末転倒ですよね。

 

結論:毎日更新+記事のクオリティも高いが一番最強

となるとですよ。

当然、毎日更新しながら記事のクオリティも高い人が一番最強ということになります。

 

一日でも早くアクセスを増やしたい人は、死ぬ気で取り組みましょう。

 

しかしながら、考え方はシンプルで良いんです。

いつでも記事を見てくれるユーザーのためを思って、記事を書いていけば良いんです。

 

クオリティの高い記事の定義は決して、

  1. どれだけ時間をかけたもの
  2. どれだけ文字数が多いもの

これは関係ありません。

 

短時間で仕上げたものでも、文字数がそこまで多くなくても、ユーザーにとって喜ばれる内容になっていれば、しっかりGoogleも評価してくれます。

 

忘れてはいけないのは、いつでもユーザー目線に立ち満足してもらえる記事を情熱を持って書いていくことです。

 

更新頻度や記事のクオリティを自分で最大限に上げる方法【小手先のテクニック集】

できる人なら、毎日更新と記事のクオリティの両方を考えることが最強と話しました。

 

しかし、せっかくやるなら少しでも結果を出したいですよね。

そのためには、効果的なテクニックを取り入れることも大切です。

 

アクセスが増える更新頻度の小手先テクニック

これは、更新する時間帯を意識することです。

実は、記事を更新する時間帯でもアクセス数が若干変わったりするんです。

 

もしも、あなたのブログを見ている人のほとんどが会社員の人なら、

  • 通勤時間帯:8~9時頃
  • お昼ランチ時間:12時~13時頃
  • 仕事帰り:18時~19時頃
  • 寝る前のゆっくりした時間:22時~23時頃

この辺が良いかもしれません。

 

自身のブログのファンや読者さんの層を理解している人は、その層に合わせてスマホを見ることが多い時間帯を予測して更新する。

 

更新した記事を読んでもらえる可能性がグンと上がり、アクセス数が増加する傾向があります。

 

何も考えずに更新するよりも、こうした細かい戦略を続けるだけでもアクセス数を確実に増やしていけます。

 

クオリティ高い記事を書くときの小手先テクニック

記事の内容も大事ですが、記事の読みやすさも大事ですよね。

どれだけ情報量が多くても、長文ぎっしりだと読みにくいどころか読みたくなくなりますよね。

 

当然、表やグラフなど読みやすい記事ほど、ユーザーに最後まで読んでもらえるんです。

この読みやすさもユーザーのことを考えるなら必要になってくることなんです。

 

クオリティ高い記事を作成する際の小手先テクニック集
  1. 文章が長くなるところは、改行して見やすくする。
  2. 写真や画像を取り入れて、飽きさせない。
  3. 表やグラフにするなどして見やすくする。
  4. 自分個人の感想も取り入れてみる。
  5. 重要な部分は、太文字や赤文字などで分かりやすくする。
  6. 情報は、基礎だけでなく応用した内容も書く。

 

こうしたポイントを意識して記事を書くだけでも、見てくれるユーザーの満足度は変わります。

このご紹介したテクニックは、私自身もなるべくは意識している部分です。

 

裏技編:使えるものはなんでも使え

記事を書くのが苦手な人いますよね。

更新頻度が低い人もいますよね。

 

それでは、なかなかブログを書いてても上手くアクセスを集められないと思います。

そんな人におすすめな方法として、裏技的な2つの戦略をご紹介します。

 

リライトツールを使ってクオリティ高い記事へ修正

記事を書いていくと、一番めんどくさいのがリライトですよね。

より記事のクオリティを上げるための修正です。

 

でも、このリライトする部分もポイントを知らないと、どこをどう修正して良いか分からないために時間がかかります。

 

そんなとき、ベストな文章に書き換えてくれるポイントを教えてくれるのが、リライトツールです。

 

このリライトツールは初心者さんには、マジおすすめです。

 

自分の書いた記事をコピーして、このリライトツールに入力するだけ。

たったそれだけで、どこをどう修正すれば良いかポイントを教えてくれるんです。

 

リライトツールは、文賢が人気です。

興味ある人は、確認してみてください。

 

【記事をクオリティ高く修正するリライトツール】

公式サイト⇒すべての人のライティングに勇気と自信を与えるツール【文賢】

 

プロライターにクオリティ高い記事を依頼する

自分で記事を書くのが苦手な人や、まだまだクオリティ高い記事が書けない人は、記事作成をライターに頼みましょう。

 

ライターは、文章を書くプロです。

依頼することで、アクセスアップに繋がる可能性も十分にあります。

 

私もいくつかプロのライターに頼んだ記事が、今では検索エンジンでは上位表示されてアクセスを稼いでくれています。

 

更新頻度やアクセス数が鬼のようにある大手サイトのほとんどは、こうしたプロのライターを複数人雇ってたりもするんですよね。

 

時間の効率化や最大限の結果を出すために、プロのライターを頼むことは初心者の個人ブロガーにもおすすめの方法なんです。

 

毎月少しでも記事作成に投資できる人は、プロのライターさんに記事を頼みましょう。

更新頻度が増えるだけでなく記事のクオリティも上がることで、アクセスも増えてきますよ。

 

しかし、当然デメリットもあります。

 

自分のブログの特徴をしっかり伝えておかないと、ライター独自の色に染まった記事が増えてしまいます。

 

それでは、今まで自分が書いてきた記事やブログ全体の色と味のバランスが崩れてしまいますよね。

 

ライターを頼むときは、念入りに自身のブログや記事の構成は伝えましょう。

細かくまで相談してから依頼するようにすることが大切です。

 

また、ライターに頼むときは、高品質な記事を書いてくれる信頼できる業者を選ばなければお金の無駄になってしまいます。

 

参考までに、安心できる有名な業者もご紹介しておきます。

 

記事作成依頼なら⇒ココナラ

※記事クオリティも高く1文字0.5~1円のライターが多く活動中

 

番外編:毎日記事を鬼更新し続けているとアクセスはアップする?

ここまで、更新頻度よりも何より記事のクオリティが大事と話しました。

でも、もっと一番大切なことは、諦めない環境を作ることです。

 

今どれだけ記事のクオリティが低くても、今どんなにアクセス数が増えていなくても諦めない。

ストイックでも、記事を毎日書き続ける強い意志が大事なんです。

 

毎日鬼のように記事を更新し続けることができるだけでも、いつかアクセスが爆発的に伸びるときがきます。

 

理由は、書き続けていると嫌でもライティングスキルが付くからです。

 

更新頻度を上げるとアクセスが上がるのではありません。

 

毎日記事を書いていくと、ライティングスキルが上がって記事のクオリティが上がるからアクセスが増えるんです。

 

関連記事

ブログのアクセスが増えない理由!脱出方法は毎日記事を鬼更新したことだった
この記事を見ているということは、少なからずブログのアクセスが増えないことに悩んでいるはずですよね。 その気持ち、分かりますよ。 時間を割いてブログを一生懸命書いたのに、アクセスが集まらないとショックですよね。 ...

まとめ

このように、更新頻度ばかり気にしていても、記事のクオリティを低くければ意味がありません。

最終目標は、毎日更新+クオリティ高い記事を目指せるように頑張りましょう。

 

しかし、最後の番外編にも言いましたが、一番大切なのは諦めないことです。

 

今は自分の書ける最大限のクオリティで良いです。

とにかく記事を書き続けることだけを考えてみてください。

 

記事を書くことを続けていけば、必ず成長するときがきます。

そして、結果的にアクセス数も増えてくるんです。

 

更新頻度はアクセスを増やすためにというよりも、ライティングスキルを上げるためにも毎日のように記事を書くことだけに集中しましょう。

ブログ
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!