アロマセラピストとして病院で働くことはできるのか?コネなきゃ無理な話

頭を抱えている女性の画像セラピスト

「アロマセラピストは、病院で働くことはできるの?」

この質問に関して、整体サロンを経営しているボディセラピストの私が答えていきます。

 

スポンサーリンク

アロマセラピストが病院で働くことは正直なとこ難しい

セラピストの施術ルームの画像

結論ですが、アロマセラピストが病院で働くのは難しいのが現状です。

求人を探してみれば分かるでしょうが、まずアロマセラピストを募集しているような病院はほとんどありません。

 

理由としては、アロマセラピストは医療従事者でもなく国家資格でもないからです。

 

病院にいる患者さんは命と隣り合わせな方も多いので、どうしても国から認められた医療資格者でなければ関われないことのが多いんです。

外部から民間資格のアロマセラピストが仕事として介入するのは、病院側にも何かあったときにリスクがあるので難しいのが現実なんですね。

 

老人ホームや障害者施設なら活躍できることも?

手をマッサージしている画像

アロマセラピストは、病院などの医療機関で働くのは難しいと話ましたが、老人ホームや障害者施設などの福祉現場であれば活躍することができるかもしれません。

 

理由としては、福祉施設では定期的にレクリエーション活動があるからです。

 

こうしたレクリエーション活動は、毎週のように行われている福祉施設も多いんですね。

習字の先生だったり、体操のお兄さんだったり、ヨガの先生だったりと様々な講師を呼んだりします。

 

そのため、福祉施設に営業や知り合いなどを通じて契約することができれば、アロマセラピーのセラピスト講師として活動ができるかもしれません。

実際に、私の知り合いのアロマセラピストも、月1~2回ほど福祉施設に講師として出向いている人もいますし、不可能ではない話なんです!

 

アロマセラピストは活動範囲を広げていくのがベスト

アロマオイルが並んだ画像

アロマセラピストの就職先も、アロマを扱うサロン以外にはなく活動範囲が狭くなる特徴があります。

そのため、今後アロマセラピストとして就職や独立するにしても、活動範囲は自分で広げていって収入源をいくつも増やすことをおすすめします。

この業界も安定していないので、自分で稼げるスキルを身に付けておいて損はないんです。

 

私がお教えするアロマセラピストとして、収入源になる活動としておすすめなのは以下方法です。

アロマセラピストにおすすめの活動場所
  1. 独自で出張アロマセラピストをする
  2. ワークショップを開く
  3. 講師・セミナー活動をする

 

アロマサロンで働きながら、休日限定などで独自に出張アロマセラピストをしたり、ワークショップでアロマセラピー体験を実施したり、講師やセミナー活動なんかもいいでしょう。

是非、自分の力でアロマセラピストとしての活動の幅を広げていってみましょう。

 

関連記事

アロマセラピストになっても仕事ない?現実そんなに甘くない理由
「アロマセラピストになっても仕事がないって本当?」 リラクゼーション業界の道を目指すようになると、誰もがこんな噂を聞いたことがあるのではないでしょうか? 今回は、整体サロン院長の自分がセラピスト業界の現実をお伝えしていきます。 ...

まとめ

アロマセラピストとして、病院で働きたいと思う方もいるでしょうが、現状は難しいのが本音です。

コネなどあれば、病院などの医療機関でもアロマセラピストが働けることもあるのかもしれませんが…。

求人などで募集していることは、まずないとみていいでしょう。

 

その代わりに、福祉施設であればレクリエーション活動の一環として、アロマセラピストとして活躍できることもありますし、行動次第では活動の幅を広げることもできます。

ワークショップ・講師・セミナー活動・個人の出張アロマセラピストなんてのも、活躍の幅が広がるのでおすすめです。

是非、色々な場面からアロマセラピストとしての活動を楽しんでみてください。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!