アロマセラピストって儲かるの?理想と現実の収入が違いすぎる

アロママッサージを受けている女性の画像整体・マッサージの裏話

自分も整体サロンを経営しているので、「アロマセラピストって儲かる?」なんてリラクゼーション業界の収入事情など、よく聞かれることがあります。

 

スポンサーリンク

アロマセラピストって儲かるの?理想と現実が違う収入事情

アロママッサージをしている施術者の画像

さて、実際のところアロマセラピストって儲かるのか知りたい人もいますよね。

ハッキリ言うと、ピンキリです。

 

知り合いのアロマセラピストたちの収入事情を聞く機会も結構ありましたが、アロママッサージのあるサロンに就職すると、月16万~店長クラスで24~28万円ぐらいが多いイメージです。

この金額を多いと見るか少ないと見るかは、人それぞれでしょうね。

あと残念ながら、役職になる以外に昇給やボーナスがないところが多いです。

 

正直、アロマセラピストとして就職するとなると、よほどのホワイトな大手のリラクゼーション店でないと、待遇・手当てがほとんどありません。

独り身でないと、生活はしんどいかと感じます。

 

独立しない限り生活がカツカツな人がほとんど

アロマの売り上げを計算している画像

もしも、アロマセラピストで十分な収入を得て稼いでいきたいのであれば、独立しない限りは不可能に近いと思っていたほうが良いでしょう。

アロマサロンに就職してしまうと、どうしても得られる収入にも限度があります。

就職によるアロマセラピストの収入は、先ほども言ったようにその辺のサラリーマンと変わらない、または待遇や手当の手厚さを見るとサラリーマンよりも劣っていることが多いです。

 

だいたい就職した場合のアロマセラピストは、生活に余裕がない人のが多いんです。

独り身なら問題ないでしょうが、家族がいる場合は、生活がカツカツで生きている人も周りの話を聞いていると多いですね。

 

アロマセラピストで儲けたいなら独立しか選択肢がない

施術代の上でアロママッサージをしているセラピストの画像

私の知る限りでも、アロマセラピストで月収が100万円を超えてくるような富裕層は、お店を経営していることがほとんどです。

 

例えば

1回の施術単価1万円×1日5人×月23日勤務=売上1150000円

 

独立して施術単価1万円でやれば、週5勤務たった1日5人の施術が行える環境だけで、これだけ稼げます。

サロン経営なら維持費(経費)など引いても、利益は90~100万近いでしょうね。

どう見ても、その辺の会社員よりも儲かりますよね。

 

就職したアロマセラピストと、独立して成功しているアロマセラピストでは、得られる収入も天と地ほどの差が開くこともあります。

 

アロマセラピストは、独立すれば儲かるけど現実は甘くない

アロマオイルを手にしている画像

就職するか独立するかで収入源が大きく変わるアロマセラピストと話しましたが、「独立したほうが絶対に良いじゃん」なんて思った方もいますよね。

もちろん、アロマセラピストで大きく儲けたいのなら独立したほうが良いでしょう。

 

でも、そんなに簡単に収入が安定するほど、この業界も甘くありません。

年々とお店(ライバル店)が増え続けるリラクゼーション業界です。

月収が100万円を超えるような成功しているアロマサロンなんて、ほんの一握りです。

ほとんどのお店が独立しても、廃業するか売上があっても生活ギリギリの人が多いのが現実です。

 

就職すれば、少なくても決まったお給料は必ず保証されるメリットがあります。

独立すれば、決まったお給料をもらえる保証がないリスクがある分、成功したときの収入の大きさが魅力的なメリットがあるんです。

結局のところ、どっちの道にもメリット・デメリットがあるんですよね。

 

私のおすすめとしては、少しでも待遇・手当が良いサロンに就職して、スキルを磨き少しでも多く貯蓄をしながら独立を目指すのが良いでしょう。

 

念入りに、独立を成功するための準備と計画をしていけば、月収100万円は無理でも就職するよりも収入を増やすことは十分可能です。

要するに、どれだけ本気でやるかが大事なんです。

 

アロマセラピストの関連記事

アロマセラピストになっても仕事ない?現実そんなに甘くない理由
「アロマセラピストになっても仕事がないって本当?」 リラクゼーション業界の道を目指すようになると、誰もがこんな噂を聞いたことがあるのではないでしょうか? 今回は、整体サロン院長の自分がセラピスト業界の現実をお伝えしていきます。 ...

まとめ

このように、アロマセラピストは儲かるのかどうかは、就職するか独立するかで変わります。

また、独立しても成功しなければ就職するよりも収入が低くなるリスクがある。

 

今の時代は、リラクゼーション業界もライバル店が増え続けています。

儲けるために独立するのであれば、技術のスキルだけでなく、資金の確保に経営やマーケティングを学ぶことも大切になるでしょう。

 

就職から独立に向けて準備や計画を立てながら、本気で取り組んでいけばアロマセラピストは儲かる夢ある職業になります。

是非、これから飛び立つアロマセラピストたちにとって、この記事がお役に立てれば幸いです。

整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!