アロマセラピストになっても仕事ない?現実そんなに甘くない理由

セラピストのアロママッサージをしている画像セラピスト

「アロマセラピストになっても仕事がないって本当?」

リラクゼーション業界の道を目指すようになると、誰もがこんな噂を聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は、整体サロン院長の自分がセラピスト業界の現実をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

アロマセラピストになっても仕事ないって本当なのか?

顔のアロママッサージをしている画像

アロマセラピストを目指しても、仕事が実際にあるのかないのか気になりますよね。

これは、あると言えばあるけど、ないと言えばないが正解です。

どういうことかと言うと、雇われる身としてアロマセラピストになるのか、独立してアロマセラピストになるのかで変わるということです。

 

アロマセラピストが活躍できるような人気のリラクゼーションサロンは探せば結構あります。

資格があり勤務先などこだわらなければ、就職先もそこまで困らないはずです。

また就職する先が人気店なら、広告費も多く集客力もあるはずなので、仕事だってたくさん割り振られるはずです。

しかしながら問題なのは、人気のないお店に就職してしまったり、自ら独立するとなると集客力次第で、「まったく仕事がない…お客さんが来ない…」なんてことがあることです。

 

リラクゼーション業界は年々と戦争状態が激しくなっている

拳の画像

アロマセラピスト業界だけの話ではなく、エステ・マッサージ・整体院・治療院など、すべてのリラクゼーション業界は年々と戦争状態が激しくなっています。

今このリラクゼーション業界は、コンビニよりもお店の数が多いと言われています。

年々とライバル店は増え続けているんですよね。

 

この毎年とライバル店が増え続けていく中で、売上を安定して存続していけるお店なんてのは、ほんの一握りなのが現実なんです。

そのため、毎年たくさんのお店が廃業しています。

もしも、お店が存続できているところがあっても、生活ギリギリのところが多いんです。

 

そんな最悪とも言えるような環境にいるセラピストやリラクゼーション業界です。

独立しても就職先によっても、「お客さんが来ない…お店が廃業してしまった…」なんてことで、仕事がなくなる可能性があるほうが問題なんです。

 

セラピストの関連記事

セラピストの体を壊す要因のほとんどがコレ!リアルな現場での悩み暴露
セラピストの業界って、体を壊して辞めてしまう人って結構いるんです。 「忙しいから?」なんて思う人もいるでしょうが、意外に違かったりします。 今回は、整体サロン院長(セラピスト)としても現場にでている私が、セラピストの現場での悩み...

正しい行動と努力できる奴が生き残る

女性にアロママッサージをしている画像

アロマセラピストもその他リラクゼーション業界も、仕事がないというよりも仕事場がなくなる可能性のが高いということを話しました。

でも、結局のところ実力社会なんです。

施術のスキルがなくても仕事がある奴はあるし、施術のスキルがあっても仕事がなくなる奴はなくなるんです。

 

そんな世界なんです。

どれだけセラピストとしての想いを持って仕事をしていくか、正しい選択をして行動できるかで、仕事がない不安な環境から抜け出せるかは変わります。

せっかくアロマセラピストを目指しているなら、現実はそんなに甘くはない業界でもありますが、就職するなら場所を選ぶことや事前に視察しに行くのもおすすめです。

 

独立するのであれば、技術だけでなく経営学やマーケティングを学んだりするのも大切です。

実際に、アロマセラピストとして現場に出てから、「仕事がない…」なんてことにならないように、色々と計画と準備を立てることが良いですね。

 

セラピストの関連記事

セラピストの仕事の本音がヤバい!洗いざらいぶちまけます。
セラピストだって人間です。 もちろん、仕事に不満や愚痴があっても本音を隠している方が多いでしょう。 みんな社会人として大人の対応をするため、理不尽なことがあっても我慢しているんです。 でもね。 心の中だけでな...

アロマセラピストになるなら自宅開業がおすすめ

アロマオイルが並べられた画像

結婚していて持ち家がある方や貯蓄や費用がある方なら、自宅開業がおすすめです。

私の知っているアロマセラピストで上手くいっている人のほとんどは、自宅開業です。

理由としては、持ち家があるのなら家賃テナント代を浮かせられるからです。

 

サロン経営において、一番維持費がかかるのが家賃テナント代です。

この家賃のお金が浮くのは、かなり大きいです。

かかる経費が少なければ、アロマサロンは売上のほとんどが利益にすることが可能な業種です。

施術単価がある程度高く設定されていて顧客が少しでもつくだけでも、生活はしていけるぐらいの収入源は確保できると思います。

 

仕事がない環境や売上がない環境にならないためにも、少しでもリスクを落としていきたいのなら、自宅開業できる方は独立をおすすめしたいですね。

地域によっては、古民家があれば安く借りてDIYしてオシャレにするのも経費が安く済みおすすめです。

 

また独立となると、お給料の保証がありませんが、お給料の限度もありません。

頑張り次第では、大きい収入を目指せるのもメリットです。

 

就職すれば、お給料を保証されるメリットはありますが、アロマセラピストの求人を見ると多くても月20万円いけば良いと言われる程度ですし、昇給やボーナスがないことも多いです。

リスクはあっても、独立して自分でお金を稼ぐスキルを磨いていくほうが、長い目で生活していく上ではメリットは大きかったりします。

 

今後もしも、サロン経営を目指したいと思っている人などは、自分はココナラで個人サロン経営者向けのプチコンサルなどをやっていたり、Twitter集客のノウハウを教えていたりもするので、お気軽にご相談ください。

プチコンサル

Twitter集客の裏ワザ

 

まとめ

このように、今の時代はアロマセラピストになっても仕事ないという噂は、ある意味では本当のことです。

しかし、選ばなければ就職先がないってわけではないですし、独立して成功する人もたくさんいます。

 

どれだけ本気でアロマセラピストとして頑張っていけるのか、その頑張り次第で結果は変わる業界というだけですね。

とはいえ、アロマセラピストはやりがいある仕事です。

せっかく目指したいと思った職業なのであれば、まずはあまり考えすぎずに現場にでてみて、やりがいを見つけることから意識してみるとおすすめです。

 

就職しても、「職場が廃業して仕事がなくなった…」などあれば、他に職場を変えればいいだけですし、自分のやりたいようにできる独立だって考えてみればいいと思います。

前向きに気持ちの切り替えをしながら、自分にとっての最適なアロマセラピストとしての活動の仕方を見つけていきましょう。

この記事が、今後のアロマセラピストを目指す人たちにとっての参考になるものであれば幸いです。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!