アメブロのいいねは量より質!本物の読者を増やす絶対条件!

パソコンでブログをしている外人女性の画像ブログ

アメブロをしていると、記事にいいねが付くひと付かないひとに分かれます。

記事書いてもあまりいいねが付かないと…。

 

「本当に読んでくれているひといるのかな…。」

「私の記事はつまらないのかな…。」

 

なんて、不安になるひと、記事を書くモチベーションが上がらないひともいるでしょう。

でも実は、アメブロのいいねは量よりも質が大切で、良質ないいねを増やす方法も簡単なんです。

 

スポンサーリンク

アメブロのいいねの意味

アメブロで使用されるいいねの意味は主に4つあります。

 

共感のいいね

記事を読んで、「読んで良かった!わかる!」のような共感などの合図として、いいね。

これを、共感いいねと言います。

これが、アメブロ本来のいいねの使い方と言っても過言ではありません。

 

気遣いいいね

これは、仲良いひと、知り合いのひと、自分の記事によくいいねを押してくれるひとがいるときによくある、いいねの使い方です。

自分の記事にいいねを押してもらえると嬉しい反面、返報性の法則が働いて、「返さなきゃ」と感じるものです。

また、自分の知り合いが記事を更新していれば、内容がどんなものであれ、「しっかり読んでますよ」という意味を込めて、気を遣ってのいいねを押すこともあるでしょう。

これを気遣いのいいねと言います。

 

宣伝のいいね

記事にいいねが押されると、「どんなひとだろう?」と相手のブログを確認しにいくひとはいませんか?

この戦略を使って、自分のブログを見に来てもらうためだけに、いいねを押すブロガーがたくさんいます。

よくよく考えると、自分の記事の内容には不釣り合いなひとから、いいねを押されていることってありますよね。

 

「本当に読んでいるの?」なんて感じることもあると思います。

はい。実はそれ記事は読まれていません。

いいねを押すことで、自分のブログを見に来てもらうためだけの宣伝目的だからです。

この宣伝いいねの戦略を使うブロガーは、お店などをしている業者アカウントに多い特徴があります。

 

自動のいいね

これは、ツールと言われるソフトを使った事例です。

今アメブロのいいね機能を自動化させるソフトがネットでは月額制で利用できます。

※本来アメブロでは、使用禁止とされています。

 

手作業でやるよりも、時間効率も上がるため、業者アカウントのブロガーが宣伝いいねを自動化するために使われていることが多いです。

この場合は、ツールというプログラムによるものでいいねを押されているので、自分の記事は読まれていません。

 

アメブロのいいねは量よりも質が大切!

何度も言いますが、アメブロのいいねは多ければ良いってわけではありません。

どんな目的だったとしても、自分の記事にいいねを増やしたいと思っているなら、まず量よりも質を考えましょう。

理由は、書いた記事をしっかり読んでもらえなければ、自分の伝えたいことが相手に伝わらないからです。

 

アメブロを事業のために使用しているひとや、人気者になりたいためにアメブロをしているひとも同じ…。

いくら見せかけのいいねを増やしても、実際に記事を読んでくれているひとが少なければ、集客にも繋がらず事業はうまくいきませんし、ファンも増えず人気者にもなれません。

 

アメブロは、良質な共感いいねを増やすことが大切です!

結局のところ、アメブロで一番集めるべき、いいねの種類は、共感いいねです。

自分の記事をしっかり読んでくれて、共感してくれるひとからのいいねが一番価値があります。

 

事業のためにアメブロをしているかた、人気者になるためにアメブロをしているかたも、この共感いいねが増えることで、自分の目的を達成されやすい環境に導かれます。

では、共感いいねを増やすためには、どうすればいいのか?

実は、超簡単です。

 

良質な共感いいねを増やす具体的な方法!

では、良質な共感いいねを増やす具体的な方法とは、なにか?

 

自分のブログ属性に近いブロガーと繋がることです。

 

今回はわかりやすく例として、あなたのブログが料理系ブログとして説明していきます。

この場合、共感いいねをもらえるブログにするために狙う読者の属性は、料理ジャンルとなります。

例えば、料理が好きなひと、料理はするけど下手なひと、これから料理を始めようとしているブロガーをアメブロ内で探しだしコンタクトをとって、自分のブログの読者にしていけばいいのです。

 

自身のブログの属性にさえ合っていれば、自分の書いた記事を読んでくれる可能性も高いブロガー(読者)になるので、記事に対する共感いいねを押してくれる可能性も必然と増えます。

 

【共感いいねを押してくれるブロガー(読者)を増やす具体的な方法】

※今回は、料理ブログの場合として説明。

 

①アメブロにある「キーワード検索機能」を使います。

アメブロの検索画面の写真

 

②キーワード検索に、「料理」と検索すると料理関係のブロガーがたくさんヒットします。

アメブロのキーワード検索の使い方を説明している写真

※検索欄の下にあるサジェストには、料理のキーワードでよく検索される関連キーワードもでてきます。

この関連キーワードによる検索ワードも、自身のブログ属性に合う良質な読者を集めるのにはもってこいのキーワードになるのでチェックしておきましょう。

 

③今回は、「料理」で検索してみると、以下写真のように料理関係のブロガーがたくさんヒットしました。

アメブロで検索ヒットしたブロガー一覧がでている写真

 

④あとは料理に興味がありそうなブロガーさんをジャンジャン探して、そのブロガーさんの最新の記事にいいねを押したり、フォローしたりすることで、アクションしコンタクトを取るだけです。

アメブロのいいね機能の写真

 

この作業を繰り返すことで、少しでも多くの方に自分のブログの存在をアピールすることができます。

属性も合っているため読者になってもらえれば、自分の記事をしっかり読んでくれるだけでなく、良質な共感いいねを押してくれる可能性も高い読者になります。

 

⑤また、ハッシュタグによるキーワード検索もおすすめです。

今回の例で言えば、「#料理」で検索してみましょう。

アメブロのハッシュタグ機能の写真

このように、ハッシュタグで検索すると、136809もの料理に関する記事を書いている方がヒットします。

 

⑥ハッシュタグをクリックしてみると、136809記事分の料理関連のブロガーの記事がでてきます。

アメブロのハッシュタグを使った記事一覧のページの写真

 

こちらも同じようにヒットした料理の記事ひとつひとつに、いいね又は読者フォローをしていくことで、自分のブログの存在を知ってもらうためにアピールしていきましょう。

この属性を合わせた読者の集め方を続けていけば、必ず自分の記事を読んでくれるだけでなく、良質な共感いいねも増えていきますよ。

 

私はこのやり方で、アメブロの平均いいねが100を超えるようになりました。

当然、いいねのほとんどが良質な共感いいねです。

アメブロの記事にいいねがたくさん付いている写真

是非参考にやってみてください。

 

【良質な共感いいねを増やす方法のおさらい】
①自分のブログ属性に興味を持ってくれそうなターゲットを決める

②アメブロのキーワード検索を使って、ターゲットを探す

③ハッシュタグ検索を使って、ターゲットを探す

④検索してヒットした記事にいいね、また読者フォローもして、自分のブログの存在をアピールする。

 

ブログ
スポンサーリンク
SHOをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHO

30代突入メンズ。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐフリーの整体セラピストとして独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦!

SHOをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント