ガチでアメブロのアクセス数がアップ!初級者~上級者編まで伝授

パソコンでアメブロのアクセスアップを狙って記事を書いている男性の画像ブログ

過去の私は、アメブロのアクセスが増えなくて悩んでいた時代がありました。

一日のアクセス数なんて、平均50以下でしたし…。

 

そんなとき、様々な方法を使いアクセス数のアップを狙いました。

そして実践してからは、一日の平均アクセス数も300~500PVにまでアップに成功!

 

今回は、そんなアメブロのアクセス数をアップさせる方法を初級~上級編までご紹介します。

 

スポンサーリンク

アメブロの基本機能を使ったアクセス数アップ術【初級者編】

アメブロのアクセス数を増やしたいなら、アメブロの基本的な機能だけでも、無理やりアクセスをアップすることはできます。

 

それでは、アメブロの基本的な機能を使ってアクセスを増やす方法をお教えします。

まずは初級者編なので、誰でも今すぐ実践できるので参考にしてみてください。

 

一日300人の記事にいいねを押す

アメブロでは、一日300回のいいねが押せます。

要するに、一日300人のブロガーの記事にいいねを押すことができるということです。

 

他のブロガーの記事にいいねを押すことで、自分のブログの存在をアピールすることができます。

中には、自分のブログにも飛んできてくれるため、いいね回りするほどアクセス数も増えます。

 

だいたい300人の記事にいいねを押すと、50~200PVぐらいアクセスアップが見込めますよ。

 

人気ブロガーにコメントする

アメブロには、読者登録数が多い人気ブロガーがたくさんいます。

こうした人気ブロガーのアクセス数は桁違いなので、コメント欄を確認する読者も多いんですね。

 

この桁違いな人気ブロガーのアクセス数を利用して、アクセスを狙う方法です。

人気ブロガーのコメント欄に目立つコメントをすることで、自分の存在をアピールできます。

 

人気ブロガーの記事を見にくる読者の中から、自分の残したコメントを見てもらいアクセス数を無理やり引っ張ることができるかもしれませんよ。

 

コメントは、一度書き込めば永久に残ります。

 

人気ブロガーのコメント欄を回ってコメントをすればするほど、雪だるま式にアクセス数は増えやすくなっていくはずです。

 

リブログで認知度を広める

リブログは、最も簡単に自分のブログの認知度を拡散できる方法の一つです。

 

アメブロのリブログは、よっぽど良い記事を書かないと、なかなかしてもらえるものではない特徴があります。

 

そんな問題点を解消するため、リブログしてもらえる環境を作るなら返報性の法則を使いましょう。

 

具体的には、他のブロガーの記事をリブログしていくだけです。

人間は不思議なもので、何かをされたら、何かお返ししたくなるもの。

 

この返報性の法則を使えば、リブログを返してくれる人も出てきます。

 

自身のブログの記事がりブログされることが増えれば、拡散されアクセス数も増えていきますよね。

 

こうしたりブログをして、お礼のりブログをしてもらう。

これが、自分の記事を拡散してもらいアクセスをドカンと増やす方法になります。

 

他の記事も読んでもらえるように工夫する

記事の中に、他の記事もおすすめすることでアクセスを増やせます。

 

10人中、一人1記事しか見てもらえなければ、アクセス数は10PVしか増えません。

 

でも、もしも一人が複数の記事を読むように働きかければ、同じ10人でもPV数だけは数倍にアクセスアップを目指せます。

 

記事内に、他のおすすめしたい記事のリンクを貼りましょう。

1ページでも多く読んでもらう仕組みを作ることは、アクセスアップには欠かせない方法です。

 

SNSからの流入を狙う【中級者編】

今では、TwitterやInstagramなどのSNSを利用する人は驚くほど多いです。

 

何よりSNSの良いところは、たくさんの人に情報を発信することができます。

また、個人間でのメッセージによるやりとりだってできます。

 

この環境を上手く使えれば、自分のアメブロを宣伝してアクセス数をSNSから引っ張ってくることもできます。

 

私自身、Twitterを利用して自身のアメブロを宣伝しています。

 

Twitterのフォロワー数が増えていくと共に、毎月アメブロへのアクセス数もアップしています。

SNSからアクセスを引っ張ることは、今後の時代では大事なことなんです。

 

SNSからアメブロへのアクセス数アップさせる方法

SNSからのアクセスを増やしたいなら、一番おすすめはTwitterです。

Twitterの拡散力は、今ある情報発信するツールの中ではダントツなんです。

 

アメブロで記事を更新する際は、以下のようにTwitterに記事URLを添付してツイートしてみましょう。

Twitterのツイート画面の写真

 

このように、アメブロの最新記事や過去の記事まで、毎日定期的にツイートして宣伝できます。

 

Twitterから直接アクセス数を引っ張ってくることができるため、ツイートするたびにアクセスアップが狙えますよ。

 

当然、Twitterのフォロワーもコツコツ集めていくことで、大きなアクセス数を増やすことも可能になっていきます。

 

もしも、まだTwitterを使っていない人は始めましょう。

 

※ここからは、特別に大きくアクセスアップできる裏技的なツイートもご紹介します。

以下の参考ツイートのような拡散イベント型のツイートも作成してみましょう。

 

【拡散する参考ツイート】

Twitterのツイート画面の写真

 

この内容に、拡散させたいアメブロの記事URLをツイート内に忍ばせておけば、フォロワーが増えるだけでなくアクセスを増やすこともできます。

 

これ結構な裏技ですので、アクセスアップのために試してみましょう。

 

検索流入からのアクセスを狙う【上級者編】

検索流入からアクセスを狙うというのは、検索サイト(Google、Yahoo!など)から直接アクセスを引っ張ってくるという意味です。

 

本来アメブロで得られるアクセスのほとんどは、アメブロを利用している読者からのアクセスばかりなんですよね。

 

でも実は、それでは大きくアクセスを増やすのには限度があるんですね。

 

今後に大きなアクセス数を効率的に求めたいのであれば、アメブロで書いた記事を何かしらのキーワードで検索(Google、Yahoo!)に上げることが大切です。

 

「どういうこと?」なんてイメージが湧かない人もいますよね。

それでは検索流入によるアクセスがどういうものなのか、どれだけ凄いのか解説していきます。

 

あなたは普段何か調べものをするときに、GoogleまたはYahoo!などの検索を使いませんか?

 

例えば、過去に話題だった流行りのタピオカを調べたいと思ったとき…。

以下のようなGoogleやYahoo!などでタピオカと検索する人は多いはずです。

Google検索の写真

 

Googleで、タピオカと検索すると、このようにタピオカに関する記事がたくさん出てきますよね。

 

Google検索で出てきた記事の写真

 

きっとあなたは、1ページに表示されているどれかの記事をクリックして見るはずです。

 

このように、調べたキーワードを検索にかけヒットした記事の中からクリックされてアクセスされることを検索流入と言います。

 

要するに、自分のアメブロの記事を検索(Google・Yahoo!)にヒットするようにしようと言うことです。

 

書いたアメブロの記事が検索にヒットするようになれば、アクセスは爆発的に増えます。

 

では、この検索からのアクセス流入が、どれぐらい凄いのかというと…。

今回のように、タピオカというキーワードで検索結果の上位になった場合で話しましょうか。

 

自分の書いたタピオカの記事が検索に上がると想定したら、どれぐらいのアクセスが増えるか見て行きましょう。

 

そこで、月にタピオカというキーワードがどれぐらいの方に検索されているのか?

これは、ツールを使ってタピオカの検索ボリュームを調べれば一目瞭然です。

 

結果はこちら

検索ボリュームの写真

※検索ボリュームは、キーワードの需要と共に変化します。

 

このタピオカというキーワードの検索ボリュームを見ると分かりますよね。

 

要するに、もしもアメブロでタピオカについて書いた記事が、GoogleやYahoo!で一番上の一位に表示されるようになると…。

 

Googleから18845アクセス

Yahoo!から23033アクセス

合計:41878アクセス

 

このGoogle・Yahoo!合計41878アクセス数が、毎月自分のアメブロに流れてくるということになります。

 

言い方を変えれば、毎月自分のアメブロに41878人が見に来てくれるってことです。

凄くないですか?

 

しかしながら、当然そう簡単なことではないですけどねw

でも、こうした検索からアクセスを増やすためにはコツはあります。

 

この自分のアメブロの記事を検索にヒットさせるコツを知らなければ、いくらアメブロで記事を書いても検索(Google・Yahoo!)にヒットすることはありません。

 

検索流入を狙ってアクセス数をアップさせるコツ!

アメブロで検索から爆発的なアクセスを増やしていきたいなら、以下のコツを意識して記事を書くことに取り組んでみましょう。

 

キーワード選定が大切

まずは、どんなキーワードからアクセスを集めたいのか考えること。

 

このキーワードを選んでから記事を書くのが鉄則です。

しかし、どんなキーワードでも良いわけではありません。

 

先ほどは、タピオカというキーワードで説明しましたが…。

 

タピオカというキーワードは、世の中的にも需要あるキーワードなので検索する人も多いワードです。

 

タピオカの記事を書いて検索にヒットするようになれば、一発逆転レベルのアクセス数がアメブロに入ってくるようになります。

 

しかし、当然そんな簡単に行くわけがないんですよね。

 

検索する人が多い需要が高いキーワードほど、ライバルが多く勝ちにくいと思っておきましょう。

 

検索にヒットする記事の特徴は、狙ったキーワードに沿った記事が誰よりも役立つ内容に仕上げっていることです。

 

タピオカに例えて話ますと、タピオカについて書いている記事が1万人いるとしましょうか。

 

検索にヒットさせるためには、この1万人が書いたタピオカの記事の中で、自分が一番役立つ記事を書く必要があるってことです。

 

そんなの確率的にも実力的にも無理だとは思いませんか?

だから、ここでキーワード選定が大事になるんです。

 

キーワードも需要が高すぎるものは、ライバルが多く検索にヒットさせるのも困難。

 

それなら、需要が高すぎず低すぎない丁度良いキーワードなら、ライバルも少なく自分にも勝算があるってことです。

 

それでは、そんな自分でも勝算あるキーワードを選定をするコツをご紹介します。

 

2キーワード、3キーワードで狙う

需要が高いキーワードをビッグキーワードと言います。

でもこのようなビッグワードは狙っても、ライバルが多く勝算がほとんどありません。

 

それなら、

「〇〇〇 おすすめ」

「〇〇 メリット デメリット」

このように、2つ3つのキーワードを狙うのがおすすめなんです。

 

人間は、何か調べものをするとき、いくつかのキーワードを組み合わせて検索しますよね。

 

いくつかのキーワードを組み合わせたほうが検索される需要は低くなりますが、ライバル数も減るので勝算は上がるんです。

 

キーワードの内容に沿った記事をしっかり書けていれば、十分に検索上位を狙えます。

検索からアクセスを手に入れることもできるようになりますよ。

 

キーワードを探すのに役立つ無料ツール

≫≫関連キーワード取得ツール

 

検索ボリューム(人数)100~1000アクセスぐらいのキーワードを狙う

検索されるボリュームが、何万、何十万という需要高いビッグワードを狙った記事を書くのは夢はあります。

 

しかし、現実的にライバルが多く難しいため、頑張って記事を書いても時間の無駄になりがち。

 

努力や時間を無駄にしないために、検索ボリュームが100~1000ぐらいのキーワードの組み合わせを見つけて記事を書いていきましょう。

 

検索ボリュームを調べられる無料ツール

≫≫検索ボリューム検索ツール

 

興味を惹くタイトルにする

記事は、タイトルで興味を惹くようなものでなければ、クリック率(アクセス数)にも大きな差がでます。

 

タイトルは、なるべくインパクトがあるものを考えてみましょう。

 

「タピオカ おすすめ」というキーワードで記事を書くとしましょうか。

 

そんなとき、

  1. 100店舗回ったタピオカマニアがおすすめする美味しいお店トップ3
  2. タピオカおすすめするお店をご紹介

こんな2つのタイトルの書かれた記事があったとき、どっちを読みますか?

 

きっと、前者の1.のタイトル記事ですよね。

これだけ、タイトルは大事なんです。

 

タイトル前半に狙いたいキーワードを練り込む

記事のタイトルを書くときは、検索流入を狙いたいキーワードは、タイトルの前半に入れておきましょう。

 

例えば、「タピオカ おすすめ」というキーワードを狙って記事を書くなら…。

 

タイトル例:タピオカのおすすめのお店10選!東京の人気店巡ってみた!

 

このように検索を狙いたいキーワードは、記事タイトル前半には入れるほうが検索にヒットしやすくなると言われています。

 

タイトルを書くときは、意識しておきましょう。

 

記事は見やすく分かりやすくを心がける

記事は、誰が読んでも分かるように読みやすさを重視して書きましょう。

文章は、2~3行程度で改行したりすると見やすいですよ。

 

記事内容も、だらだら文章ばかりで書くよりも、適度に表や画像を入れたりすることも大切。

最後まで記事を疲れずに読んでもらえるようになります。

 

記事の文字数は最低でも2000文字以上

自分の書いた記事を検索でヒットさせアクセスを増やしたいなら、他のライバルよりも情報量を多くすることが大切です。

 

だいたい検索上位になる記事の平均文字数は、最低でも3000文字以上のことが多いです。

 

読み手が満足するような情報量が詰まった記事を書くほど、ライバルとの記事との差が付き、検索にもヒットしやすくなります。

 

キーワードも意識して適度に使う

自分の記事を評価して検索の順位を決めるのは、あくまでもAIです。

 

狙いたいキーワードを記事内に使っていかなければ、何の記事なのか、何のキーワードを狙った記事なのか、AIは判断してくれません。

 

むやみやたらにキーワードを乱用していしまうことも、返ってAIからの評価を落としてしまうのでNGです。

 

目安としては、見出しごとの文章に1~2つぐらい狙いたいキーワードが自然に入るような文章を心がけましょう。

 

この辺のことを意識しながら記事を書けるようになると、自分の記事があらゆるキーワードで検索にヒットするようになります。

 

アメブロの読者だけでなく、GoogleやYahoo!からのアクセスを引っ張ることができるようになるので、アクセスも大きく増やせるようになりますよ。

 

まとめ

アメブロでアクセス数アップを目指すのであれば、アメブロだけに拘らないことです。

SNSや検索順位など、使えるものは使うこと。

 

様々なところからアメブロにアクセスを流しやすくすることで、確実にアクセス数アップを狙いましょう。

 

この記事が、少しでもアクセスアップの参考になれば嬉しいです。

ブログ
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!