カウンセリング後に落ち込む人が続出?原因と最善の対策はこれしかない

カウンセリング後に川辺で落ち込んでいる女性の画像人生哲学・心理

悩みを相談できる相手と言えば、カウンセラーですよね。

でも、「カウンセリング後のほうが、落ち込んでしまうことがある…。」なんて人も結構いるんですよね。

 

スポンサーリンク

カウンセリング後に落ち込む人たちの特徴と解決策

自分も仕事でカウンセリングすることがあります。

カウンセラーとの相性が合わないと、相談しても返って落ち込んでしまう経験をしてしまう人もいるんですよね。

 

そして、そんなカウンセリングしてもらった後に落ち込んでしまう人たちには、ある共通した特徴があったりします。

 

自分の求めていた言葉が返ってこなかった

きっと、ほとんどの人たちは、自分の求めていたものとは違った答えが返ってきたのではないでしょうか。

 

本当は、

  • 話を聞いてほしかっただけ…。
  • 理解してほしかっただけ…。
  • 「大丈夫だよ。」と安心させて欲しかっただけ…。

こんな気持ちで、カウンセリングを受けた人もいるでしょう。

 

カウンセリングを受ける人たちには、こうした自分の求めていたこと、求めていた言葉があることが多いんですね。

 

当然、求めていた結果が返ってこなかったのなら、カウンセラー側のスキルが低いことも考えられます。

 

でも、カウンセラーも人間です。

カウンセラーによっては、相手の求めるものを理解できない人もいるんですね。

 

カウンセリングを受けても落ち込むようなことがある場合は、相性が合わないだけなので、カウンセラーを変えましょう。

 

カウンセリングでの助言に納得できていない

カウンセリング本来の目的は、話を聞くことだけではなく、相談者に心から安心して頂くこと。

そのためには、ときと場合によっては、現実に向き合ってもらわなければならない場面も出てきます。

 

人生から逃げるようにアドバイスをすることやサポートすることが、カウンセリングの目的ではないんですね。

 

もしかしたら、カウンセラーから思いがけないことを言われることもあるでしょう。

でも、その言葉の中には、自分の明るい未来が待っているような助言であることもあるかもしれませんよ。

 

カウンセラーによって、アドバイス内容だけでなく伝え方も違います。

人によっては、納得できないこともきっとあるでしょう。

 

でも、まずはカウンセラーからもらった助言に対して、今の自分に必要な言葉かどうか考えてみましょう。

 

どうしても、カウンセラーからもらった助言に対して納得できないのであれば、自分に合ったカウンセラーを探しましょう。

カウンセラーの言葉を勘違いして受け取っている

自分にとって、「落ち込む言葉だった…。」なのかもしれません。

でももしかしたら、自分自身の受け取り方の問題の可能性もあります。

 

カウンセラーの言葉に落ち込んでしまうことが多いときは、「なんでそんなこと言うんですか?」と直接相手に聞いてみても良いかもしれません。

 

もしかしたらカウンセラー側の技術不足で、上手く伝えきれていない部分、勘違いさせてしまっていた部分もあるかもしれませんので。

 

人と人が関わるときは、相手の言葉をすべて理解することって、そもそも難しいんです。

普段の生活の中でも、自分の受け取り方や勘違いから、嫌な方向に物事を捉えてしまうこともありますよね。

 

なんでも疑問を感じたときは、相手に真意を高めることが大切。

これは、自分の勘違い癖を直すきっかけにもなり、無駄に落ち込むことも減るかもしれませんよ。

 

自分自身のことをまだ理解できていない

人に相談するということは、今の自分の状況を理解していない、把握しきれていないことが多い状態です。

 

基本、悩みがあるときほど客観的に自分を捉えることができていない。

そのため、人の言葉を信じられないことや、受け入れられないこともあるんですよね。

 

でも、これでは自分の本当の気持ちに気づくことも難しくなってしまいます。

いつまで経っても、誰に相談しようが不満や不信感を抱きやすくなること、信じられなくなってしまうことは増えてしまいます。

 

今の自分の状態を主観だけでなく、客観的にも見てみましょう。

こうした視野を広げることで、自分の間違いに気づけること、人の言葉を理解できることも増えていくこともあるでしょう。

 

カウンセラーに気を遣ってしまい本音で話せていない

カウンセリングを受ける人たちは、少なからず悩みを抱えていることが前提ですよね。

しかし、悩みを抱えている人ほど普段から人に気を遣いがちで、自分の本音を伝えることが下手な人が多いんですよね。

 

ここでは、本来カウンセラーの実力が試されます。

相談者の心を開かせること、本音を吐き出さしてもらえるようなカウンセリングを求められる。

 

そのため、心を開けないような実力の低いカウンセラーにあたってしまうと、本音で悩みを打ち明けることができなくなってしまいます。

 

自分でもすべてを話せないので、話につじつまが合わないことが増えます。

これでは、カウンセリングへの満足度や効果も変わってしまうんです。

 

ちょっとでもカウンセラーに抵抗感を感じたときは、他の人を探しましょう。

自分にとって、心を開かせてくれるような本音で話せるようなカウンセラーを見つけることが大事になります。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

カウンセリングするとお互い疲れる理由!相談者とカウンセラーどっちの問題か
自分は普段の仕事柄で、カウンセリングをする場面が多い。 そんな中で、カウンセリングを受けると相談者だけでなくカウンセラー側も疲れることがあります。 あんまりひどいと、相談者も人に相談するのを嫌になったり、カウンセラー側も...

まとめ

このようにカウンセリングは、悩んでいる人に対して、すべてがすべて安心を与えるためだけにあるものではないこともあります。

 

自分で自分を安心を与えることができるようにするサポートをすることが、カウンセリング本来の目的のこともあるんですね。

 

だから、もしかしたらカウンセラーの実力不足で、自分の求めていた回答が返ってこないこともあるかもしれない。

 

でも、カウンセラーから落ち込むような助言があったとしても、本当は自分にとって必要な言葉だったのかもしれないんです。

 

悩みを根本から解消していくには、ときには現実を受け入れてもらわなければいけない言葉を伝えるカウンセラーもいるでしょうしね。

 

カウンセリングを受けて落ち込むようなことを言われたとき、単純にカウンセラーとの相性が合わないと感じたなら、他の人を探しましょう。

しかし、一度自分にとって必要な言葉だったのではないか見直してみるのも良いでしょう。

 

この記事が、少しでも役に立てば嬉しいです。

人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!